No.1407 真夏のエースがようやく満開。待った分だけ、喜びも大きくなりました

 長期予報で「今年の夏は猛暑が続く」と言われていましたが、9月に入ってから随分と過ごしやすくなってきました。夏のトップシーズンも過ぎ去り、やや「肌寒さ」も感じられる今日、この頃です。

 

 それもそのはずです。気象庁の発表によりますと、本日の上越市高田の最低気温は早朝5時に記録した14.7℃と、10月上旬並みの気温でした。

 

 そんななか、当施設の中庭では、ひまわりの大輪が見頃を迎えています。今夏の長雨や日照不足も開花に影響していたのでしょうか。やや、季節外れの感じもありますが、ひまわりを眺めていると、やっぱり元気が湧いてきます。

 

 これからの季節、寒暖差により体調を崩しやすくなりますので、皆さん、くれぐれも体調管理にはご留意ください。

季節外れ感はやや、否めませんが、今年も私たちに元気を与えてくれています。ありがと~!
季節外れ感はやや、否めませんが、今年も私たちに元気を与えてくれています。ありがと~!

0 コメント

No.1401 気がつけば一面は金色の稲穂。無事に収穫できますように。

 朝の大雨から一転して、グングンと天候が回復してきた今日のうみまち地方です。最高気温も30℃を越え、とても蒸し暑い一日となりました。

 

 そんな夕刻のこと。いつもは日本海を眺めながら帰るのですが、今日は何となく田んぼ道をたどることにしました。

 

 施設からほどなくして、夕焼けに照らされた稲穂が一面に広がってきました。早速、脇道に車を停め、しばしその景色を眺めていると、夕日に照らされた自分の影が黄金色のじゅうたんに映し出されていることに気づきました。

 

 「エッフェル塔」か、それとも「イカ星人」か。シャッターを切りながらニヤリとする小生。近くで作業をしていた農家さん、決して怪しいものではありませんよ。今年も新米を楽しみにしています!

頭を垂れ始めた稲穂たち。収穫まであと少し。どうか無事に過ごしてください
頭を垂れ始めた稲穂たち。収穫まであと少し。どうか無事に過ごしてください

0 コメント

No.1390 全国で2番目の暑さを観測したうみまち地方。熱中症とその後の台風の行方が心配

 気象庁の発表によりますと、今日の上越市大潟区の最高気温は午後2時4分に観測した38.1℃。全国の観測地点で2番目の暑さとなりました。

 

 ちょうどその時、施設のはしごを登って屋上に向かいました。体温を超す熱風がドライヤーの風のごとく体じゅうを刺激します。滞在時間はわずか十数秒。何とかシャッターを切り、一目散にはしごを下りました。

 

 一年でいちばん暑い時期を迎えています。皆さん、くれぐれも体調管理にはご留意ください。また、本日の猛暑に続き、明日には台風の襲来が予想されています。災害が起こらないことを、ただただ願うばかりです。

今日の午後、38.1℃を観測した上越市大潟区。屋上はまるで、サウナ風呂のようでした。
今日の午後、38.1℃を観測した上越市大潟区。屋上はまるで、サウナ風呂のようでした。

0 コメント

No.1347 浜っ子育ちにはたまらない風景。佐渡島が見えると、なぜか嬉しい気持ちになります!

 今日の夕方。とある研修会運営の事前打ち合わせのため、燕三条に向かうときのこと。晴天の下、気持ちよく高速道路を走っていると、佐渡島がくっきりと見えるではありませんか。

 

 トイレ休憩を兼ねて米山サービスエリアに立ち寄り、その光景をカメラに収めました。

 

 穏やかな青い空と日本海にサンドイッチされた佐渡島。なんだか手を伸ばすと届きそうです。「佐渡の皆さん、元気ですか~!。」大きな声で叫びたかったのですが、近くに観光客の方がいらっしゃったのでやめました。

 

 新潟の大自然の風景からまた一つ、元気をいただきました。

今日の米山サービスエリアの展望台からの眺め。「佐渡のみなさ~ん、元気ですか~!」
今日の米山サービスエリアの展望台からの眺め。「佐渡のみなさ~ん、元気ですか~!」

0 コメント

No.1346 マツバギクの「オン」と「オフ」に自然の摂理を実感。気持ちを切り替えて、明日もまた!

 夕焼けを題材にした昨日のブログ記事。一日で20人を超える方々から「いいね」を押していただき、嬉しさを隠せない小生です。

 

 ところで現在、当施設の玄関脇の花壇に咲く「マツバギク」が輝きを放っています。小生にとって、毎朝の出勤時にこの花を眺めながら心を整えることがルーティンとなっています。

 

 毎日観察して気づいたこと。太陽の光が強いほど大きく花開き、午後に入り、日が陰ってくると花びらが小さくしぼんでくるようです。

 

 仕事に全力投球したあとは、明日に備えてリラックス。人間の行動もマツバギクと同様なのかもしれません。自然の摂理を実感する今日、この頃。明日も頑張っていきましょう!

好きなものは「強い日差し。」元気に咲き誇る今日のマツバギク
好きなものは「強い日差し。」元気に咲き誇る今日のマツバギク
夕方6時のマツバギク。明日に備えてしばしの休息。明日の朝も楽しみにしていますよ!
夕方6時のマツバギク。明日に備えてしばしの休息。明日の朝も楽しみにしていますよ!

0 コメント

No.1345 あかね色の誘惑。気がつけば海岸線に車を走らせていました

 厚い雲に覆われた今日のうみまち地方。空気もやや、ひんやりと感じられる一日となりました。

 

 夕刻の退勤時。施設の玄関から外に出ると、西の空があかね色に染まっています。「素敵な夕焼けが見られるかも。」急いで、海岸線まで車を走らせました。

 

 ほどなくして犀潟海岸へ。夕日がまさに水平線の下に吸い込まれようとしています。なんとか滑り込みセーフ。数十秒間だけ、夕焼けを楽しむことができました。

 

 明日はいいお天気が期待できそうです。夕焼けから心をリセットして、帰路に着きました。

今日の退勤時。あかね色に染まる西の空。急いで車に駆け込んで海岸線に向かいました
今日の退勤時。あかね色に染まる西の空。急いで車に駆け込んで海岸線に向かいました
滑り込みセーフ。ちょっとだけ、水平線に沈む夕日を鑑賞。明日は気持ちの良い青空が望めそうです!
滑り込みセーフ。ちょっとだけ、水平線に沈む夕日を鑑賞。明日は気持ちの良い青空が望めそうです!

