No.1651 押し花の可憐さに心が動く。ワクワク・ドキドキする気持ちは生涯、現役!

 しおさいの里地域包括支援センターです。頸城くらし支援室に続き、本日は大潟くらし支援室からのご報告です。

 

 去る11月30日(金)に、大潟区認知症カフェ『うみまち茶屋』が開催され、当日は33名の地域の皆さまよりご参加いただきました。

 

 今回のミニ講座は『押し花はがき』作りです。「指先を動かし、脳の活性化を図る」ことを目的にしました。当日は、講師として奥田広美さんをお招きし、和気あいあいとはがき作りに勤しみました。

 

 「是非、作ってみたいなぁ」と、うみまち茶屋に初めて参加してくださった方も含めて、女性ならではの視点で色とりどりの様々な作品が出来上がるとともに、「次回もまた開催してほしいなぁ。」とのお言葉もいただくことができました。支援する側としても、心から嬉しい気持ちになりました。

 

(大潟くらし支援室 小山)

奥田先生による『押し花のつどい』。興味津々な参加者の皆さん
奥田先生による『押し花のつどい』。興味津々な参加者の皆さん
心が自然と動き出します
心が自然と動き出します
私にもできました!
私にもできました!


0 コメント

No.1650 頸城区で認知症カフェ『あやめ茶屋』が開設されました!

 しおさいの里地域包括支援センター・頸城くらし支援室です。

 

 当地域(頸城区)では、このたび地域団体「NPO法人くびき振興会」さんが主体となり、認知症カフェ『あやめ茶屋』が開設されました。

 

 ちなみにネーミングにある「あやめ」は、地元・頸城区の花に選ばれています。雪国の遅い春が初夏に移る頃、あちこちに紫や白色の花が咲き、季節の変わり目を知らせてくれます。

 

 そんな可憐なあやめにあやかって、認知症をテーマにした地域交流の場が生まれました。当センターもこのカフェを支えるべく、後方支援をさせていただきます。地域の皆さま、新たな試みとしてスタートした「あやめ茶屋」をどうぞ、よろしくお願いいたします!

(頸城くらし支援室 小林)


0 コメント

No.1649 頸城区「第1回地域ケア会議」を終えて(しおさい包括・頸城くらし支援室)

 今年4月に上越市内の地域包括支援センターが再配置され、当法人では新たに頸城区を担当させていただくことになり、「頸城くらし支援室」を設置しました。これまで頸城版”地域ケアシステム”の構築に向けてご尽力いただいた前センター(上越市社会福祉協議会様)からバトンを受け取り、はや8ヶ月が経過しました。これまで多くの地域の関係者の皆さまからご指導ご鞭撻を頂きながら歩み、初めての地域ケア会議を開催させていただくところまでやってきました。

 

 当日は、頸城区全域から63名の関係者の皆さまからご参集いただきました。最初に上越市高齢者支援課・細谷副課長より「上越市における地域包括ケアシステムの推進」についてご講義をいただき、上越市や頸城区の現状、地域包括ケアシステムの目指すところとその取り組み、地域で支える仕組みづくりの必要性について学び、理解を深めました。

 

 そして、地域での先進的な取り組みをされている頸城地区公民館明治分館協議会様から「いきいき人生(爺婆)笑って元気事業(上越市地域活動支援事業)」について実践報告をいただき、健康寿命を延ばし、いきいきと毎日を過ごせることを目指して、運営委員の皆さまの創意工夫による取り組みを知り、現状における課題について地域全体で共有しました。

 

 最後のグループワークでは、上記の講義と実践報告を踏まえて、頸城区内の3地区別に編成したグループによる話し合いや意見交換を行いました。終始リラックスした雰囲気の中で自由な発想やアイデアを出していただけるように、ワールドカフェ形式を採用して有意義な会議となりました。参加者の皆さまそれぞれの立場の理解が深まり、お互いの距離感がグッと縮まったように実感しました。

 

 「プロ任せではなくみんなで支える体制」を一緒に考え、共有することができたことはとても貴重な体験であり、地域包括ケアシステムを推進していく新たな一歩になったを考えています。グループワークでいただいた皆さまの声を少しでも反映させて、みんなが暮らしやすい地域になるように地域の皆さまとチームで取り組んでいきたいと思っています。時節柄ご多用の中、ご出席くださった皆さま、ありがとうございました。

(頸城くらし支援室 社会福祉士・佐藤)

頸城地区公民館明治分館協議会の実践報告に聞き入る出席者の皆さん
頸城地区公民館明治分館協議会の実践報告に聞き入る出席者の皆さん
その後のグループワーク。ワールドカフェ形式に互いの距離もグッと近づいた?
その後のグループワーク。ワールドカフェ形式に互いの距離もグッと近づいた?

