No.1427 お天道さまとスタッフの協力で、今年も思い出に残る野外炊飯ができました(さいはま園)

 さいはま園です。先週は10月4日(水)、近くにある「新潟県立大潟水と森公園」で野外炊飯を楽しんできました。

 

 当日は朝からどんよりとした曇り空で、時々パラパラと小雨が降ったり、気温も低く公園に行くかどうか迷う天候となりました。しかし、最終判断をする時間にはパッと雲の切れ間から日差しが出てきたことから、予定通り、公園に行くことができました。

 

 今年は参加者も多く、みんなが楽しみにしていたメニューはカレー、焼き鳥、スープ、ゼリーでした。やっぱり外で食べるご飯は、いつもと一味も二味も違う味わいに笑顔も多くみられました。

 

 食後は公園内を散策し、落ちている栗を拾うなど秋を感じる一場面もありました。

 

 少し心残りがあるとすれば、当日は気温が低かったこともあり散策の時間がやや短かったこと、芝生に寝転がり素敵な笑顔の写真を撮ることができなかったことです。

 

 来年は秋晴れのなか、素敵な笑顔に出会えたらと思います。

(生活支援員 森永)




0 コメント

No.1426 日ごろの想いを共有。当施設で「上越地域障害者支援施設協議会・職員意見交換会」が開催されました

 さいはま園です。本日「上越地域障害者支援施設協議会」の職員意見交換会が当施設で行われました。
 この協議会は、妙高・上越・糸魚川の3市の障害者入所系の施設が、互いに情報交換や連携をし、資質向上を目指し3年前に立ち上げたものです。今年度は、当園が当番施設となり、「生活支援員で経験年数5年程度」を対象とした研修会を行いました。
 参加者からは、事前に「お互いに聞いてみたいこと、教えてほしいこと」を出しあいました。議題はおよそ20題。各施設の意欲等が伺えました。2時間の意見交換会は、自由な意見交換の場となり、「どのようにしていますか?」「教えてください」「こんな対応しています」と多くの声が飛び交いました。施設入所者の対象の違いから、支援の違いもありますが、また、お互いの障害者を理解することもできる場面もありました。
 昼食は、夕映えの郷の「まんぷく食堂」にて、参加者で同じものを食しながら、意見交換が続き、その後の施設見学でも参加者の皆さんは熱心にメモを取っておられました。
 参加者からは「このような場が初めてで緊張した」「意見交換会は勉強になった」「これから施設で活かしていきたい」「充実した会だった」などの感想がありました。これを機会に、施設間交流を継続させ、上越圏域をお互いに盛り立てましょうとお約束し、会が終了となりました。
(障害支援課長 中村)
当施設の地域交流スペースで開催された「上越地域 障害者支援施設 職員意見交換会」。
当施設の地域交流スペースで開催された「上越地域 障害者支援施設 職員意見交換会」。
「想いを共有しながら、上越地域の障がい者福祉を向上させていきましょう!。」
「想いを共有しながら、上越地域の障がい者福祉を向上させていきましょう!。」

0 コメント

No.1416 見た目や味はもちろんのこと、作り手の配慮に心が大きく動きました

 さいはま園です。9月20日(水)こころ場withじょんのびカフェを開催しました。

 

 本日のデザートは、夕映えの郷・こころ場特製のデコレーションフルーツケーキです。実はこのメニュー、さいはま園のご利用者様が「次回はケーキが食べたいな」とおっしゃったことで、実現しました。でも、ケーキを作って頂くために少しお願いをしました。それは、飲み込みが難しい利用者様でも食べられるようなやわらかめのケーキであること、喉に詰まってしまうこともあるので、スポンジの間にフルーツを入れないでほしいことをお伝えしました。

 

 できあがった当日のケーキは、味も風味もすごくよく、とてもおいしいケーキに仕上がっていました。また、さいはま園のご利用者様が喜んで下さるのではないかという案で、わざわざデコレーションケーキにして下さり、切り分けも皆さんの目の前ですることになりました。

 あちこちから「大きいケーキすごい」「おいしい」「サイコー」などの声があがり、楽しいひと時を過ごしました。

 

 実は、こころ場の皆さんにお聞きしたところ、事前に試作品で口当たりを確認したり、フルーツもやわらかいようにして下さり、その改良品が当日のケーキだったとのことでした。そのやさしさや配慮が、私たちさいはま園にはとても沁みるものでした。

 

 こころ場の皆さん、また、次回のカフェで一緒に盛り上がりましょうね。

(障害支援課長 中村)


1 コメント

No.1406 1年ぶりの鉄板焼き会に、互いの距離も牛(ぎゅうっ)と縮まりました!(さいはま園)

 夏も終わりを告げようとしている今日この頃。さいはま園では一昨日の8月30日、待ちに待った「鉄板焼き会」が開催されました。

 

 今年は、国産牛肉のお値段が昨年度より高騰している中、予算の心配をしながらも、より美味しいステーキを食べていただこうと、妥協せずに企画、運営しました。

 

 当日は、朝からエプロンを付け、お手伝いに余念がないKさん。下ごしらえから焼き上げまで、一生懸命に取り組んで下さいました。また、その姿を見守りながら、早々に席に着き楽しみにされているご利用者の方々。ワクワク感が伝わってきます。早く食べていただきたいので、スタッフ総動員で手際よく準備し、今年もおいしそうなステーキが焼き上がりました。

 

 ちなみに、今年のメニューは<国産牛ステーキ、ベイクドポテト、エビとホタテの海鮮焼き、カニかまとわかめのスープ、アイスクリーム>です。立派なコースメニューだと思いますが、いかがでしょうか。

 

 ご利用者の皆さんとスタッフ共に、ステーキの味を堪能し満腹感を味わったのでした。皆さんの喜ぶ姿や、「うんまかったー」の笑顔。そして、「来年まで待ちきれないほど美味しかった」との声を聴くと、またやりくりして来年も開催決定!と強く思うのでありました。

(生活支援員 利根川)


0 コメント

No.1402 オシロイバナから「自分らしさ」を再認識

 現在、さいはま園の玄関では「オシロイバナ」が咲いています。

 

 よく見ると、黄色の花びらに赤い花びら、さらには黄色と赤が入り混じった花びら等、様々な色の花びらを見ることができます。

 

 どれもみな、個性的です。「自分らしくいこうよ!」と、そっと背中を押された気がしました。

さいはま園玄関前に咲く、ビビットな「オシロイバナ」
さいはま園玄関前に咲く、ビビットな「オシロイバナ」
こちらは赤色。
こちらは赤色。
個性的な花びらを発見。
個性的な花びらを発見。

0 コメント

No.1393 念願かなった餃子パーティー。とっても作り甲斐がありました(さいはま園)

8月9日(水) 天気:くもり

 

 さいはま園では、ご利用者の皆さんの血液検査に合わせ「じょんのびランチ」が開かれました。今回のメニューは「手作り餃子」です。

 

 大の餃子好きである私の「いつかさいはま園で餃子パーティーがしたい!」という願望が採用され、メニューが決まった今回のじょんのびランチ。ちなみに作る数はなんと、150個です。「時間内に包み終わるかな?」という心配もありましたが、助っ人に来て下さいましたあるご利用者さんのご家族からの協力もあって、あっという間に150個が包み終わりました。

 

 そして、ホットプレートで豪快に焼き目をつけて完成すると、ちょうど血液検査が終了しました。皆さん、待ちに待ったじょんのびランチが始まると、あちらこちらから「おいしい」という声が聞こえてきました。おかわり分もあっという間になくなり、皆さん笑顔のまま、今回のランチは無事終了しました。

 

 まだまだ厳しい暑さは続きます。スタミナ満点の餃子を食べ、暑い夏を乗り切っていきましょう!