0 コメント

No.1334 妙高山に躍動する「はねうま」が、上越に本格的な春の訪れを告げる

 気持ちの良いお日様に包まれた、今日のうみまち地方です。朝から妙高山が私たちを力強く迎えてくれました。

 

 その妙高山の北側の斜面に目をやると、今年も当地方の春を告げる「跳ね馬」がくっきりと現れているのが確認できました(写真の丸で囲んだ部分)。

 

 ちなみに、えちごトキめき鉄道の「妙高はねうまライン(旧信越本線)」は、この跳ね馬にちなんで名づけられました。

 

 その昔、種まきや農耕の始まりの目安とされた、この雪形。畑に田植えと、農家の皆さんをはじめ、土いじりをこよなく愛する皆さんのシーズンに、いよいよ突入です!

今日の当施設周辺から望む妙高山。躍動感あふれる「跳ね馬」が春の訪れを告げています(画像をクリックして拡大)
今日の当施設周辺から望む妙高山。躍動感あふれる「跳ね馬」が春の訪れを告げています(画像をクリックして拡大)

0 コメント

No.1332 ありふれた日常の光景に心を整える。次は「あかね色」の帰港を楽しみにしています

 気象庁の発表によると、本日の上越市大潟区の最高気温は16.5℃とのこと。平年並みの気温となりましたが、昨日に比べ8℃近くも低かったせいでしょうか、やや肌寒く感じられました。

 

 冷たい雨が降る夕刻の時間帯。帰路の途中、直江津港に立ち寄りました。ふ頭には、本日のお勤めを終えた高速カーフェリー「あかね」が静かに体を休めていました。佐渡と直江津を毎日2往復、たいへんお疲れさまです。

 

 残念ながら、本日は「あかね色」の夕日を受けながらの帰港とはなりませんでしたが、その姿を見るだけで、なぜか心がほっと和みます。

 

 何気ない日常の光景に感謝しつつ、帰路に着きました。明日も安全運航で頑張って下さい。

いつもの光景。今日もお仕事ご苦労さまでした
いつもの光景。今日もお仕事ご苦労さまでした

0 コメント

No.1328 寒暖を繰り返す4月の天気。体調管理はくれぐれもご留意ください

 今週の17日(月)。今年一番の気温(26.1℃)を記録した当地域ですが、今日は一転して最高気温が12.9℃と肌寒い一日となりました。

 

 暑かったり、寒かったりを繰り返す4月の天気。どこか「よせてはかえす波」のようです。

 

 ところで現在、当地域でもインフルエンザによる小中学校の学級閉鎖・学年閉鎖の情報が伝わってきます。新生活のスタートや不安定な気候等、体に負担がかかる時期でもありますので、皆さんも体調管理にはじゅうぶんご留意ください。

浜風が体に染みる夕方の犀潟海岸。数日前の陽気がうそのよう
浜風が体に染みる夕方の犀潟海岸。数日前の陽気がうそのよう

0 コメント

No.1324 漆黒の夜空と三重櫓。そして桜の競演。見物客でごった返した週末の高田公園。今年もありがとうございました

漆黒の夜空と内堀に挟まれた高田の桜。賑やかさのなかにも、おごそかな雰囲気が感じられました
漆黒の夜空と内堀に挟まれた高田の桜。賑やかさのなかにも、おごそかな雰囲気が感じられました
水面に写る三重櫓。江戸時代の人たちはどのように眺めていたのでしょうか
水面に写る三重櫓。江戸時代の人たちはどのように眺めていたのでしょうか
この景色が見れるのも、あと少し。時が止まってほしいと願う
この景色が見れるのも、あと少し。時が止まってほしいと願う
春の男気モード満載!明日への勇気が湧いてきました
春の男気モード満載!明日への勇気が湧いてきました
内堀に浮かぶ花いかだ。夜桜ドラマもいよいよ終焉のときを迎えます
内堀に浮かぶ花いかだ。夜桜ドラマもいよいよ終焉のときを迎えます

2 コメント

No.1319 異国の言語が飛び交う高田公園。地元の桜が世界の「sakura」へ!

今年も出会えて、ありがとう。
今年も出会えて、ありがとう。
高田公園の外堀。小道ですれ違った多くの方が外国人。時代の変化を感じました
高田公園の外堀。小道ですれ違った多くの方が外国人。時代の変化を感じました
待ちに待った春。三重櫓が一年でいちばん輝く時。
待ちに待った春。三重櫓が一年でいちばん輝く時。
魅惑の「夜桜タイム」の始まり。感動の瞬間を是非、現地で!
魅惑の「夜桜タイム」の始まり。感動の瞬間を是非、現地で!

0 コメント

No.1302 いよいよやってきた花粉の季節。体調を万全にして春を迎え隊!

 春の暖かな空気に包まれた今日のうみまち地方。気象庁の発表によりますと、本日の上越市大潟区の最高気温は4月中旬並みとなる15.5℃、今季最高を記録しました。

 

 そんな陽気に誘われてか、たくさんのスギ花粉が当地域を飛散している模様。今年もやって来たこの季節。しばらくの間、目のかゆみやくしゃみ・鼻水に悩まされそうです。

 

 皆さん、栄養と休養をしっかりとって、免疫力を高めながら花粉の季節を乗り切っていきましょう。

今日の夕刻の直江津のまち。月がひょっこりと顔をのぞかせていました
今日の夕刻の直江津のまち。月がひょっこりと顔をのぞかせていました

0 コメント

No.1292 あっという間に過ぎ去った2月。小雪といえども、まだまだ続く感染症の時期。くれぐれもご留意ください

 終日、穏やかな日差しに包まれた、今日のうみまち地方です。早いもので2月もあっという間に終わりを告げようとしています。

 

 夕方、久しぶりに施設の屋上にあるはしごを登りました。周囲を見下ろすと、雪景色をした山々とは対照的に、平野部には積雪はまったく見られません。当地域にとっては昨年同様、小雪の冬となりました。