0 コメント

No.1647 希望館で感じた「ささやかな幸せ」。冬を目の前に、いっぱい充電させていただきました

 約1週間ぶりの更新となりました。訪れて下さいました皆さま、お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

 

 この間、みぞれが降るほどの肌寒い日が続いたり、一転して小春日和のお天気になったりと天候が目まぐるしく変化しています。また、上越市内の中学校の一部では、すでにインフルエンザによる学級閉鎖の措置がとられているとのことで、こちらも気がかりなところです。

 

 さて、本日は「頸城区・地域ケア会議」に参加するため、会場となった「ユートピアくびき希望館」まで出かけてきました。その途中、会議室の窓から外の景色を眺めると、そこには文字通り「ユートピア(理想郷)」が広がっていました。

 

 これから迎える冬の季節を前に、今日は心身ともに充電させていただきました!

希望館2階からの景色。秋の深まりも最終章
希望館2階からの景色。秋の深まりも最終章
季節の移ろいに心も動きました
季節の移ろいに心も動きました

0 コメント

No.1645 晩秋の都心をスーツ姿でウォーキング。ちょっと怪しかったかもしれません

 本日はさいはま園が所属する関東・甲信越地区身体障害者施設協議会の会議に出席するため、東京は霞が関にあります全国社会福祉協議会まで出かけてきました。

 

 初冬を思わせるような鉛色の空と肌寒さに包まれた今朝の上越から一転、青空に包まれる東京地方。そんなうらやましいほどの清々しい晩秋の都心を肌で感じたくて、急きょ東京駅で下車し、会場まで歩くことにしました。

 

 距離にして約3キロ。皇居外苑や桜田門、さらには国会議事堂の前を通り抜けました。途中、多くの外国人観光客やジョギングを楽しむ人たちとすれ違いましたが、ビジネススーツでキョロキョロ周りを眺めながら早歩きしているのは小生だけのようでした。

 

 当然のごとく、会議終了後も徒歩で東京駅まで戻りました。昼間とまた違った光景(夜景)を眺めながらのビジネスウォーキングも最高でした。

(管理人)

一人ウォーキング大会も無事終了。KITTE4階にある「旧東京中央郵便局長室」の窓越しから記念に一枚
一人ウォーキング大会も無事終了。KITTE4階にある「旧東京中央郵便局長室」の窓越しから記念に一枚

0 コメント

No.1643 心が動くパンジーの寄贈。今年もありがとうございました

 昨日、上越市老人クラブ連合会様より、毎年恒例となるパンジーの寄贈を受けました。

 

 早速、ご利用者さまのもとにお届けし、皆さんと花を観賞しました。ちなみにこの花を育てて下さったのは「さくら園フラワーセンター」さんです。今年もたいへんありがとうございます。

 

 ところで、パンジーの花言葉。紫は「誠実」、白は「温和」、黄色は「つつましい幸せ」とのことであります。

 

 花言葉を胸に秘め、明日からまたスタッフ一丸となって日々の生活支援に努めていきたいと思います。このたびは素敵なプレゼント、ありがとうございました!

中庭のベンチがちょっと寂しそうだったので、頂いたパンジーを添えてみました
中庭のベンチがちょっと寂しそうだったので、頂いたパンジーを添えてみました

0 コメント

No.1642 湧き水のごとく、ぶくぶくと笑顔が湧き上がる「うみまちフリーマーケット」となりました!