(生活支援員・碓井)


0 コメント

No.1387 早起きした甲斐がありました。気分もルンルンだった長岡へのオセロ外出(さいはま園)

 さいはま園です。7月12日、新潟県身体障害者施設協議会が主催する「オセロ交流会」に参加してきました。

 

 当日は心配された天気も持ち直し、いつもより早く朝食を済ませて、会場となった長岡市・みしま体育館に向かいました。

 

 開会式では、県内から集まった選手全員が整列し、宣誓の後、本日の運命を決めるくじ引きが行われました。また、その後の対戦では、選手が自らオセロの駒を持ち、真剣な表情で対局に臨んでいました。

 

 当園の結果は、残念ながら一回戦敗退となりましたが、その後も積極的に交流戦も行い、普段は感じるこのできない楽しい一日を過ごすことができました。

 

 また、今回の交流会では、長岡市の越路観光協会より「るんるんさん」が来てくれました。こちらのサプライズにも一同の心が動かされました。当番施設ならびにいっしょに参加された皆さん、このたびは素敵な時間をありがとうございました。

(生活支援員 箕輪・森永)


1 コメント

No.1381 アジサイとも、もうすぐサヨナラ。また来年。今年もありがとう(さいはま園)

 今日のさいはま園です。1週間前の大雨から一転して、連日の蒸し暑さが体に堪える昨今。気がつけば、中庭に咲くアジサイの花も見頃を終えようとしています。

 

 そこで、最後の輝きのときをカメラに収めることにしました。ご協力いただきましたのはご利用者のKさんとSさん。レンズ越しにその風景を眺めていると、アジサイとご両人の顔が一体化しています。その素敵な共演に、蒸し暑さを忘れるほどの爽やかな思いが体じゅうを駆け巡りました。

(生活相談員 田中)

素敵なショットが撮れました。Kさん、Sさん、ご協力ありがとうございました
素敵なショットが撮れました。Kさん、Sさん、ご協力ありがとうございました

0 コメント

No.1378 全国身体障害者施設協議会の研究大会。土佐の地で伸び伸びと発表してき隊!(さいはま園)

 おはようございます。本日は朝のブログ更新です。

 

 昨夕と今朝、『第41回 全国身体障害者施設協議会研究大会』に参加のため、高知県に出張しておりますさいはま園スタッフより写メールが届きました。

 

 写真を拝見すると、一枚目の写真の真ん中に、高知城がひょっこりと顔を出しています。ちなみに、「日本三大夜城」として「高知城」と「大阪城」、そして我が故郷上越の「高田城」が認定されています。写真から、高知と上越の素敵なつながりを感じました。

 

 実は本日、当さいはま園が研究大会の第6会場において、実践発表をさせていただく機会をいただきました。中村課長及び田中相談員、いつも通りリラックスして、発表に臨んでください。上越からエールを送ります!


0 コメント

No.1372 梅雨の時期。また一つ、思い出の味が生まれました(さいはま園&夕映えの郷)

 先週の6月21日(水)、さいはま園と夕映えの郷の合同行事である「じょんのびカフェ」が行われました。

 

 今回も夕映えの郷の皆さんが私たちのために手作りのスイーツを届けてくれました。ちなみにメニューは「オレンジとグレープのカップゼリー」です。

 

 見た目も鮮やかです。そして、一口食べるととても美味しくて、幸せな気持ちになりました。

 

 この美味しかった体験を皆さんに伝えたくて写真に収めました。夕映えの郷の皆さん、ありがとうございました。

(さいはま園 杉田 守さん)

オレンジとグレープの魅惑の出会い。そんな二人の仲人はホイップクリーム
オレンジとグレープの魅惑の出会い。そんな二人の仲人はホイップクリーム
手作りのスイーツを前に、全員で「いただきます!」
手作りのスイーツを前に、全員で「いただきます!」
とにかく、美味しかったです。ありがとう
とにかく、美味しかったです。ありがとう


0 コメント

No.1367 夏の風物詩。ご利用者さんからの要望は「車いすの目線で楽しみ隊!」(さいはま園)

 さいはま園です。連日にわたり清々しい青空が顔をのぞかせる当地域。6月も折り返し地点を過ぎましたが、梅雨の訪れには至りません。過ごしやすいのは何よりですが、雨が降らない6月にも、やや不安を感じてしまう今日、この頃です。

 

 ところで先日、中庭の花壇にひまわりの種を植えました。ひまわりと言うと背が高いイメージがありますが、「身近にひまわりの元気を感じたい」というご利用者さんの意見を踏まえ、今回は背丈の低い品種の種をまきました。

 

 8月頃には、車いすの目線でたくさんの大輪を咲かせる予定です。皆さんと素敵な時間を共有できるよう、天気とにらめっこしながら水まきに精を出したいと思います。

(生活相談員 田中)

ひまわりの種まき後、たっぷりと花壇に水をやるご利用者さん
ひまわりの種まき後、たっぷりと花壇に水をやるご利用者さん
種まきの様子
種まきの様子
今年の夏も、素敵な大輪の姿を待ってるよぉ
今年の夏も、素敵な大輪の姿を待ってるよぉ


0 コメント

No.1362 突然の大雨にも関わらず、多くの皆さんで賑わった「ふくしのひろば 2017」。地域のひろがりを再確認(さいはま園&夕映えの郷)


0 コメント

No.1360 第16回 ふくしのひろば。リージョンプラザでお待ちしています!(さいはま園&夕映えの郷)

 さいはま園と夕映えの郷です。来たる6月10日(土)に、上越市内の障がい者福祉団体が一堂に会するイベント『第16回 ふくしのひろば』が開催されます。

 

 ちなみに、今年の実行委員会事務局(当番施設)は夕映えの郷です。これまで重責を感じつつも、イベントの成功に向けて準備を重ねてきました。

 

 先日、さいはま園と夕映えの郷共同で、当日の会場に展示する作品を作りました。訪れて下さる皆さんに笑顔になっていただきたくて、製作作業にも力が入りました。

 

 地域の皆さん、今週の土曜日は迷わず、リージョンプラザ上越にお越しください!

ダウンロード
第16回 ふくしのひろば(リーフレット).pdf
PDFファイル 1.2 MB
さいはま園のデイルーム。何やら楽し気な作品が仕上がってきました。
さいはま園のデイルーム。何やら楽し気な作品が仕上がってきました。
出来栄えをみんなで確認
出来栄えをみんなで確認
6月10日はリージョンプラザへ。忘れないでね!
6月10日はリージョンプラザへ。忘れないでね!


0 コメント

No.1354 暑い夏のお供。今年も中庭を花いっぱいに盛り上げ隊!(さいはま園)

 さいはま園です。昨日紹介された、しおさいの里のブログ記事に続き、当園でも中庭で土いじりに励んでいます。

 

 プランターと花壇のそれぞれに、アサガオやサルビア等、これからの季節にふさわしい花の苗を、ご利用者の皆さんと協力して植えていきました。

 

 今年の夏は例年に比べ暑いとの予報が流れています。そんなときこそ、色とりどりの花から元気をいただきたいと願う今日、この頃。これから皆さんで花の成長を見守っていきたいと思います!

 

(生活相談員 田中)

楽しみな夏。苗を植える手に、自然と力が入ります
楽しみな夏。苗を植える手に、自然と力が入ります
一足早く、サルビアなどがお出迎え
一足早く、サルビアなどがお出迎え
涼しさのお供。元気に育ってくださいね!
涼しさのお供。元気に育ってくださいね!