 

 ところで、地域ではインフルエンザ等の感染症の流行が続いています。うがい・手洗いやマスクの着用等、くれぐれも体調管理にはご留意ください。

今日の夕刻の屋上から。年のせいでしょうか。明日から3月とは信じられません。
今日の夕刻の屋上から。年のせいでしょうか。明日から3月とは信じられません。

0 コメント

No.1265 寒波のあとの青空は雪国に暮らす私たちにとって最高のご褒美。明日も頑張り隊

 久しぶりの好天に、人も街も、そして海も山もすべてが穏やかな雰囲気に包まれた一日となりました。

 

 お日さまと青空がこんなにも愛おしく感じられるのは、きっと厳しい「新潟の冬」があるからではないでしょうか。

 

 次の寒波に向けて気持ちをリセット。今日の景色をリュックサックに詰め込んで、明日に向かっていきたいと思います。

(各画像をクリックして拡大)

今朝の荒川橋の上からの景色。信号待ちの時間が嬉しく感じられました
今朝の荒川橋の上からの景色。信号待ちの時間が嬉しく感じられました
名峰・米山さんも日向ぼっこをしているようです
名峰・米山さんも日向ぼっこをしているようです
とっても穏やかな日本海。水平線に佐渡島も見えました
とっても穏やかな日本海。水平線に佐渡島も見えました


0 コメント

No.1261 今季最強の寒波が到来。災害が起こらないことを願う今日、この頃。

 連日、強い北風が吹きつける寒い日々が続いています。海岸線に位置する当地方は、その強い風の影響もあってか、ほとんど積雪はありませんでした。

 

 しかし、天気予報によると明日から週末にかけて寒気がさらに強まり、数年に一度と言われる寒波が訪れるとのこと。今後の天候の成り行きが気になるところです。

 

 小雪で推移してきた今季ですが、これからがまさに、雪のトップシーズンを迎えます。皆さん、くれぐれも体調管理にはご留意ください。

今日のイトーヨーカドーの屋上から。月明りに照らされる鉛色の雲が、入れ代わり立ち代わり動いていきました
今日のイトーヨーカドーの屋上から。月明りに照らされる鉛色の雲が、入れ代わり立ち代わり動いていきました

0 コメント

No.1222 上越の新名所。清水寺から京都の市街地を一望するような開放感に浸れます!(国府もみじ園)

 とっても気持ちのよい小春日和となった本日。以前から気になっていた地元の新スポットに出かけてきました。

 

 訪れた場所は「国府もみじ園」です。このもみじ園は、直江津・国府地区の住宅街の一角にあり、そこに暮らす住民のSさんが、自宅の庭や裏山に私費を投じて営われています。

 

 もみじ園に到着すると、晩秋を楽しむ多くの人たちで賑わっていました。そのなかに交じりながら山の斜面を登っていくと、京都・清水寺に負けずとも劣らない絶景が目の前に飛び込んでくるではありませんか!

 

 「身近なところに、こんな素敵な場所があるなんて。」Sさん、本当にありがとうございます。そして皆さん、この秋の絶景に出会えるのも、あとわずかです。是非とも、大切な人とお越しください!

 

(各画像をクリックして拡大)

上越の街なかにこの絶景。感動、間違いなしです!
上越の街なかにこの絶景。感動、間違いなしです!
上越の秋を満喫する親子。かけがえのない故郷を、心身ともに焼きつける。なぜか、自然と勇気がわいてきた!
上越の秋を満喫する親子。かけがえのない故郷を、心身ともに焼きつける。なぜか、自然と勇気がわいてきた!

0 コメント

No.1220 秋と冬が同居する頸城平野。冬支度で慌ただしくなるこの季節、ゆとりを持って過ごし隊!

 今週に入り、12月並みの寒い日が続いています。今朝の出勤時、頸城平野を囲む山々を望むと、中腹まで白く雪化粧していました。

 

 小生も若かりし頃は、晩秋の白い山肌を見ながら「早くスキー場に行きたい」とワクワクしていたものですが、近年は少しずつ心境が変わってきました。これも年のせいでしょうか。

 

 さて、話は変わりますが、秋と冬が同居するこの季節は、体調を崩しやすい時期でもあります。そして、今年のインフルエンザ。報道によると、すでに流行期を迎えている地域もあるとのことです。

 

 雪囲いやタイヤ交換等の冬支度で慌ただしい時期を迎えますが、皆さん、くれぐれもご自愛ください。

今日の頸城平野。左に見えるは妙高山。中腹まで白くなってきました
今日の頸城平野。左に見えるは妙高山。中腹まで白くなってきました

0 コメント

No.1205 変わりやすい秋の空。暑かったり寒かったり。くれぐれもご自愛ください

 先週までの寒さから一転、今週は、やや蒸し暑さが続くうみまちです。

 

 当施設の空調機能を「冷房」から「暖房」に切り替えたばかりのこの暑さ。冷房機能が使えないため、スタッフもご利用者さんも、上着を脱いだり着たりしています。

 

 そんな今日の昼下がり。半そでのポロシャツのまま外用事に出かけたときのこと。鵜の浜温泉近くの海岸に立ち寄ると、日本海から強い浜風が吹きつけました。さすがに半そでの姿は身にこたえます。早速、持参した上着を着ながら、秋の日本海をカメラに収めました。

 

 暑かったり寒かったり。清々しい秋空の反面、寒暖差により体調を崩しやすい時期でもありますので、皆さんも十分、ご自愛ください。

今日の鵜の浜温泉。日本海から吹きつける浜風に、秋の匂いがしました
今日の鵜の浜温泉。日本海から吹きつける浜風に、秋の匂いがしました

0 コメント

No.1202 紅葉が始まる高田城址公園をしばし散策。その時、極楽橋で出会った親子の仲睦まじさに元気をもらう!

 連日の秋の陽気に誘われて、本日は高田城址公園へ。高田公園といえば「日本三大夜桜」や「東洋一の蓮」で有名ですが、これからの紅葉の時期もおススメです。公園内を散策すると、ちょっと控えめにそびえ立つ三重櫓が哀愁を漂わせながらお出迎えしてくれます。ひじの角度を直角に、そして背筋を伸ばしてウォーキングすると、日常の疲れも吹っとびます。また、極楽橋の上から内堀に目をやると、ほっこりとした光景に出会えること間違いなしです!