 先週は11月10日の土曜日、「第5回・うみまちフリーマーケット」が当施設で開催されました。

 

 当日は、しおさいの里のスタッフが集めたバザー品をはじめ、地元・幼年野球チーム「浜小フェニックス」さんやパン屋「ゆめちよ」さん、そして高田本町にあります「喫茶あじさい」さんのクレープの販売がありました。

 

 ご利用者さんに喜んでいただけたことはもちろんのこと、当日はたくさんの地域住民の方々から足を運んでいただいたことにも驚きを感じた次第であります。

 

 回を追うごとに、年代を超えた交流の輪が広がっていることを実感したフリーマーケット。次回も楽しみになりました。ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました!

ご利用者さん、好みのものに出会えましたか?
ご利用者さん、好みのものに出会えましたか?
子どもたちの元気な声。じゃんけんゲームも良かったですよ
子どもたちの元気な声。じゃんけんゲームも良かったですよ
浜小フェニックスさん、いつもありがとうございます
浜小フェニックスさん、いつもありがとうございます
「ゆめちよ」さんのパンも、いつものごとく飛ぶように売れていきました
「ゆめちよ」さんのパンも、いつものごとく飛ぶように売れていきました
初出店となった「喫茶あじさい」さん。クレープ、美味しかったです(画像をクリックするとあじさいさんの紹介ページに移動:出展「UXテレビホームページ『まるどり』http://www.uxtv.jp/marudori/backnumber/324土%ef%bc%89もうすぐ春ですね♪桜を感じてみませんか/」より))
初出店となった「喫茶あじさい」さん。クレープ、美味しかったです(画像をクリックするとあじさいさんの紹介ページに移動:出展「UXテレビホームページ『まるどり』http://www.uxtv.jp/marudori/backnumber/324土%ef%bc%89もうすぐ春ですね♪桜を感じてみませんか/」より))

0 コメント

No.1640 『富山型デイサービス』に、年齢や障がいを越えたつながりを実感しました!

 当複合施設では、地域共生社会に対する理解を深めること、ならびに当デイサービスセンターの機能を強化する一環として、去る10月21日(日)に先進地である富山県まで出かけてきました。

 

 午前中は、子どもからお年寄りまで、年齢や障がいに関わらず地域に暮らすすべての方々を受け入れる『富山型デイサービス』を実践する「おらとこ」さんを見学させていただきました。代表の野入さまより施設内をご説明いただきましたが、介護のあり方に対する熱い想いを含め、多くのことを学ばせていただきました。

 

 午後からは「サンシップとやま」で開催されました「共生地域福祉フォーラム」に参加しました。主催された「富山ケアネットワーク」の20周年に対してのイベントが盛大に行われ、地域の介護事業所や当事者、家族、地域の方々の距離の近さを感じました。また、地域全体でケアを行っていることを強く実感することができ、20年で築き上げてきたサービスの方向性が浸透しているのだなと思いました。

 

 その後のパネルディスカッションでも、障がいのある方々の思いや「今、わが町に求めるもの」に対して、パネリストの方々の熱意を強く感じました。

 

 富山型は、現在の福祉事業のあり方として、地域との関わりはもちろん、行政も近い距離感でいい関係ができていると思いましたし、自分たちの施設でも取り入れられることを考え、今後のより良いサービスにつなげていきたいと思います。

(生活相談員兼介護職員 大島)

「おらとこ」さんの外観。覗いてみたくなります
「おらとこ」さんの外観。覗いてみたくなります
懐かしさとワクワク感が同居していました
懐かしさとワクワク感が同居していました

記念に一枚。ありがとうございました
記念に一枚。ありがとうございました
熱気に包まれたフォーラム。私たちも頑張ります!
熱気に包まれたフォーラム。私たちも頑張ります!


0 コメント

No.1631 日本海の恵みに感謝。魚たちからたくさんの英気を養いました!