0 コメント

No.1348 園内に飾られたサクランボの枝木。さわやかさと不思議さが同居(さいはま園)

 さいはま園です。先日、あるご利用者さまのご家族より、自宅に植えてあるサクランボの枝木をいただきました。

 

 早速、スタッフルーム脇のカウンターに飾らせていただくと、施設内が一足早く、初夏のさわやかな雰囲気に包まれていきました。

 

 でも、一つだけ気になることがあります。日に日に、さくらんぼの赤い実が少なくなっているように感じられるのですが、気のせいでしょうか。

 

 それはそれとして、当園にさわやかな空気を届けてくださいましたご家族さまに感謝申し上げます!

 

(生活相談員 田中)

当地域は珍しい、さくらんぼの枝木。園内にさわやかな空気がただよっています
当地域は珍しい、さくらんぼの枝木。園内にさわやかな空気がただよっています

0 コメント

No.1342 満開のサツキがつなぐ仲。ご利用者さんが水やりの極意を伝授。そして新人スタッフも奮闘(さいはま園)

 今日の夕方。さいはま園のデイルームから外に目をやると、ガラス越しに何やら楽しげな二人の姿が飛び込んできました。

 

 満開のサツキを前に、水やりの仕方を伝授するご利用者のKさんと、それに必死に応えようとする新人スタッフのUさん。そんな仲睦まじいやりとりを撮らせていただきました。

 

 水やりの奥深さとKさんの植物に対する思いやりの精神を実感したUさん。また一つ、さいはま園の生活支援員としての仕事を覚えることができたようです。

 

 これからも、ご利用者さんとの心の通い合った「生活支援」の実践を期待しています。

ガラス越しに見えた二人の姿に心がほっこりとしました
ガラス越しに見えた二人の姿に心がほっこりとしました
「これからも、よろしく頼むよぉ~。」
「これからも、よろしく頼むよぉ~。」

0 コメント

No.1322 春の歯車が動き出す。気がつけば、中庭のチューリップも満開!(さいはま園)

 高田公園の桜が満開を迎える等、春らしさが感じられた当地域ですが、ここ数日は花冷えの寒さが続いています。

 

 今日の午前中も冷たい雨が降っていましたが、午後からは予報通り、西の方角からお天気が急速に回復。空気も澄み渡り、とてもきれいな夕日を見ることができました。

 

 そんな夕刻のエピソード。外出後、デスクに戻ると「写真、撮りましたよ」との伝言メモがおかれていました。早速、パソコン内を確認すると、何とも色鮮やかなチューリップの画像が届けられていました。

 

 さいはま園の中庭に咲き誇る可憐な妖精たち。満開の桜に気を取られ、こちらの様子を見落としていました。田中相談員、情報提供ありがとうございました!

桜同様、輝きのときを迎えた中庭のチューリップ。春の二重奏
桜同様、輝きのときを迎えた中庭のチューリップ。春の二重奏
春を身近に感じるご利用者の皆さん。
春を身近に感じるご利用者の皆さん。

2 コメント

No.1312 ゆったりの郷さんの訪問。今年もチームワークの良さに脱帽。胃も心もときめきました!(さいはま園)

 さいはま園です。本日、上越市吉川区にあります『長峰温泉 ゆったりの郷』さんからのボランティア訪問を受けました。

 

 この日を心待ちにしていたご利用者さん。約1年ぶりの再会に「お元気そうで何よりです」とお互いに笑顔を交わしました。

 

 その後、チームワークよくラーメンの準備を行うスタッフの皆さん。しばらくすると施設内に麺が茹で上がるときの、いい匂いがしてきました。

 

 デイルームにみんなが集合して、出来立てのアツアツを美味しくいただきました。なかには3杯もお代わりするご利用者さんもいらっしゃるなど、身も心も大満足のひと時となりました。ゆったりの郷さん、今年もありがとうございました!

チームワーク抜群のゆったりの郷の皆さん。出来上がりが楽しみです
チームワーク抜群のゆったりの郷の皆さん。出来上がりが楽しみです
特製の鶏ガラスープを手際よく器に注ぎます
特製の鶏ガラスープを手際よく器に注ぎます
リズミカルに響く湯切りの音に食欲が増します
リズミカルに響く湯切りの音に食欲が増します

ゆったりの郷特製しょうゆラーメンの完成です
ゆったりの郷特製しょうゆラーメンの完成です
気がつけば3杯目。美味しくて箸が止まりません
気がつけば3杯目。美味しくて箸が止まりません

ゆったりの郷の皆さん。定休日にも関わらず、私たちのために素敵な時間をありがとうございました
ゆったりの郷の皆さん。定休日にも関わらず、私たちのために素敵な時間をありがとうございました

1 コメント

No.1295 ひな飾りと胡蝶蘭。きらびやかな姿に、春への想いが加速!(さいはま園)

 今日はひなまつりです。玄関ロビーに飾られた、きらびやかなひな段と、地域の方が供えて下さった生け花。古き良き、日本の伝統文化に心が落ち着きます。

 

 そんななか、さいはま園のデイルームでは、ひな壇に負けじと胡蝶蘭が4度目の開花を迎えました。

 

 昨年末に3つの鉢に株分けしましたが、その後、のびのびと成長してくれました。期待通りの成長に、ご利用者・スタッフ共々、喜びもひとしおです。

 

 生命の息吹が動き出す、これからの季節がますます楽しみになってきました!

玄関ロビーに飾られた雛飾りと生け花。見れるのもあとわずかです
玄関ロビーに飾られた雛飾りと生け花。見れるのもあとわずかです
胡蝶蘭。4度目のご対面
胡蝶蘭。4度目のご対面
今年も出会えてありがとう!
今年も出会えてありがとう!


0 コメント

No.1282 真冬の「スイーツまつり」に、心も体もトキめく(さいはま園)


2 コメント

No.1275 記録の電子化で業務効率アップ。ういた時間で、もっとご利用者さんに寄り添い隊!(さいはま園)

 IT(情報技術)の普及に伴い、多くの業界で従来の「紙文書」中心の業務から、「電子化文書」中心の業務への移行が進むなか、福祉分野も例外ではなく、介護人材難を受けた国の方針として、「記録のデータ化」による業務効率の向上が人手不足を補う手段の一つとして推進されています。

 

 さいはま園におきましてもこの流れを受け、今年度より業務記録をデータ化すべく準備を進めてきました。このたび、機材やシステム等の体制が整ったことから、本日2月1日より電子化業務を本格的にスタートしました。

 

 記録をデータ化することにより、スタッフ間の「情報共有」をはじめとし、記録の「検索」や「分析」が簡単になります。また、体調や症状の変化などの詳細なデータをすぐ準備することができ、グラフなどの視覚化も容易にできますので、ご利用者様やご家族様をはじめ病院等関係者へは、わかりやすい説明が可能となるのではないかと思っています。

 

 加えて、これまではご利用者様個々の「ケース記録」やスタッフ間で情報を共有するための「申し送りノート」、そして「業務日誌」と数種類の書式に同じ情報を書き写す必要がありましたが、今後はパソコンに一発入力するだけですべての書式に自動的に反映させることができますので、業務効率向上にも大いに期待できます。

 

 導入直後により、一時的にご利用者の皆さまにはご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、一日も早く軌道に乗せ、皆さまに寄り添える時間を少しでも増やしていきたいとスタッフ一同、想いを募らせています。

(生活相談員 田中)

本日、本格的にスタートした記録の電子化業務。画面で情報を共有するさいはま園のスタッフ
本日、本格的にスタートした記録の電子化業務。画面で情報を共有するさいはま園のスタッフ
ご利用者様の様子を入力するS生活支援員
ご利用者様の様子を入力するS生活支援員
こちらはK看護職員。健康状態をタブレットでタッチ入力
こちらはK看護職員。健康状態をタブレットでタッチ入力


0 コメント

No.1271 ファストフードの代表格を初体験。その味と香りが強烈に心に刻まれたカフェ行事(さいはま園)

 さいはま園です。昨日のじょんのびカフェは「ファストフード」。カフェ行事初の試みでした。

 

 なぜ、今回はこれかというと、「年末からお正月って、おいしいもの食べるよね」とか、「昔から『おせちもいいけどカレーもね』っていうくらいだから、何か違ったもの食べたいね」から考えたのが「ファストフード」でした。

 

 実は、外出や外食をする機会は、当園でもありますが、そこで人気なのが「お寿司」や「ファミレス」なため、ファストフード店に入ることは全くなかったのです。

 

 じょんのびカフェにハンバーガーとは、今日の食事のカロリーの問題もありますが、そこは「今日は特別な日」ということで実施しました。(ちなみに夕食はメンチカツでしたので、食べすぎかな?)