今日の高田城址公園。少しずつ紅葉が始まってきました
今日の高田城址公園。少しずつ紅葉が始まってきました
控えめなところがちょうどいい。高田城三重櫓
控えめなところがちょうどいい。高田城三重櫓
極楽橋から内堀を覗くと、仲睦まじいカメの親子と遭遇!
極楽橋から内堀を覗くと、仲睦まじいカメの親子と遭遇!


0 コメント

No.1169 我が地元・上越市大潟は、本日の国内最高となる36.5℃を記録。そして台風10号の進路も気がかり

 朝から照りつける強い日差しと、台風のフェーン現象による熱風が吹き付けた今日のうみまちです。気象庁の発表によると、我が地元・上越市大潟は全国の観測地点で本日最高となる36.5℃を記録しました。

 

 在宅訪問から帰ってきたスタッフが口をそろえて「今日は暑すぎます!」との声。小生もその暑さを体感すべく、屋上へ。その後、今年一番の熱風に耐えながら、カメラのシャッターを切りました。

 

 この暑さも心配ですが、台風10号の進路も気がかりです。作物の収穫時期を迎えるこれからの季節。被害が大きくならないことをただただ、願うばかりです。

本日、国内最高の気温を記録した上越市大潟。街中がサウナに包まれたような感じでした
本日、国内最高の気温を記録した上越市大潟。街中がサウナに包まれたような感じでした

0 コメント

No.1161 うみまちに沈む夕日と、リオに昇る朝日。一つの太陽が織りなす感動のバトンリレー

 リオ・オリンピックも終盤戦に突入。レスリングフリースタイル女子の、奇跡の「逆転3連続金メダル」に日本中が沸く一日となりました。

 

 そんな夕刻の帰り道。直江津港に立ち寄ると、今日のお勤めを終えた佐渡汽船・高速フェリー「あかね」が夕日を浴びながら体を休めていました。

 

 「あかね色」に染まる船体と言いたいところですが、今日ばかりは「金メダル色」。日が沈むまで、景色を楽しみました。

 

 ちなみに、日本とリオデジャネイロの時差は12時間です。こちらは「夕日」で、向こうは「朝日」。地球の裏側で同じ太陽を眺めている人がいることを想像するだけで、胸がワクワクします。選手の皆さん、明日も頑張って下さい!

今日の直江津港。「金メダル色の夕焼け」は、リオでは「希望の朝日」。たくさんの感動に出会える今年の夏。
今日の直江津港。「金メダル色の夕焼け」は、リオでは「希望の朝日」。たくさんの感動に出会える今年の夏。

0 コメント

No.1154 「ゲリラ豪雨」に気をヤキモキさせる今年の夏。気候の変化に敏感になる今日、この頃

 気象庁の発表によると、今日の上越市大潟区の最高気温は31.5℃。連日同様の蒸し暑い一日となりました。

 

 強い日差しが照りつける青空から一転して、夕方からは厚い雲に覆われてきました。大気が不安定な今年の夏。また大雨が降ってこないかと心配しながら、帰路に着きました。

今日の仕事帰り。定番のイトーヨーカドーの屋上からしばし、街を見下ろしました。
今日の仕事帰り。定番のイトーヨーカドーの屋上からしばし、街を見下ろしました。

0 コメント

No.1146 今しか味わえない、心地よい夏の刺激を体いっぱいに受け止める。この瞬間に感謝。

 今日の夕刻。西の空が徐々にあかね色に染まってきました。素敵な夕日に出会えることを願いつつ、海岸線を車で走りました。

 

 なおえつ海岸にたどり着くと、大きなお天道様が今日のお勤めを締めくくろうとしていました。三脚カメラを用いて夕焼けを撮影するカメラマン、浜辺ではしゃぐ女子中高生、そしてのんびりと夕日を眺めるナイス・カップル等々、各々が夕暮れの瞬間を楽しんでいます。そんななか、小生も負けじとシャッターを切り続けました。

 

 日本海に沈む夏の夕日は、私たちの生活にとってかけがえのない財産です。今しか味わえないこの瞬間を、日が沈むまで存分に味わいました。

日本海に沈む今日の夕日。穏やかな「あかね色」と心地よい「潮の匂い」は、今しか味わえない大自然からのご褒美
日本海に沈む今日の夕日。穏やかな「あかね色」と心地よい「潮の匂い」は、今しか味わえない大自然からのご褒美

0 コメント

No.1139 梅雨明けを思わせる一日。夏の高校野球新潟県大会もいよいよクライマックス。最後まであきらめず、頑張ってください!

 梅雨明けしたかのごとく、夏の太陽が一日じゅう顔をのぞかせた本日の上越地方です。最高気温も28度と、昨日までの蒸し暑さとは一転し、過ごしやすく感じられました。

 

 夕方、久しぶりに施設の屋上に向かいました。東の方角には米山がくっきりと。そして西の方角に目をやると、一つひとつの住宅が夕日を浴びています。どちらも気持ちが良さそうです。

 

 ところで、夏の高校野球新潟大会も昨日でベスト8がそろいました。新潟日報の紙面にあった組み合わせ表。勝ち上がったチームに赤い線を書き込んでいくのが、小生にとっての日課となっています。

 

 残念ながら上越地方の高校は、すべて敗退してしまいましたが、試合結果はどれも惜しい内容でした。秋の大会に期待したいと思います。梅雨明け同様、高校野球の成り行きに目が離せない今日、この頃です。

久しぶりに屋上に上ってみると、米山がくっきりと顔をのぞかせていました。
久しぶりに屋上に上ってみると、米山がくっきりと顔をのぞかせていました。
反対側に目をやると、あかね色に染まるうみまちの景色が飛び込んできました。
反対側に目をやると、あかね色に染まるうみまちの景色が飛び込んできました。

0 コメント

No.1135 梅雨の中休みも終わりの予感。夕刻の空を見上げながら、巣立ったツバメを想う

 今日の帰り道。西の方角に目をやると、少しずつ厚い雲がうみまちを覆ってきました。日曜日から続いた連日の青空の天気も終わりを告げようとしています。

 