 秋の行楽日和。しおさいの里等複合施設では、入所されている皆さん、デイサービスや介護予防教室だんだん広場の皆さん、そして地域のボランティアさんを含め、連日にわたり「上越市立水族博物館”うみがたり”」を訪問させていただいております。

 

 ところで、うみがたりと言えば、当ホームページへのアクセス数9万件達成を記念して、櫻水族館長さまよりお祝いのメッセージをいただきました。館長さんならびにスタッフの皆さま、その節はたいへんお世話になりました。

 

 本日は「だんだん広場・水曜クラス」のバスハイクに小生も同行いたしました。6月のオープンから自身、3度目の訪問となりましたが、今回も生き物たちからたくさんの元気をいただく機会となりました。

 

 ちなみに、館内にある『うみがたり大水槽』では日本海に生息するなじみのお魚たちが元気よく泳いでいます。そんな魚たちに生命の神秘さを感じていると、自然とお腹が空いてきました。

 

 そして、水族鑑賞のあと向かった先は、近くにあります老舗料亭「松風園」さんです。昼食は当然のごとく「お魚づくし」。見た目も味も格別です。ご利用者の皆さんと自然の恵みをありがたく頂戴し、帰路に着きました。

「うみがたり大水槽」で元気に泳ぐ魚たち。生命の神秘さを実感
「うみがたり大水槽」で元気に泳ぐ魚たち。生命の神秘さを実感
続いて「松風園」さんでの昼食。一口ひとくち、自然の恵みをありがたく頂戴しました
続いて「松風園」さんでの昼食。一口ひとくち、自然の恵みをありがたく頂戴しました
今日の仕事帰り。営業終了後も地域に明かりをともす「うみがたり」
今日の仕事帰り。営業終了後も地域に明かりをともす「うみがたり」

0 コメント

No.1622 民生委員児童委員さんは、地域包括ケア実践の大切なパートナーです。これからもよろしくお願いします!

 先月は9月11日の出来事に遡りますが、当複合施設に『柿崎地区民生委員児童委員』の皆さまが視察研修のため来所されました。

 

 当法人からはしおさいの里・夕映えの郷それぞれの担当者からの施設概要ならびに、地域包括ケアに関する当法人としての取り組みについて説明をさせていただきました。

 

 途中、介護予防教室「だんだん広場」の脳トレも体験していただきながら、楽しく研修会を進めさせていただきました。

 

 民生委員児童委員さんは、地域包括ケアの実践になくてはならないパートナーです。そんな皆さまを心強く感じた次第です。今後とも地域のサポートをよろしくお願いします。

(副統括施設長 竹田)

視察研修の様子
視察研修の様子
皆さん、熱心に耳を傾けてくださいました
皆さん、熱心に耳を傾けてくださいました
脳トレも体験していただきました
脳トレも体験していただきました


0 コメント

No.1620 本日の新潟日報朝刊に、認知症啓発に関する広告記事を掲載しました

 社会福祉法人上越頸城福祉会しおさいの里では、昨年度から始まった新潟日報社「地域包括ケアネット ささえ~る+」新潟・認知症啓発キャンペーン~一人ひとりが、サポーター。つなぐ広げるオレンジの輪~に協賛しています。

 

 ちなみに、この広告企画は「第12回全日本広告連盟・鈴木三郎助地域キャンペーン大賞」に選ばれています。

 

 本日の新潟日報朝刊に特集紙面ならびに当複合施設の紹介記事が掲載されておりますので、ご覧いただけると幸いです。

 

 加えて、9月15日発行の新潟日報「おとなプラス」の特集記事にて、新潟県社会福祉士会の活動が掲載されており、当地域包括支援センターの荒井社会福祉士と介護予防教室「だんだん広場」の活動にかんする取材記事が紹介されていますのでこちらもご覧ください。


0 コメント

No.1618 ブログ更新が滞ってしまい、申し訳ありません。まだまだ頑張ります。先ずはラン伴のご報告から

 皆さん、ご無沙汰しております。本日は9月14日以来、約10日ぶりの更新となりました。

 

 これまで、当ブログにご訪問いただきました皆さま、たいへん申し訳ありませんでした。この間、いろいろとお伝えしたいことがあったのですが、なかなかパソコンのキーに向き合うことができず本日に至ってしまいました。

 

 ところで、ブログ再開の記事は去る9月15日(土)に行われた『ラン伴』から。当複合施設もその一員として活動をさせていただきました。

 

 雨の中、地元上越市大潟区・頸城区を地域の皆さんと一生懸命駆け抜けました。途中、思いもよらぬ歓迎を受け、地域の皆さまの心強さを感じた次第であります。これからも地域のためにスタッフ一同、力を尽くしていきたいと思います!