 

 そして、メニューは「ハンバーガー」と「チキンナゲット」。そして飲み物は一番相性のいい「コカ・コーラ」を用意してみました。チキンナゲットを50個焼くと、いい匂いが園内に広がり、一人二人と寄って来られました。「わぁ~キレイ」と初めて見るナゲットに興味津々です。実は、今日初めて、ハンバーガーやチキンナゲットを召し上がる方も多かったのです。

 

 皆さん、とても喜んで下さり、中でも相性の良いコカ・コーラも好評でした。普段は自分で購入しないので、今日初めて飲んでみたら「おいしい~」という方も・・・。誰でも初めて食べるものって印象に残りますよね。何気ないファストフードのはずが、私にとっても皆さんの笑顔とともに印象に残った食べ物になりました。

(障害支援課長 中村)

鉄板の上に並ぶ不思議な物体。その成り行きを興味深く見守るKさん
鉄板の上に並ぶ不思議な物体。その成り行きを興味深く見守るKさん
ハンバーガーはマクドナルドから調達。初めての味に驚きを隠せないFさん
ハンバーガーはマクドナルドから調達。初めての味に驚きを隠せないFさん

2 コメント

No.1254 ビタミンがいっぱい詰まった、手作りの年賀状。大切な人に思いを届け隊(さいはま園)


0 コメント

No.1252 寝床が手狭になった胡蝶蘭。分身の術でのびのびと生き返る(さいはま園)

 さいはま園です。今年の春、3度目の開花を迎えたデイルームの胡蝶蘭。今の鉢の大きさでは窮屈なため、このたび株分けをしてリフレッシュさせてあげることにしました。

 

 株分けの知識がない中ではありましたが、インターネットで調べたり、また地域住民の方からアドバイスをいただきながら、見よう見まねに作業を進めていきました。

 

 そして、多くのご利用者さまに見守られつつ、なんとか3つの鉢に移しかえることができました。

 

 やや、自信がありませんが、4度目の開花を信じ、これからの成長に期待したいと思います。

 

(生活相談員 田中)

慎重かつ大胆にハサミを入れました
慎重かつ大胆にハサミを入れました
やさしく鉢に移しかえていきます
やさしく鉢に移しかえていきます

作業完了。株分けされた胡蝶蘭が、新たな人生を「歩む」
作業完了。株分けされた胡蝶蘭が、新たな人生を「歩む」

0 コメント

No.1246 それぞれに趣きがある手作りのリース。今年はどんなクリスマスになるでしょうか?(さいはま園)

 さいはま園です。まもなく訪れるクリスマス。先日は、ご利用者の皆さんと手作りのクリスマスリースを創りました。

 

 先ずは、つるを輪っか状に束ねていきます。実はこのつる、今年の夏に施設の中庭に植えた「アサガオ」と「フウセンカズラ」を活用しています。そして、100円ショップで購入した色とりどりのデコレーションをご利用者さんの好みに合わせて飾りつけすると、たくさんの個性豊かなリースが完成しました。

 

 それぞれのリースは、各ご利用者さんの居室入口に設置させていただきました。早速、皆さんから「クリスマスらしくていいなあ」の声。また、面会に来られるご家族さんにも好評で、「とっても素敵です。私も是非、作ってみたいです」とのコメントをいただきました。

 

 皆さんに喜んでいただけて光栄です。これからも知恵を絞って、ご利用者の皆さんと思いを共有していきたいと思います。

(作業療法士 永田)

夏の植物を有効活用。ご利用者さんの好みをお聞きしながら創り上げました
夏の植物を有効活用。ご利用者さんの好みをお聞きしながら創り上げました
自分の思いが形になる幸せ!
自分の思いが形になる幸せ!
のれんをくぐるのが楽しくなりました!
のれんをくぐるのが楽しくなりました!


0 コメント

No.1241 こころもからだも、そして胃袋も動いた忘年会。支えて下さった皆さんに感謝!(さいはま園)

 さいはま園です。12月4日(日)に、当園の一大イベントである「さいはま忘年会」が行われました。当日は、日頃からご支援をいただいている家族会の皆さまと、ご利用者・スタッフの皆で盛大に行うことができました。

 

 まずは、当複合施設で圧倒的な人気を誇るバンド「ドリームシングス」さんによる「お口の体操」から始まり、お口の準備運動ができたら、慣れ親しんだ曲を皆さんで元気に歌い、手や足の動きも入ったりと、たいへん楽しませていただきました。

 

 そして、ドリームさんの後は、、、少ない時間を必死に探し、意外と難しいことに苦戦したスタッフの催し物「トーンベル」です。ドリームさんとのコラボで「どれみの歌」を演奏しました。なかなか練習時間も合わず、苦労しましたが、なんとか本番ギリギリまで練習し、ガチガチに緊張しながらも大成功で終えることができました。

 

 衣装もスタッフでいろいろと相談し、たどり着いたのが「なないろ」をイメージした衣装でした。「こうしたらどうか」「ああしたらどうか」と、スタッフの思いがたくさん詰まった力作です。

ドリームシングスさんの「お口の体操」で、忘年会がスタート!
ドリームシングスさんの「お口の体操」で、忘年会がスタート!
さいはま「なないろ部隊」(その1)
さいはま「なないろ部隊」(その1)
さいはま「なないろ部隊」(その2)
さいはま「なないろ部隊」(その2)

 加えて、忘年会の楽しみの一つでもあるお食事ですが、昨年大好評だった「富寿司」さんに今年も来園をお願いし、また一味違う会席風のメニューにしてみました。

 

 目の前で実際に握っていただいたお寿司をはじめ、天ぷら盛り、茶わん蒸し、豆腐ハンバーグ、小鉢、えびのお味噌汁と、なかなかのボリュームでした。美味しいお食事でお酒もすすみ、おかわりのお寿司も、皆さんでペロッと食べてしまいました。

 

 最後には、アイスをお供に、さいはま園の一年を振り返る「メモリアルビデオ」を鑑賞し、笑顔いっぱいの一年を締めくくるべく、会場全体が感動に包まれました。

 

 何か月も前から、皆さんに楽しんでいただけるにはどうしたら良いかをたくさん考え、たくさんの方々からのご協力により、今年も素晴らしい締めくくりができました。そして、たくさんの笑顔と共に「よかったよ」「おいしかったよ」との言葉が聞けたことが、実行委員として最高の瞬間でした。

 ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

(実行委員 生活支援員・西巻)

地元の老舗「富寿司」さんの出張握り。ネタは新鮮!地魚のオンパレード
地元の老舗「富寿司」さんの出張握り。ネタは新鮮!地魚のオンパレード
一年間、お疲れ様でした。乾杯!
一年間、お疲れ様でした。乾杯!
美食の品々に、目移りしてしまいます
美食の品々に、目移りしてしまいます


2 コメント

No.1236 おとなり同士の交流がどんどん広がる。今月もまた、素敵なドラマに出会えました(さいはま園・夕映えの郷)

 今年度から本格的に始まった、さいはま園と夕映えの郷の交流。先月の10月は「合同ファッションショー」を開催しましたが、今月もまた、お互いに協力して素敵な時間を共有しました。

 

 まず一つ目は、花の苗植えです。さいはま園と夕映えの郷の中間に位置する当複合施設の中庭に、パンジー等、色とりどりの花の苗を植えました。手際よく作業を進める夕映えの郷の皆さんを、車いすの上から応援するさいはま園の皆さん。ほのぼのとした雰囲気が生まれました。

 

 そして、もう一つの交流はクリスマスツリーの飾りつけです。ツリー上部の飾りつけは、車いすの方には手が届きづらいところ。こちらも夕映えの皆さんからのお力添えをいただきました。

 

 今日で11月ともお別れです。来月は、どんな素敵な交流が待っているのか、いまから楽しみです!