 ところで、No.1125でお伝えしましたツバメの記事。その後、日中は巣を離れ、夜は巣に帰る行動を繰り返したのち、自然界に巣立っていきました。

 

 「今頃、どこで何をしているのだろうか。」夕刻の空を見上げながら、彼らの安否がやや、心配になりました。この大空を元気よく飛び回ってくれていることを、ただただ願うばかりです。

今日の夕刻は直江津駅南口。西の空から厚い雲が広がってきました。巣立ったツバメは今頃、何をしているのかな。
今日の夕刻は直江津駅南口。西の空から厚い雲が広がってきました。巣立ったツバメは今頃、何をしているのかな。

0 コメント

No.1127 梅雨らしさを感じる一日。早いもので今日が一年の折り返し地点。後半戦も素敵なドラマを期待しつつ。

 6月最後の今日。今朝からの雨と、その後の蒸し暑さに「梅雨らしさ」を実感する一日となりました。

 

 帰り道。関川の河口付近に位置する「平和記念公園」に車を停め、しばし夕刻の景色を眺めました。低く漂う鉛色の空に、直江津の街が押しつぶされそうです。そんななか、西の方角に目をやると、少しずつ水平線が明るくなってきました。

 

 7月のスタートは「晴れ」の予感。穏やかな天候を願いつつ、帰路に着きました。

今日の夕刻。関川の水面をやさしく照らす夕焼けから、心をリセットしました。
今日の夕刻。関川の水面をやさしく照らす夕焼けから、心をリセットしました。

0 コメント

No.1125 お互いにとって大切な存在。間もなく訪れる「ツバメの巣立ち」に、人生を重ね合わせる。

 先月、当施設・正面玄関にある照明器具に、ツバメが巣を作りました。スタッフ・ご利用者さん共々、慎重にその成り行きを見守ってきましたが、いよいよ巣立ちの時を迎えようとしています。

 

 エサ取りに出かけた両親の帰りを待つ4兄弟。その姿がたまらないほど微笑ましく感じられます。そして、両親の姿が近づくと一斉に「ピー・ピー」と鳴き出します。

 

 「父ちゃ~ん。」「母ちゃ~ん。」「寂しかったよ~ぅ。」「腹減ったなぁ~。」彼らの気持ちを勝手ながら想像してしまいました。

 

 きっと、人もツバメも想いは一緒かもしれません。親子のつながりについて、日々、自然界から学ばせていただく機会となっています。

両親の帰りを待ちわびる「ツバメ4兄弟」。「早く帰ってこないかなぁ~。」みんなが同じ方向を向いています
両親の帰りを待ちわびる「ツバメ4兄弟」。「早く帰ってこないかなぁ~。」みんなが同じ方向を向いています
写真右上の照明器具の上に巣があります
写真右上の照明器具の上に巣があります
今まさに再会の時。「父ちゃ~ん!」「母ちゃ~ん!」
今まさに再会の時。「父ちゃ~ん!」「母ちゃ~ん!」


0 コメント

No.1114 また一歩、季節が進んだうみまち地方。災害のない穏やかな梅雨の時期でありますように

 昨日、新潟県を含む北陸地方の梅雨入りが発表されました。昨今の報道によると今夏は水不足が懸念されています。当地域でも農作物への影響が心配されます。大雨は困りますが、適度に地面が潤うことを願うばかりです。

 

 ところで、今日の帰り道。直江津港に立ち寄りました。時刻は7時を過ぎていますが、まだまだ多くの人たちが釣りを楽しんでいます。そんななか、ただ一人カメラを片手にシャッターを切らせていただきました。のんびりとした光景に心を整えつつ、帰路に着きました。

今日の夕刻の直江津港。のんびりとした光景に、心を整える。
今日の夕刻の直江津港。のんびりとした光景に、心を整える。

0 コメント

No.1090 本日、地元・上越市大潟は33.4℃の真夏日。全国一番の暑さを記録しました

 今日の午後。大潟保健センターでの打ち合わせを終えて施設に帰るときのこと。南の方角から季節外れの熱風が吹き抜けました。

 

 それもそのはずです。気象庁の発表によると、本日の上越市大潟の最高気温は14時36分に記録した33.4℃。ちょうど帰り道の途中でした。ちなみにこの気温は、今日の全国の観測地点の中で最も高い気温でした。

 

 突然の夏の訪れに、身も心もビックリする日中となりましが、一転して夕方からは前線の通過により冷たい空気に包まれてきました。

 

 まだまだ朝晩の寒暖差により体調を崩しやすい気候が続きそうですので、くれぐれもご自愛ください。

今日の屋上からの景色。全国で一番の熱風が吹き抜けました
今日の屋上からの景色。全国で一番の熱風が吹き抜けました

0 コメント

No.1088 つつじ、新緑、日本晴れの三重奏。言葉がみつからないほどの清々しさ!

今日のうみまち。三重奏に包まれてこその、この笑顔。Kさん、ご協力ありがとうございました
今日のうみまち。三重奏に包まれてこその、この笑顔。Kさん、ご協力ありがとうございました

0 コメント

No.1066 桜舞い散る高田城址。妙高山の残雪と夜桜の共演に地元愛を感じて

標高2,454m。越後富士とも呼ばれる地元の名峰・妙高山に見守られながら、高田夜桜の開演です
標高2,454m。越後富士とも呼ばれる地元の名峰・妙高山に見守られながら、高田夜桜の開演です
高田城下に桜色のじゅうたんが敷き詰められていました
高田城下に桜色のじゅうたんが敷き詰められていました
極楽橋近くの内堀。水面に浮かぶ桜の花びらにも歴史情緒が漂う
極楽橋近くの内堀。水面に浮かぶ桜の花びらにも歴史情緒が漂う
城址公園内の道路も、今宵ばかりは歩行者天国。信号機の代わりに、月の明かりが見えました
城址公園内の道路も、今宵ばかりは歩行者天国。信号機の代わりに、月の明かりが見えました