雨の中。地域をタスキでつないできました
雨の中。地域をタスキでつないできました
その時、雨が止みました。日本海も優しく迎えてくれました
その時、雨が止みました。日本海も優しく迎えてくれました
しおさいの里の近く。ちょうど電車が通過していきました
しおさいの里の近く。ちょうど電車が通過していきました
こんなに大々的に応援して下さって感激です。ありがとうございました!(上越市頸城区城ノ腰地区)
こんなに大々的に応援して下さって感激です。ありがとうございました!(上越市頸城区城ノ腰地区)

0 コメント

No.1615 平成30年北海道胆振東部地震へのお見舞いについて

 このたびの北海道胆振東部地震で被災されました皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、被災地域の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 

しおさいの里等複合施設 スタッフ一同


0 コメント

No.1611 突然のお神輿の訪問。犀潟町内会の皆さん、元気と勇気をありがとうございます!

 今日の夕方のこと。施設の外から威勢の良い声と爆竹の音が聞こえてきました。

 

 急いで玄関に向かうと、犀潟町内会のお神輿が当施設に近づいてきます。そうでした。今日は地元・犀潟諏訪神社の秋祭りです。青年会の皆さんが今年もとびきりの元気と勇気を届けて下さいました。

 

 突然の訪問に慌てて玄関前に集まるご利用者の皆さん。そして、施設の2階から声援を送る皆さん。1年ぶりの再会を心待ちにしていたようです。

 

 地域の皆さん、いつも本当にありがとうございます。暑いハートを持った皆さんとともに、これからも街の元気に貢献していきたいと思います!

いつも全力投球。犀潟町内会の皆さん
いつも全力投球。犀潟町内会の皆さん
記念に、おみこしと記念撮影させていただきました
記念に、おみこしと記念撮影させていただきました

0 コメント

No.1610 「ラン伴2018新潟」の成功を願い、今年も心を込めてタスキを作りました!

 しおさいの里・チクチク倶楽部です。先週は8月22日、ご利用者様と地域ボランティアさんとともに『ラン伴2018 新潟』で使用されるタスキの作成を行いました。

 

 タスキは7本あり、I職員の提案で端に刺繍糸をチクチク。タスキ1本1本色を分け、7色の虹になるようなイメージで刺繍糸を縫いつけた後、二つに折りスナップボタンを付け、最後はボランティアさんが作ってくれた毛糸の可愛らしい花をつけて完成です。

 

 今回はタスキの納期が迫っていたため(25日には新潟に届けなければならなかった)、いつもに比べ、やや言葉数が少なかった倶楽部活動となりました。約2時間、集中して頑張りましたが当日には完成することができませんでした。すると、ボランティアのYさんから「残りは家に帰ってやってきますよ!」と心優しいお言葉があり、最後をお願いしました。

 

 みんなで作ったタスキが人と人とをつなげていきます。当地域では9月15日(土)に開催です。是非とも皆さん、応援よろしくお願いします。

(生活相談員 縄)


0 コメント

No.1609 大雨による避難勧告。福祉避難所を開設しました

 本日、上越市地域では大雨による土砂災害の危険が高まったため、市内の2万4千世帯、約6万2千人に避難勧告が発令されました。

 

 今回、避難勧告の対象地域となった頸城区の障がいがある方々の避難先として、当施設(さいはま園)にも上越市から福祉避難所の開設要請があり、終日にわたり市職員さんとともに受け入れ態勢を整えました。

 

 その後、土砂災害や河川の氾濫のおそれがなくなったことから、市内に発表していた避難勧告は夕方にすべて解除されました。

 

 異常気象と言われる昨今、災害はいつ起きるかわかりません。いざという時にも地域の安全を守れるよう、日頃からスタッフ一同、意識を高めていきたいと思います。


0 コメント

No.1608 平成30年豪雨被害に対する義援金ご金活動のご報告

 平成30年7月の豪雨災害により被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

 しおさいの里等複合施設では、当災害支援の一環として施設内に義援金箱を設置し、募金活動を行いました。

 