 

(さいはま園 田中)

車いすの上から作業を応援!
車いすの上から作業を応援!
素敵な花壇に仕上がりました
素敵な花壇に仕上がりました

クリスマスツリーの飾りつけの最後に、皆さんで記念撮影。来月の交流も楽しみにしています!
クリスマスツリーの飾りつけの最後に、皆さんで記念撮影。来月の交流も楽しみにしています!

0 コメント

No.1223 念願叶って、上越妙高駅を初体験。タクシーの運転手さん、楽しい思い出をありがとうございました!

 昨日の13日(日)、福祉タクシーを利用して、かなやの里で行われた「かなやまつり」に出かけてきました。

 

 会場で友人や知人と交流をしたあとの帰り道のことです。タクシーの運転手さんにお願いして、近くにある「上越妙高駅」に初めて立ち寄りました。

 

 工事中の頃から行きたいと思っていたのですが、今回、ようやく訪れることができました。新しく大きな駅や、かまくらドームに飾ってあったステンドグラスに感動しました。また、駅舎内も広々していて、電動車いすでも自由に散策することができました。

 

 最後に、写真撮影をはじめ私の突然のお願いにも快く応じてくれた、直江津タクシーの運転手さん、楽しい思い出をありがとうございました。

(さいはま園 杉田 守さん)




2 コメント

No.1211 夕映えの郷の伝統行事を、さいはま園で初開催。ファッションショーはまさに「自己表現」の場!

  さいはま園&夕映えの郷です。今日の昼下がりのこと。「こころ場」の皆さんがさいはま園で「ファッションショー」を開いてくださいました。

 

 エントリーは総勢で16名。こころ場のメンバーさんとスタッフ、そしてさいはま園からはご利用者1名と厨房職員1名がエントリーしました。

 

 13:30からスタートしたファッションショー。天井から吊り下げた看板は、さいはま園の利用者様が手作りしてくださいました。ランウェイに見立てた廊下には、ポップな赤色の工事用コーンを飾り付けました。音楽に合わせてお一人おひとりのお名前をお呼びし、今日のファッションポイントもご紹介です。ファッションって、その人らしさが出ますよね。本当に思いおもいの服装が出そろいました。観客の皆さんからは「素敵!」「かっこいい!」との黄色い声と、大きな拍手と、お盛り上がりのファッションショーは、笑顔いっぱいで終わりました。

 

 終了後は、何やらご利用者の皆さんとスタッフからの声が聞こえてきました。「私も!」「俺も!」・・・。どうやら、次回の出演希望の声でした(笑)

(障害支援課長 中村)

「これが私の生きる道。」ランウェイを颯爽と歩く姿は、まさに「モデル」のようです(画像をクリック)
「これが私の生きる道。」ランウェイを颯爽と歩く姿は、まさに「モデル」のようです(画像をクリック)

2 コメント

No.1207 お互いの距離がグッと近づいた「じょんのびカフェ」。次回もまた、楽しみ(さいはま園・夕映えの郷)

 昨日の20日(木)、さいはま園の恒例行事である「じょんのびカフェ」を、同一法人の夕映えの郷・自立訓練施設「こころ場」と合同開催しました。

 

 今年から、様々な連携を取っている2施設ですが、その企画の中で、定期的に合同開催の「じょんのびカフェ・ランチ」を実施することになり、今回はその第2弾です。

 

 今回は、いつもさいはま園で作っているスイーツをこころ場に依頼をしました。当日は、こころ場の皆さんが朝10時から一生懸命に作ってくださったとのこと。そして、開催時間より早めに来てくださり、会場の準備、盛り付け、飲み物作りもお手伝い。いつも慌ただしいさいはま園のスタッフですが、この日は利用者様の介助に十分に手を回すことができ、大変、助かりました。

こころ場特製「さつまいものカップケーキ(蜘蛛の巣添え)と紫のババロア」。ともにハロウィン仕立て
こころ場特製「さつまいものカップケーキ(蜘蛛の巣添え)と紫のババロア」。ともにハロウィン仕立て

 そして、午後2時30分。こころ場のメンバーさんの発声で会が開催され、所どころのテーブルにさいはま園利用者さん、こころ場のメンバーさん、双方のスタッフが入り乱れて座り、そこかしこから楽しい会話が聞こえてきました。

 

 総勢40名の参加者にとっては手狭な会場でしたが、交流するにはちょうど良い距離感だったのかもしれません。さいはま利用者さんは「おいしい」と笑顔、作ったこころ場のメンバーさんも笑顔、スタッフは、皆さんが喜んでくださることに笑顔の花が咲きました。

 

 「次回もまたやろうね」と、お互いのご利用者・スタッフが声をかけ合い、会は終了。次回は12月へと続くのでした。

(文:障害支援課長 中村、画像:生活相談員 田中)

やや手狭だった会場内でしたが、交流を深めるにはちょうど良い距離感でした
やや手狭だった会場内でしたが、交流を深めるにはちょうど良い距離感でした

0 コメント

No.1196 一年ぶりの野外炊飯。体いっぱい、「幸せのオーラ」に包まれて(さいはま園)

 さいはま園です。昨日の5日(水)、施設の近くにある「県立大潟水と森公園」で野外炊飯を行いました。

 

 本日の献立は、熱血課長の愛情と具がたっぷり詰まった「とん汁」と「おにぎり」、そして「炭火焼き鳥」です。

 

 『愛情』に勝るものはありません。みなさん笑顔でおいしくいただきました。そして、食事のあとはみんなでしばしのお昼寝。「芝生って、チクチクするけど気持ちいい!!」

 

 ちなみに来月は、イオンに買い物外出に出かけてきます!さて、何を買おうかなぁ・・・。

(生活支援員 杉田・久保)

炭火で「グツグツ。」大自然の中で食べる至福の時間。
炭火で「グツグツ。」大自然の中で食べる至福の時間。
食後のリラックスタイム。そのとき、幸せのオーラが全身を包み込んでいきました
食後のリラックスタイム。そのとき、幸せのオーラが全身を包み込んでいきました

0 コメント

No.1195 関東・甲信越ブロックの研修大会。実行委員として、大役を務めさせていただきました。支えて下さいましたすべての皆さまに感謝

 さいはま園です。去る9月29日~30日、「第37回関東・甲信越地区身体障害者施設職員研修大会」が開催されました。

 

 この大会は、関東・甲信越地区の1都9県で構成される年1回の大行事です。ちなみに、今年度は新潟県が当番県となり、実行委員長施設を中心に昨年度から開催準備を進めてきました。

 