2 コメント

No.1060 「和」と「洋」と「桜」が織りなす高田城下の春。この景色に胸が高鳴る

高田城址の外堀を埋め尽くす桜と南葉山(なんばさん)。七分咲きでも見応え十分。世界中の人たちに伝えたい、我が故郷の景色
高田城址の外堀を埋め尽くす桜と南葉山(なんばさん)。七分咲きでも見応え十分。世界中の人たちに伝えたい、我が故郷の景色
高田城三重櫓。一年でいちばん輝く時
高田城三重櫓。一年でいちばん輝く時
樹齢100歳の木々。今もなお、懸命に咲き誇る
樹齢100歳の木々。今もなお、懸命に咲き誇る

お花見の帰り道。青田川近くに建つ「旧師団長官舎」。明治43年(1910年)に建てられた歴史的建造物。入場無料
お花見の帰り道。青田川近くに建つ「旧師団長官舎」。明治43年(1910年)に建てられた歴史的建造物。入場無料
レトロな官舎内。100年前にタイムスリップ
レトロな官舎内。100年前にタイムスリップ
当時の軍人もこよなく愛した、高田の春の景色
当時の軍人もこよなく愛した、高田の春の景色


0 コメント

No.1052 桜の蕾とともに、私たちの心も膨らむ今日、この頃。本当の春の訪れまで、もう少しです

 3月18日(金)以来、5日ぶりのブログ更新となります。これまで当ブログに訪れて下さいました皆さん、お待たせしまして申し訳ありませんでした。

 

 そして、先回更新しました地域包括支援センターの「地域ケア会議」の記事。この短期間で「49いいね!」もの反響をいただきました。多くの皆さまからご共感いただきましたことに感謝申し上げます。

 

 ところで、週明けから連日の清々しい空気に包まれました、当うみまち地方。全国各地からも桜の開花が発表される等、春の訪れが身近に感じられるようになりました。

 

 当複合施設の中庭にある桜の木。こちらも順調に蕾が成長してきました。また、その他の植物たちも一斉に動き出し、ご利用者さん・スタッフ共々、春の訪れに期待を膨らませる毎日となっています!



0 コメント

No.1050 冬から春へのバトンリレー。自然の移ろいに、心を弾ませて。

 春の空気に包まれた、今日のうみまち。気象庁の発表によると、本日の上越市大潟区の最高気温は4月中旬並みとなる14.9℃を記録しました。

 

 夕刻の5時30分。久しぶりに屋上へ向かいました。夕焼けに照らされる家々。なんだか気持ちがよさそうです。今晩はきっと、楽しい家族の団らんが送れそうですね。

 仕事を終えた帰り道の途中。直江津港に高速カーフェリー「あかね」がゆっくりと体を休めていました。冬期間は運休していたあかねですが、今月から運行を再開。船体に描かれた朱鷺も、春を歓迎しているかのように見えました。

 

 今年もやってきた春の訪れ。厳しい冬の季節を乗り越えた私たちにとっては、格別の瞬間です。自然の移ろいに感謝を覚える一日となりました。


0 コメント

No.1033 霧に包まれた日本海。春に向かって、最後の試練となることを願う

 地域包括支援センターでの打ち合わせを終えて施設に帰る途中、海岸に立ち寄りました。時刻は夕方5時半を過ぎていましたが、日の入りがずいぶんと遅くなっていることを実感しました。

 

 今日の日本海。海面の所々から湯気が立ち上り、一帯に深い霧が立ち込めているように見えました。冷たい空気と温かい海水が交わってできるこの光景に、冬の厳しさを実感しながら帰路に着きました。

 

 天気予報では、今週末まで「雪マーク」が続いています。もう少し厳しい天候が続きそうですので、皆さまも体調管理にはくれぐれも、ご留意ください。

今日の日本海。海面の所々から、湯気が立ち上っていました
今日の日本海。海面の所々から、湯気が立ち上っていました

0 コメント

No.1028 「春一番」から一転、氷点下のうみまち。インフルエンザの更なる流行が心配

 「春一番」が吹いた昨日から一転、今日は再び真冬の天気に逆戻りです。

 

 気象庁の発表によると、昨日の上越市大潟区の最高気温は16.2℃。そして今日の夕方には氷点下0.2℃を記録するなど、寒暖差の激しい週明けとなりました。

 

 仕事後の帰り道。直江津駅に立ち寄りました。吹雪が舞い散るなか、背中を丸めながら迎えの車を待つ人たち。本当に寒そうです。今日も一日、お疲れさまでした。

 

 巷では、インフルエンザの流行が続いています。春までもう少しの辛抱です。「栄養」と「休養」をしっかりとって、厳しい冬を乗り越えていきましょう!

今日の直江津駅前。「春一番」で雪解けが進んだうみまちも、また「真冬の景色」に逆戻りです
今日の直江津駅前。「春一番」で雪解けが進んだうみまちも、また「真冬の景色」に逆戻りです

0 コメント

No.1023 真冬のご褒美。間もなく訪れる「星屑のステージ」にワクワクしながら、はしごを下りました

 気象庁の発表によると、今朝の上越市大潟の最低気温はなんと-6.8℃。平年を5℃以上も下回る、今年最低の気温を記録しました。

 

 出勤時。道路はカチカチに凍結しています。今日ばかりは清々しい景色を眺める余裕もなく、慎重に車を走らせながら職場にたどり着きました。

 

 夕方。仕事を終え、お約束の屋上へ。日没を迎え、空気がキンキンに冷えてきました。ちょうどその時、施設脇の踏切を「115系・湘南色(深緑・だいだい色)」の普通列車が、冷たい空気を切り裂きながら駆け抜けていきました。

冬の中休み。清々しい天気に感謝。今晩の「星屑のステージ」が楽しみ。
冬の中休み。清々しい天気に感謝。今晩の「星屑のステージ」が楽しみ。

0 コメント

No.1012 寒気明けの「青空」と「妙高山」。この景色があるから、次も頑張れる!