 その結果、皆さまからお寄せいただきました義援金総額が24,226円となりましたことをご報告申し上げます。この義援金は8月20日、日本赤十字社上越市地区事務局(上越市役所福祉課内)に届けさせていただきました。

 

 このたびは多くの皆さまの温かいご支援・ご協力に心よりお礼申し上げます。


0 コメント

No.1594 暑い中、元気いっぱいに交流を深めた『おおがた七夕☆絆まつり 2018』

 7月14日(土)、「おおがた七夕☆絆まつり 2018」が開催されました。

 

 昨年に続き2回目となるイベント。今年も仙台から譲り受けた七夕飾りと当地域の福祉関係団体がコラボレーション。とても蒸し暑い一日となりましたが、当日は600人の地域の皆さんからお越しいただきました。

 

 当法人も趣旨に賛同し、しおさいの里等複合施設、夕映えの郷、そしてまちづくり大潟さんから委託を受けて実施している「認知症カフェ・うみまち茶屋」から出展をさせていただきました。

 

 今年も多くの皆さまと交流を深めることができたことを嬉しく感じるとともに、「地域福祉の更なる向上」という使命感を強く感じた次第です。これからも皆さんと力を合わせて明るく、元気な地域づくりに努めていきたいと思います!

チクチク倶楽部の出前販売コーナー
チクチク倶楽部の出前販売コーナー
スポーツ体験コーナー。電子モグラたたきが大好評
スポーツ体験コーナー。電子モグラたたきが大好評

今年も仙台の七夕飾りが心地よく風を受けていました
今年も仙台の七夕飾りが心地よく風を受けていました
暑い中、100人分の焼きそばを焼き続けた夕映えコーナー
暑い中、100人分の焼きそばを焼き続けた夕映えコーナー
うみまち茶屋の「シュワシュワ・ドリンク」コーナー
うみまち茶屋の「シュワシュワ・ドリンク」コーナー


0 コメント

No.1593 ひと指塗るごとに『ドキドキ』。心の中から若返りました!

 去る7月10日(火)、市内にあります『ネイルドアー・スクール』の皆さんがボランティアに訪れ、しおさいの里とさいはま園のご利用者さまにネイルを施してくださいました。

 

 当日を心待ちにしていたご利用者の皆さん。爪のお手入れはもちろんのこと、ネイリストさんと楽しそうに会話する姿。また終了後もずっと自分の爪を嬉しそうに眺める姿を拝見し、企画した自身もほっこりとした気持ちにさせていただきました。

 

 「乙女心」は生涯現役です。これからも地域の皆さんのお力をいただきながら、素敵な時間を創っていきたいと思います。ネイルドアー・スクールさん、このたびは貴重な機会をありがとうございました。

 

(生活相談員 松村)

ネイルドアー・スクールさんのボランティア訪問。どのテーブルも幸せオーラに包まれていました
ネイルドアー・スクールさんのボランティア訪問。どのテーブルも幸せオーラに包まれていました
「私に似合うかしらねぇ。」
「私に似合うかしらねぇ。」
ひと塗りごとに、乙女の気持ちがよみがえる
ひと塗りごとに、乙女の気持ちがよみがえる

「どの色にしようかなあ。」選ぶ楽しさも実感しました
「どの色にしようかなあ。」選ぶ楽しさも実感しました

0 コメント

No.1591 平成30年7月豪雨被害への義援金ご協力のお願い

 平成30年7月豪雨災害により、西日本を中心に甚大な被害が発生しています。この災害で被災された方々を支援するため、現在しおさいの里等複合施設では義援金を受け付けております。

 

 ご賛同いただける方は、来月8月17日(金)まで正面玄関脇・事務所カウンターに義援金箱を設置しますので、ご協力いただきますようお願いいたします。

 

 なお、この義援金は日本赤十字社上越市事務局(市役所福祉課内)を通じて確実に被災地にお届けします。


0 コメント

No.1585 西日本豪雨災害へのお見舞いについて

 このたびの西日本を中心とした豪雨により被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げるとともに、復興にご尽力されている皆様には、安全にご活躍されることをお祈りいたします。

 

 たいへんなご事態に、ご苦労も多いこととは存じますが、皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。

 