 当日は、開会式をはじめ、永年勤続表彰式、そしてシンポジウムや分科会が行われ、翌日は記念講演と閉会式がとり行われました。実は、この2日間の総合司会を私が担当させて頂くこととなり、大会の期日が近づくにつれ、台本の準備に追われる日々となりました。

会場となった「ANAクラウンプラザホテル」の一室から柳都・新潟の景色を望む。しばしのリラックスタイム
会場となった「ANAクラウンプラザホテル」の一室から柳都・新潟の景色を望む。しばしのリラックスタイム

 今回、この大役を仰せつかり、感じたことがあります。それは、大勢の方に支えられていることを改めて痛感したことです。ここに至るまでに実行委員の皆様に支えられ、当日の朝、他施設の仲間たちから激励のメールが送られてきました。朝、出勤すれば施設の同僚たちが、会場に入れば新潟県の全施設の方々が声をかけて下さいました。

 

 おかげさまで、私は400人を前に緊張どころかワクワクした気持ちで司会をさせて頂くことができました。それでも失敗やうまく言えないところもありましたので、へこんだ気持ちになりましたが、終了時には、同じくその大勢の方々がたくさんの労いやお褒めの言葉をかけて下さいました。さらには、県外の施設の方からも声をかけていただき、大会の裏方として、とても感動した2日間でした。

 

 本当にこのような貴重な機会を与えて下さいました皆様に感謝を申し上げ、これからも協議会の一員として、また福祉施設を担う一員として精進して参りたいと思います。ありがとうございました。

(障害支援課長 中村)

皆さまのおかげで無事、大役を務めることができました。支えていただき、ありがとうございました
皆さまのおかげで無事、大役を務めることができました。支えていただき、ありがとうございました

0 コメント

No.1182 さよなら夏。季節は次のステージへ(さいはま園)

 本日はさいはま園から皆さんに脳トレ問題です。下の写真は何に見えますか?

 

1)ポップコーン 2)中秋の名月 3)電球が切れかけた信号機の黄色表示

正解は2)です。

1)と答えた方。今、お腹が空いていませんか?しっかりと栄養をとってくださいね。

3)と答えた方。ちょっとストレスが過剰のようです。深呼吸してリラックスしてみましょう。

 

 ちなみに明日、9月15日は「中秋の名月」です。満月に浮かぶ「うさぎの餅つき」。たまには日常を忘れて、月を眺めてみるのはいかがでしょうか。

どうか、お天気も味方して下さい!
どうか、お天気も味方して下さい!

0 コメント

No.1177 早起きして三条に参上?ボッチャに伝統芸能。充実したスポーツ交流会(さいはま園)

 さいはま園です。昨日の9月6日、「新潟県身体障害者施設協議会 上中越地区スポーツ交流会(ボッチャ大会)」が開催されました。当日は朝早く起き、気持ちを高ぶらせながら三条市に向かいました。

 

 初戦は適度な緊張感が持続し、2-1のスコアで勝利しましたが、続く2回戦は、移動の疲れと空腹により完敗してしまいました。

 

 その後の昼食では、美味しいお弁当をいただいて元気を取り戻し、迎えた3位決定戦。チームリーダーのFさんの目の覚めるようなミラクルショットもあり、見事な勝利を収めることができました。

 

 勝利の喜びに浸りながらの帰り道。米山サービスエリアで雄大な景色を眺めつつ、ソフトクリームとジュースで大会の疲れを癒しました。

 

 参加された3名のご利用者さん、たいへんお疲れさまでした。また、試合の他にも「三条神楽」を見学させていただき、とても楽しい一日となりました。この交流会を企画・運営してくださいました心和園の皆さま、本当にありがとうございました!

(生活支援員 熊倉・箕輪)

ボッチャに伝統芸能。そして雄大な景色。とっても充実した三条市への遠征となりました
ボッチャに伝統芸能。そして雄大な景色。とっても充実した三条市への遠征となりました

0 コメント

No.1160 台所に立つ母の姿を思い浮かべて。いま、夢が叶う(さいはま園)

 さいはま園です。昨日のブログでご紹介しました、夕映えの郷の皆さんとテーブルを囲み交流を図った「じょんのびランチ」ですが、実はもうひとつ、密かに進行していた計画がありました。

 

 当施設の利用者様のSさんは昔から料理に興味があり、お母様の台所仕事の姿、そしてテレビの料理番組からその仕方を覚えていたとのこと。リハビリの時に「こんな料理作ったらどうだろう」「作ってみたいなぁ」と話されていました。

 

 今回、リハビリを兼ねて「できるだけ自分で手を動かして、自分が思う味付で料理しよう」と、標準的な焼きそばの材料に独自のアレンジを加えて作ってみることになりました。そこで、Sさんが味付けにと持参されたものは、「インスタントみそ汁の素」と「カルパス」。この具材を使って「みそ風味の海鮮焼きそば~カルパス添え~」を作りました。ホットプレートで材料を炒めるSさんは「おもしろい!」と笑顔で、またみそ汁の素を入れると「いい匂いだ。味はどうかな」とワクワクしたご様子でした。

 

 オリジナル焼きそばの完成後、Sさんは一口食べると「意外に美味しい」と満足されたようでした。後日、感想を伺うと「他にはない自分の味ができた」「カルパスを入れてみたら『ピリ辛』で食べごたえがあった」「また自分で考えた味付けで、今度はサンドイッチを作りたい」とのことでした。

 

 様々な制約はあるかもしれませんが、これからも利用者様の「できること」と「ご希望」に沿った支援ができたらと思っています。

(作業療法士 永田)

手作りの良さを実感したSさん。次はサンドイッチですね!
手作りの良さを実感したSさん。次はサンドイッチですね!

0 コメント

No.1159 初開催の「合同ランチ」。やきそばの麺のごとく、なが~いお付き合いをしていき隊!

 さいはま園です。先週の8月12日(金)は、利用者様の年1回の血液検査の日でした。採血の結果に影響が出ないよう、当日の朝食はいつもより軽めのメニューとし、その後のお昼は盛大に「じょんのびランチ」を開催しています。

 

 夕映えの郷との交流を主として活動しているさいはま園では、今回のじょんのびランチを夕映えの皆さんにお手伝い頂きながら、一緒に行いました。

 

 今回のメニューは「海鮮塩やきそば」です。実は先日のランチが「ステーキ」でしたので、「今回は海鮮にしよう」「味付けもたまには塩にしてみよう」ということになりました。また、今回は両施設が一緒にランチをする初めての試み。お互いの利用者様の反応を見ながら、大きな声で感謝をこめて「いただきます」を唱和しました。ランチには当法人内山理事長も参加し、穏やかな雰囲気の中、最後は夕映えの郷のメンバーさんに片づけをお手伝いして頂き、たいへん助かりました。

 

 ランチの終了後、お互いの利用者様に感想をお聞きしたところ、「初めてで席も分かれていたので、交流した感じが薄かった」との意見もありましたが、「楽しかった」「理事長に会えてよかった」「これからも交流したい」という感想が多く聞かれました。これからもお互いの利点を生かして、いろいろな交流ができるといいなぁと思っています。

(障害支援課長 中村)

夕映えの郷との初めての「合同じょんのびランチ」。のんびりとした時間が過ぎていきました
夕映えの郷との初めての「合同じょんのびランチ」。のんびりとした時間が過ぎていきました

0 コメント

No.1157 お互いの良さを「つなげる」ことで、新たな生活支援の方法を模索しています(さいはま園・夕映えの郷)

 さいはま園と夕映えの郷です。当法人内でも同じ障害者施設ということで、今年度から具体的に連携を深めながら、地域の障がい者福祉に貢献していこうという活動を行っています。

 