 大寒波が過ぎ去った今日の朝。直江津・荒川橋は今日も大渋滞。そんななか、南の方角に目をやると、雲の切れ間から「妙高山」の雄姿が飛び込んできました。

 

 「間違いなく、今日は青空の一日になるはず。」胸を弾ませながら、職場まで車を走らせました。

今日の直江津・荒川橋からの景色。雲のすき間から「飯綱山」「黒姫山」「妙高山」が顔をのぞかせました
今日の直江津・荒川橋からの景色。雲のすき間から「飯綱山」「黒姫山」「妙高山」が顔をのぞかせました

 出勤後、だんだん広場・火曜クラスに出向くため、準備を済ませて「大潟保健センター」へ。またもや、雄大な妙高に背中を押されながらのしばしのドライブ。その途中、いてもたってもいられなく、車を降りて一枚撮らせていただきました。

 

 保健センターに到着後も、広場の参加者の皆さんと今朝の妙高山の話で盛り上がりました。久しぶりの雄姿とのご対面に「とってもきれいでしたね。」「元気が出ました。」この景色が、今日一番の脳トレとなりました。

 

 今年のNHK大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地・上越。4百数十年前、上杉謙信公に景勝公、そして直江兼続公も眺めていたこの景色。この景色に鋭気を感じるとともに、「いつも見守ってくれてありがとう」と、感謝の念を覚えました。

頸城三山。左から「妙高山」「火打山」「焼山」。寒気去る後、心を落ち着かせるこの景色に感謝!
頸城三山。左から「妙高山」「火打山」「焼山」。寒気去る後、心を落ち着かせるこの景色に感謝!

0 コメント

No.1010 大寒波が猛威を振るった一日。一瞬だけ顔をのぞかせた「静かな夜」

雪明りに映える「車の轍と足跡」。明日に備えて早めに就寝。
雪明りに映える「車の轍と足跡」。明日に備えて早めに就寝。

0 コメント

No.1001 うみまちにも「遅ればせながらの冬景色」。厳しい反面、なぜかホッとする

 昨日からの冬将軍の再来。今朝目を覚ますと今季初めてとなる、まとまった降雪がありました。ちなみに、上越市の発表によると、今日の上越市大潟区の積雪は14㎝でした。

 

 慌てて支度を済まして車に乗り込むと、幹線道路は渋滞。しかし、こんなときこそ、いつも以上に安全運転を意識し、無事職場にたどり着きました。

 

 今日のデイサービスの送迎時のこと。「ようやく積もったねぇ。たまには雪が降ってくれないと冬らしくないからねぇ」とは、ご利用者のFさん。ちょっとだけ嬉しそうに見えました。

 

 ドカ雪は困りますが、久しぶりの冬景色に、なぜかこころが「ホッ」とする一日となりました。

今日のうみまち。松林の先は日本海。一年ぶりの雪景色になぜか、こころがホッとしました
今日のうみまち。松林の先は日本海。一年ぶりの雪景色になぜか、こころがホッとしました

0 コメント

No.985 「モノクロ」と「カラー」の競演。互いに映える「上越の冬」を実感!

 うっすらと雪化粧をした昨日の夕方。翌朝の雪かきに備えて就寝しましたが、目を覚ますと積雪はありませんでした。

 

 いつも通りに身支度を済ませ、いざ出勤。しかし、雪は降らずとも日本海から吹きつける冷たい季節風が身に染みます。また、空を見上げれば「鉛色の雲」。モノクロームの雰囲気に「上越の冬」を実感しました。

モノクロームの朝。渋滞する「荒川橋」の途中にて。
モノクロームの朝。渋滞する「荒川橋」の途中にて。

 そして、夕方。デイサービスセンターのご利用者様を自宅まで送り届けた帰り道でのこと。犀潟駅前を通りかかったとき、突然、鮮やかなツリーの光が目に飛び込んできました。

 

 朝の「モノクロ」と夕方の「カラー」。互いに映える「上越の冬」を実感する一日となりました。

今年も、地元の子どもたちが創ったペットボトルのツリーが光り輝く。ちょうどそのとき、特急「しらゆき」が通過!
今年も、地元の子どもたちが創ったペットボトルのツリーが光り輝く。ちょうどそのとき、特急「しらゆき」が通過!

0 コメント

No.969 今年もやってきた「冬将軍」。久方ぶりの空気感に、ふんどしを締め直す思い

 今日の上越地方。予報通りの寒気団の到来により、お昼前から急速に雨風が強まってきました。

 

 空を見上げると、冬特有の鉛色の雲が入れ代わり立ち代わり、西から東へ流れていきます。そんななか、ほんの一瞬だけ顔をのぞかせる青空が恨めしくも感じられます。

 

 夕方近く。今度は「ぱらぱら」と音を立てながら、空から「アラレ」が降ってきました。

 

 「冬の序章」のはじまりに、身も心もこたえる一日となりました。季節の変わり目です。皆さんも体調管理にはくれぐれもご留意ください。

当施設の上空に襲い掛かる「冬将軍」。ふんどしを締め直して、厳しい季節を寄り切り隊!
当施設の上空に襲い掛かる「冬将軍」。ふんどしを締め直して、厳しい季節を寄り切り隊!

0 コメント

No.966 今年のカマキリは、地上近くに卵を産んでいました。ということは、暖冬?

 週末の陽気から一転、今日は肌寒い一日となりました。今週末は「タイヤ交換」で街じゅうが忙しくなりそうな予感がしてきました。


 ところで、さいはま園のスタッフから、意外なところに「カマキリの卵の巣を見つけましたよっ」と教えてもらいました。早速、中庭に向かうと、地面近くのサツキの枝に、しっかりと巣を構えていました。


 一昨年の冬、同じ場所では、地上から1m60㎝の位置に巣がありましたので、「今年は雪の心配は不要かな?」なんて声も聞かれました。


 いずれにしても、間もなく厳しい冬の季節を迎えます。長期予報によると、今年は暖冬傾向ですが、何が起こるかわかりません。強い気持ちをもって冬に臨みたいと思います。

地上から約20㎝のところに顔を出した「カマキリの巣」。さて、今年の冬の積雪はどうなるでしょうか?
地上から約20㎝のところに顔を出した「カマキリの巣」。さて、今年の冬の積雪はどうなるでしょうか?