スタッフ一同

 

(本日予定しておりました当ホームページ・アクセス数9万件達成・お祝いメッセージのご紹介は明日に延期させていただきます。ご了承くださいますようお願いいたします。)


0 コメント

No.1578 この景色は『半端ないって!』。上越に生まれ育ったことを誇りに感じました

 今日も一日中、真夏のような太陽が照りつけた上越地方です。まだ、7月が始まったばかりなのですが、連日の暑さに今年の夏が思いやられる今日、この頃です。

 

 ところで、今日の仕事帰りのこと。夕焼け空に誘われて、車は自然と自宅近くの「うみがたり」へ。時刻も夕刻7時を迎えていますが、たくさんのお客さんで賑わっています。

 

 そんな小生も迷わず3階にある「日本海テラス」へ向かうと、想像通りの絶景が飛び込んできました。

 

 まさにこの景色、『半端ない!』です。夏の日本海って、どうしてこんなに美しいのでしょうか。他のお客さんとともに、その成り行きを見守りました。

 

(各画像をクリックして拡大)

今日の「うみがたり」からの夕焼け。今年もやってきた夏色の季節
今日の「うみがたり」からの夕焼け。今年もやってきた夏色の季節
ちょうどその時。「日本海テラス」にたくさんの人が集まってきました
ちょうどその時。「日本海テラス」にたくさんの人が集まってきました
あらっ、何ということでしょう。「うみがたり大水槽」と日本海が一体化。私の心も充電200%!
あらっ、何ということでしょう。「うみがたり大水槽」と日本海が一体化。私の心も充電200%!

0 コメント

No.1576 『おおがた七夕☆絆まつり2018』のお知らせです!

 本日は地域の福祉まつりのお知らせをさせていただきます。

 

 来たる7月14日(土)、大潟コミュニティプラザにおいて『おおがた七夕☆絆まつり2018』が開催されます。「まちづくり大潟」さんと「上越市社会福祉協議会大潟支所」さんの主催によるこのイベントでにおいて、当複合施設も協力団体としていっしょに参加をさせていただきます。

 

 また、今年は特別企画として、認知症介護に関する実体験を絵日記とともに語っていただく講演会も企画されています。

 

 当日は、地域福祉の向上に関係団体が力を合わせて福祉の魅力を発信します。地域の皆さま、是非とも大潟コミュニティプラザにお越しください!


0 コメント

No.1573 グランド・オープンを待ちきれず、上越市立水族博物館『うみがたり』へ。人も生き物も、みんなの目がキラキラしていました!

 6月26日(火)のグランド・オープンを目前にした上越市立水族博物館『うみがたり』。6月21日から24日の4日間、上越市民を対象とした「プレミアム・デー」として開放されています。

 

 本日はしおさいの里を代表して、小生がうみがたりに突撃取材してきました。屋外の列に並ぶこと1時間。年間パスポートを購入し、いざ入館です。

 

 改札口を抜け、エスカレーターで一気に3階に向かうと、圧倒的な存在感を示す日本海が目の前に飛び込んできました。そして、イルカにペンギン、たくさんの魚たちの姿に十分すぎるほど心が癒されました。

 

 観賞を終え、心の芯まで優しい気持ちになれるとともに、更なる元気が湧いてきました。ありがとう、うみがたり。お互いに地域を盛り上げていきましょう!

 

(各画像をクリックして拡大)

(管理人)

#上越市 #上越市立水族博物館 #うみがたり #グランド・オープン
6月26日のグランドオープンを待ち切れず、上越市民プレミアム・デー(先行入館)へ!
#上越市 #上越市立水族博物館 #うみがたり #グランド・オープン
楽しみにしていた『日本海テラス』。目の前の海と一体化した景色に感動。次は夕暮れ時に訪れたい
#上越市 #上越市立水族博物館 #うみがたり #グランド・オープン
『うみがたり大水槽』。中央に浮かぶは佐渡島。そしてデッキは新潟の海岸線。粋な見せ方に感嘆。こちらも『いいね!』
#上越市 #上越市立水族博物館 #うみがたり #グランド・オープン
イルカショーの開演を待ちわびる市民の皆さん。老若男女、みんなの目がキラキラしていました
#上越市 #上越市立水族博物館 #うみがたり #グランド・オープン
そして、バンドウイルカのダイブに大歓声。日本海をバックに圧巻のパフォーマンス
#上越市 #上越市立水族博物館 #うみがたり #グランド・オープン
ちょっと、私たちのことも忘れないでね。世界一の飼育数を誇るマゼランペンギン。愛くるしいその姿に癒されました