 先日はその一環として、試行的に夕映えの郷から食料品の出張販売を行ってもらいました。実は、さいはま園では毎週1回、「買い物代行サービス」を行っています。最近では、利用者様の購入希望が多く、また品数も量もかなり増加し、スタッフが通常業務で買い出しに出かけることが難しくなっていました。そこで、おとなりの「ハートフル♡夕映え」で販売しているものを、さいはま園の利用者様向けに販売できないかという企画を考え、このたび試行的に開店することになりました。

 

 今回の販売品は、お菓子、おまんじゅう、パン、アイス・・・、どれも魅力的な品物ばかりです。次々と即席売店に来られる利用者様に店員の夕映えの郷メンバーさんは、個々にお話を聞きながら袋詰めしてくださいます。また、購入された利用者様は、さっそくその場でお茶会が始まり、あちこちで笑顔が広がりました。

 

 次回からも、お互いの施設の利点を生かしながら、また試行錯誤で売店の開催を検討していきます。

(障害支援課長 中村)

試行的に始まった「ハートフル♡夕映え」の出張販売。さっそく、お客さんが来店されました
試行的に始まった「ハートフル♡夕映え」の出張販売。さっそく、お客さんが来店されました
クーラーボックスにはアイスがいっぱい。この季節にはありがたい存在です!
クーラーボックスにはアイスがいっぱい。この季節にはありがたい存在です!

0 コメント

No.1156 さいはま流「暑い夏の過ごし方」。味も金メダル級の美味しさでした!

 さいはま園です。昨日は、8月の「じょんのびランチ」を開催しました。

 

 毎年恒例の「夏の焼肉大会」ですが、今年は利用者様のご要望も踏まえ、初の!さいはま初の!どーんと「国産和牛ステーキ」をご用意いたしました。せっかくだから「ステーキランチ風にしよう!」ということにもなり、本日のメニューは「国産和牛ステーキ(150g)」「海老とホタテの海鮮焼き」「たまねぎのソテー」「じゃがいものバター添え」「かに風味のコンソメスープ」「ライス」で、デザートには「チョコバナナ」をご用意しました。

 

 このブログを見て下さっている方は、その予算に疑問を持たれるかもしれませんが、食事の一部は厨房の食事として提供し、それを超える予算は例年どおり、いつも当施設をバックアップして下さる家族会より行事費として頂きました。もちろん、予算内に収まるように、材料のあれこれはスタッフがいろいろな場所で安価なものをゲットし、お肉も交渉して安くて美味しいものを注文し、あとは、手間ひまかけて安価に仕上げました。

 

 当日のさいはま園は、スタッフが準備で朝から大変なことになっておりましたが、このとんでもない忙しさの中、利用者様の「おいしい~」「おかわり~」が聞けると、さいはま園の食堂内は一つになります。スタッフも会費制で参加し、まさに「同じ釜の飯」を食べ、仲間意識が一層高まるさいはま園となりました。

(障害支援課長 中村)

国産和牛の霜降り肉に大歓声。もちろん味は折り紙つき。一つだけ困ったことは、ホットプレートの配線。ブレーカーが落ちないようにすることでした。
国産和牛の霜降り肉に大歓声。もちろん味は折り紙つき。一つだけ困ったことは、ホットプレートの配線。ブレーカーが落ちないようにすることでした。

0 コメント

No.1141 卓上で華やかに輝く「大柳黄金すだれ」に一服の清涼感。一足早く、夏は来ぬ(さいはま園)

 さいはま園のデイルームを通りかかると、テーブルの上には大量の古封筒と、それを細くちぎっていくご利用者さんの姿をお見かけしました。

 

 その後の展開が気になって、成り行きをそっと見守ると、思いもよらぬ「夏の夜の風物詩」に出会うことができました。その発想に脱帽です。


0 コメント

No.1138 「シンプル・イズ・ベスト」な食べ物で、夏の本番を迎え隊!(さいはま園)

 さいはま園です。気がつけば7月も半分が過ぎました。来たるべく夏の本番を前に、心身を整える今日、この頃です。

 

 ところで、先日「暑い夏を乗りきるにあたり、どんな食べ物が食べたいですか?」とご利用者さんにお尋ねしたところ、多くの皆さんから「目玉焼きが食べたい!」とのお返事が返ってきました。

 

 「えっ。目玉焼きですかぁ。」やや予想外の回答でしたが、ご利用者の皆さんはシンプルかつ、スタミナのつく食べ物を望んでおられたようです。

 

 ということで、昨日のお昼ごはんのお供として、ご利用者さんの目の前で、大量の生たまごを焼きまくりました。そして、味付けは「きままなシェフ」による「ハートのスパイス」です。半熟の黄身がみんなの胃袋にジャストミート。これで、今年の夏も乗りきれそうです。

(さいはま園 田中)

ふっくらと焼き上がった目玉焼きに幸せいっぱい
ふっくらと焼き上がった目玉焼きに幸せいっぱい
きままなシェフが「ハートのスパイス」」を注入中!
きままなシェフが「ハートのスパイス」」を注入中!


0 コメント

No.1136 地域の方からのサプライズ。身のぎっしり詰まったスイカに夏を実感。ありがとうございました!(さいはま園)

 さいはま園です。昨日、ご近所に住む住民の方からスイカをいただきました。

 

 「畑で採れた初物です。中身は割ってみないとわかりませんが、皆さんで楽しんでください」とは、スイカを贈呈していただきました住民のWさん。早速、冷蔵庫で冷やしたのち、スイカを割ってみることにしました。

 

 包丁を入れると、みずみずしく中身がぎっしりと詰まった「夏の風物詩」が姿をあらわしました。そして、三角切りにして、一同で「がぶりっ。」蒸し暑さも吹っ飛ぶほどの美味しさでした。

 

 このたびのサプライズ。Wさん、本当にありがとうございました。これからもお付き合いのほど、よろしくお願いします!

中身がぎっしり詰まったスイカと、ご利用者のSさん、そしてアジサイのコラボレーション。みんな「真ん丸」です
中身がぎっしり詰まったスイカと、ご利用者のSさん、そしてアジサイのコラボレーション。みんな「真ん丸」です
Wさん手作りの、ジューシーなスイカ。早く食べ隊!
Wさん手作りの、ジューシーなスイカ。早く食べ隊!
自然とお口も大きく開きます(本人、掲載了承済)
自然とお口も大きく開きます(本人、掲載了承済)

これぞ夏の風物詩。季節感あるサプライズ。本当にありがとうございました!
これぞ夏の風物詩。季節感あるサプライズ。本当にありがとうございました!

0 コメント

No.1131 「KY」、いやいや「自分らしさ」を発見。一足早い一輪のヒマワリの開花に人生を重ね合わせる。(さいはま園)

 気象庁の発表によると、今日の上越市高田の最高気温は34.6℃。ねっとりとした空気が肌にまとわりつくような、体にとっては厳しい一日となりました。

 

 梅雨の真っただ中。街のあちこちに咲き誇る色とりどりのアジサイに心が癒される今日、この頃です。そんななか、久しぶりに施設の中庭に目をやると、あらっ、何ということでしょう。一輪のひまわりが既に満開を迎えているではありませんか。

 

 あれっ。周りの苗に比べてあまりにも成長が早すぎないかぁ。疑問を抱きつつ、スタッフに声をかけました。すると「恐らく、昨年の収穫期に地面にこぼれ落ちた種が越冬し、先月に蒔いた種よりも早く成長したのではないでしょうか」との返答が返ってきました。

 

 それにしても、周囲の足並みにとらわれず、自分のペースで一足早く満開の時を迎えたヒマワリさんに感服です。「出る杭は打たれる。」いやいや、そんなことはありません。君はまさに「時代のトップリーダー」ですよ!