0 コメント

No.958 うっすらと雪化粧する頸城三山に冬の足音を実感。秋空に心を整える。

 11月も間もなく折り返し地点。年のせいでしょうか、月日が早く感じられる今日、この頃です。


 清々しい青空の日は、自然と屋上に上がりたくなってしまいます。仕事前、「今日も一日頑張ろう!」景色を胸に刻みながら、ゆっくりと深呼吸して、はしごを下りました。


 頸城三山(妙高山、火打山、焼山)もうっすらと雪化粧。下の階で窓越しに外を見つめるご利用者さんから「もうすぐ冬がやってくるねぇ」との声が聞かれました。


 今年の冬は暖冬の予報。さて、どうなるでしょうか。この清々しい秋空に心を整えながら、冬に備えたいと思います。

頸城三山もうっすらと雪化粧。今年もまた一歩、冬が近づいてきました
頸城三山もうっすらと雪化粧。今年もまた一歩、冬が近づいてきました

0 コメント

No.935 「秋深し 苗名の滝の イオンシャワー 国籍問わず ふと酔いしれる」

今日の妙高高原「苗名の滝」。紅葉とマイナスイオンに癒されました
今日の妙高高原「苗名の滝」。紅葉とマイナスイオンに癒されました

0 コメント

No.923 今季最低の気温に身震いする朝。皆さん、体調管理には十分、ご留意ください。

 今朝、目覚まし時計を止めた後、寒くてしばしの二度寝。その後、少々慌てながらの出勤の身支度となりました。


 それもそのはず。今日の上越市高田の最低気温は10.1℃。今季最低でした。これまで、半そでシャツで出勤していましたが、さすがに今日は一枚羽織って出かけました。


 午後、認知症カフェ「うみまち茶屋」の打ち合わせのため、大潟保健センターへ。帰り道は、海を眺めながら施設に戻りました。水平線の向こうの雲の切れ間を見て、清々しい明日の天気を期待しました。


 この季節、朝晩の寒暖差により体調を崩しやすくなりますので、皆さん、体調管理にはくれぐれもご留意願います。

今日のうみまちから望む日本海。寒空にちょっとだけ「寂しい想い」がしました
今日のうみまちから望む日本海。寒空にちょっとだけ「寂しい想い」がしました

0 コメント

No.921 突然の風雨のなか、10月がスタート。丸窓からこぼれる明かりに、心が動く

 穏やかだった日中の空から一転、予報通り、爆弾低気圧の影響で夕方から雨風が強まってきました。


 デイサービスからの帰りの車中、「外に干している洗濯物、大丈夫かなぁ」とはHさん。自宅に到着後、急いで取り込むのを手伝いました。軒下にかかっていたためか、ぎりぎりセーフ。嬉しそうなHさんの笑顔を見届け、施設に戻りました。


 仕事帰り。すでに街は真っ暗です。風雨が加わるその光景に一抹の寂しさを感じつつ、慎重にハンドルを握りながら車を走らせました。


 ちょうど、直江津駅前を通過するとき、駅の南北を結ぶ自由通路の明かりが目に飛び込んできました。丸窓からこぼれる優しい明かりに、ココロがほっこり。塞ぎ込みそうな気持ちをリセットさせてくれました。

今日の直江津駅南口。丸窓からこぼれる優しい明かりに背中を押されながら、帰路に着きました
今日の直江津駅南口。丸窓からこぼれる優しい明かりに背中を押されながら、帰路に着きました

0 コメント

No.918 今年も残り3カ月。先日の「うみまち茶屋」の記事。SNSの反響にビックリ。

 早いもので9月も残りあと3日。気がつけば今年も4分の3が過ぎようとしています。年のせいでしょうか。月日の早さを感じる今日、この頃です。


 ところで話は変わりますが、先日25日に公開しました、認知症カフェ『うみまち茶屋・開店』の記事ですが、わずか数日で20名を超える方々より「いいね!」ボタンを押していただきました。SNSを通して、地域の皆さまより当ブログを盛り上げていただき、スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。


 今日の夕方、久しぶりに施設の屋上に上りました。昨日の「中秋の名月」に続き、本日は「スーパームーン」です。しかしながら、うみまちの上空にはどんよりとした厚い雲が漂っていました。連日のお月見はちょっと難しいようです。


 厳しい冬を迎える前の穏やかな季節。今年の秋も存分に楽しみたいと思います。

昨夕からの快晴から一転、午後から厚い雲に覆われてきたうみまちの空。スーパームーンの姿は次回までお預けでしょうか
昨夕からの快晴から一転、午後から厚い雲に覆われてきたうみまちの空。スーパームーンの姿は次回までお預けでしょうか

0 コメント

No.911 日暮れの早まりを実感。余裕をもって安全運転を心掛け隊!

 朝から清々しい青空に包まれたうみまちでしたが、天気はゆっくりと下り坂。夕方のデイサービスの帰りの時には、大粒の雨が降ってきました。


 そんな時、送迎車の後ろから「だいぶ日が暮れるのが早くなったねぇ」との声が聞こえてきました。そうですね。雨の日はさらに、夕暮れの早さを感じさせます。


 ところで、来週の21日から「秋の全国交通安全運動」がスタートします。秋口における日没時間の急激な早まりとともに、例年、夕暮れ時や夜間には、重大事故につながるおそれのある交通事故が多発する傾向にあります。


 退社後の暗い雨のなか、いつも以上に慎重にハンドルを握りながら、帰路に着きました。

今日の帰り道の途中。直江津駅近くの跨線橋に立ちより、雨の中、しばし景色を眺めました。
今日の帰り道の途中。直江津駅近くの跨線橋に立ちより、雨の中、しばし景色を眺めました。

0 コメント

No.905 自然の脅威を痛感する昨今。被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます

 久しぶりに青空に覆われた今日のうみまちでしたが、午後から再び厚い雲に覆われ、突然の大雨が降り出してきました。不安定な天候が続く今日、この頃です。

 

 報道にもある通り、このたびの大雨により、栃木県・茨城県・宮城県を中心に甚大な被害がもたらされました。全国各地で起こり得る自然災害のリスク。その脅威を改めて感じさせる出来事です。

 

 被災された皆様のご無事を心よりお祈り申し上げますとともに、お見舞い申し上げます。

めまぐるしく移り変わる昨今の天候。このたびの大雨により被害に逢われました方々に心よりお見舞い申し上げます
めまぐるしく移り変わる昨今の天候。このたびの大雨により被害に逢われました方々に心よりお見舞い申し上げます

0 コメント