周囲の苗に比べ、ダントツの成長力を発揮する一輪のヒマワリ。しかし、なぜか顔は太陽に背を向けたまま。
周囲の苗に比べ、ダントツの成長力を発揮する一輪のヒマワリ。しかし、なぜか顔は太陽に背を向けたまま。
複雑な思いでヒマワリを眺めるFさん。「すごいなぁ。今年も出会えてありがとぉ。」
複雑な思いでヒマワリを眺めるFさん。「すごいなぁ。今年も出会えてありがとぉ。」

2 コメント

No.1116 1週間前に蒔いたひまわりの種が発芽。その若々しさに名曲「ヤングマン」を思い出す(さいはま園)

 さいはま園です。先週の梅雨入り前、中庭に蒔いたひまわりの種がひょっこりと顔を出しました。

 

 しっかりと伸びる茎。そして力強く、かつしなやかに開く子葉の姿を見て、どことなく懐かしい気持ちになりました。「どうしてこんなに懐かしく感じるのだろう・・・。」自身の記憶を注意深くたどっていくと、子どもの頃にテレビで釘づけになった、ある歌手の振り付けを思い出しました。

 

 そうなんです。西城秀樹さんの「YMCA」です。曲目「ヤングマン」のサビの一部。まさに、西城さんが全身を使って表現した、あのアルファベットの「Y」です。

 

 特に写真右側の彼。いい感じに腰を横に振っています。歌詞にある「ゆううつなど 吹き飛ばして 君も元気出せよ!」と訴えかけているようです。その若々しさに、今後の成長が楽しみになりました。

「す、ばらしい~、 わ~い・えむ・し・え~♪」のフレーズが頭の中を駆けめぐりました 
「す、ばらしい~、 わ~い・えむ・し・え~♪」のフレーズが頭の中を駆けめぐりました 

0 コメント

No.1112 大入御礼!ふくしのひろば2016。今年もたくさんの出会いがありました(さいはま園・夕映えの郷)

 好天に恵まれた今年の「ふくしのひろば」。リージョンプラザ上越は、駐車場があっという間に満車になるほどの人の入りで、例年以上の活気に包まれました。

 

 当法人では「さいはま園」と「夕映えの郷」のブースを設置し、今年も多くの市民の皆さんと交流を深めることができました。

 

 年に一度のお祭りは大成功。市内の障がい者福祉団体の一員として、これからも地域を盛り上げていきたいと思います。訪れてくださいました皆さん、本日はたいへんありがとうございました!


2 コメント

No.1110 アサガオに続く「ハマノミクス」第二の矢は「ひまわり」。梅雨入り前に急げ急げ!(さいはま園)

 さいはま園です。夏の中庭に清々しさを演出するプロジェクト「ハマノミクス」。昨日はアサガオに続く第二の矢として、ひまわりの種まきを行いました。

 

 梅雨入りを目前に、みんなで一致団結しての作業。昨年収穫した種を一粒ひとつぶ、気持ちを込めて蒔いていきました。

 

 アサガオに続きひまわりも準備完了。残すところは、第三の矢を放つのみです。スタッフの皆さん、何の矢が放たれるのか楽しみにしていますよ!


0 コメント

No.1108 「シングル」から「キングサイズ」のベッドへお引っ越し。広々とした寝床で「いい夢見てね!」(さいはま園)

 さいはま園です。一昨日、関東甲信地方の梅雨入りが発表されました。当新潟地方も梅雨入りまでカウントダウンといったところでしょうか。

 

 さて、話は変わりますが、先月のブログでご紹介しました「ピースサインのアサガオの発芽」ですが、このたび、プランターに植え替えを行いました。

 

 所どころ虫食いの穴が見られます。きっと虫たちもお腹が空いていたのでしょう。自然の摂理を感じつつ、植え替え作業を続けました。

 

 仕上げにプランターのそばにネットを張って作業完了です。アサガオの皆さん、広々とした寝床の中で元気よく、上へ上へと成長して下さい!

(生活相談員 田中)


0 コメント

No.1107 第15回「ふくしのひろば」のお知らせ。今週末、リージョンプラザでお待ちしています!(さいはま園・夕映えの郷)

 本日は、6月11日(土)に「リージョンプラザ上越」で開催されますイベント「ふくしのひろば」のお知らせです。

 

 上越市内の障がい者福祉団体が一堂に会するこのイベントも、今年で15回目を迎えます。数々のステージイベントをはじめ、飲食物や物品の販売、作品展示や体験コーナーなど、盛りだくさんの内容となっています。

 

 当法人でも、さいはま園と夕映えの郷が参加いたします。当日はたくさんの市民の皆さんと楽しく交流を深めたいと思いますので、是非ともリージョンプラザ・インドアスタジアムにお越しください!

 

~当法人からの出展ブース~

<さいはま園>

・アダプテッド・スポーツ(年齢や障害を問わず、誰もが参加できるスポーツ)の体験交流、作品展示

<夕映えの郷>

・物品販売(リサイクル品・自主製品販売・あめつかみ)

<夕映え耕房>

・飲食物販売(焼き鳥・つくね串・ジュース)

画像をクリックすると、昨年度のイベントの様子をご覧いただけます
画像をクリックすると、昨年度のイベントの様子をご覧いただけます

0 コメント

No.1094 アサガオの種が力強く発芽。まるで人のピースサインのよう(さいはま園)

 さいはま園です。今週16日の真夏日以来、気持ちの良い穏やかな日が続いています。

 

 先日ご紹介しましたアサガオの種植え。「咲かせ隊」の皆さんの熱い想いが伝わってか、早速、土の中から芽が顔を出しました。

 

 あらっ、何ということでしょう。いきなりの「ピースサイン」の出現に、今後の成長がますます楽しみになってきました。

 

 それにしても、人間の指のようなリアルさを感じるのは私だけでしょうか。パソコンの前で、ついつい自分の指と見比べてしまいました。

人差し指と中指のようなリアルさ。今後の成長がますます楽しみになったアサガオの芽
人差し指と中指のようなリアルさ。今後の成長がますます楽しみになったアサガオの芽

2 コメント

No.1089 種々のアサガオで今年の夏を盛り上げ隊!このたび仕込み完了(さいはま園)

 さいはま園です。連日の陽気のなか、今年も「アサガオ咲かせ隊」が始動しました。

 

 今回植えた種は、「曜白大輪」と「ヘブンリーブルー」、そして「越後妻有 大地の芸術祭の里」で収穫されたアサガオの種です。

 

 「チームワーク」を信条とする「咲かせ隊」の皆さん。心を一つに、種まき作業に勤しみました。

 

 「咲き誇る大輪」を目指して頑張って活動していきますので、応援よろしくお願いします!


0 コメント

No.1086 園内に咲き誇る胡蝶蘭。皆さまのお知恵を拝借させてください(さいはま園)

 さいはま園です。ところで、No.1053でお伝えしました胡蝶蘭ですが、このたび三度目の開花を迎えました。

 

 育て方など全く知識がない中ではありますが、当園の環境が合っている様子で、毎年私たちを楽しませてくれています。しかし、2年間もノーメンテナンスだったせいもあり、さすがに今の鉢では窮屈になってきているため、株分けをしてリフレッシュさせてあげたいと思っています。

 

 ですが、株分けの知識がないもので、このブログをご覧の方々の中でお詳しい方がいらっしゃいましたら是非とも、お知恵を拝借願えませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

 

(生活相談員 田中)

Iさんの魂がいまも健在の胡蝶蘭。今年もありがとうございます
Iさんの魂がいまも健在の胡蝶蘭。今年もありがとうございます

0 コメント