0 コメント

No.1568 うみがたりのオープンまで1週間。1年ぶりにペンギンの鳴き声に出会えました

 約1年間にわたり休館していました上越市立水族博物館ですが、来週の6月26日(火)、新たに「うみがたり」としてグランドオープンします。

 

 今日の仕事帰り。オープン前のうみがたりに立ち寄りました。すでに工事は終了し、あとはお客さんを待つばかりとなっています。

 

 ちょっとだけ入口に近づいてみると、早速、かわいらしいペンギンのオブジェがお出迎えしてくれました。そして、前方にある建物からは、元気なペンギンたちの声が心地よい浜風に乗って聞こえてきました。

 

 待ちに待ったうみがたりのオープン。うみまちのシンボルとしての活躍を期待しています!

マゼランペンギン飼育数が世界一のうみがたりにふさわしいオブジェ。卵から口ばしを出す姿に期待値もアップ!
マゼランペンギン飼育数が世界一のうみがたりにふさわしいオブジェ。卵から口ばしを出す姿に期待値もアップ!

0 コメント

No.1549 子どもたちの元気な声。健やかな成長を願い、地域みんなで見守っていきたいと思います

 全国的に季節外れの暑さとなった本日。気象庁の発表によりますと、上越市大潟区の最高気温は7月下旬並みとなる28.3℃を記録しました。

 

 桜の開花の早さに始まり、今年の気候はいつもよりひと月ぐらい早く進んでいるような気がする昨今。この夏の暑さが気になるところです。

 

 ところで、蒸し暑さの残る今日の夕刻のこと。当施設のお隣りにある「犀潟駅南公園」には、元気な声が響いています。施設の2階から屋外に目をやると、ご近所の子どもたちとお母さん方の楽しむ姿がありました。

 

 次世代を担う子どもたちの健やかな成長を、これからも見守り続けていきたいと思います。何かあればご遠慮なく、お声がけください。

今日の夕刻の犀潟駅南公園。お隣からそっと、見守っていますよ!
今日の夕刻の犀潟駅南公園。お隣からそっと、見守っていますよ!

0 コメント

No.1542 新緑と若人のフレッシュなコラボレーションに、心の底から勇気が湧いてきました!

 春の陽気に誘われて、今日は新緑まぶしい高田公園へ。到着すると駐車場は満車状態。ちょうどその時、陸上競技大会と高校野球大会が行われていました。

 

 観桜会が終わっても輝きを放ち続ける公園内。でも一番の主役はスポーツに全力で向き合う選手たちの輝かしい姿。

 

 その若人たちのひたむきな姿勢に自然と心が動かされるとともに、回想法のごとく若かりし頃の自分を重ね合わせました。

 

 次代を担う皆さんはまさに、地域の宝です。将来、私たちといっしょに地域を支えてくれる存在となることを心から願います。是非とも、このふるさとで青春時代を謳歌してください!!!

 

(各画像をクリックして拡大)

新緑がまぶしい今日の高田公園。三重櫓も若葉に隠れています
新緑がまぶしい今日の高田公園。三重櫓も若葉に隠れています
こちらはリニューアルされた陸上競技場。スタートの緊張感。選手の皆さん、頑張って!
こちらはリニューアルされた陸上競技場。スタートの緊張感。選手の皆さん、頑張って!
野球場にも元気な声が。試合前の高校球児たち
野球場にも元気な声が。試合前の高校球児たち

0 コメント

No.1535 継続は力なり。だんだん広場も5年目に突入!

 お久しぶりの介護予防教室「だんだん広場」です。先週から気持ちを新たに新年度の活動をスタートさせました。

 

 週1回、年間にして約50回の活動による心身の活性化と仲間との交流の場所。気がつけば、開設から火曜クラスは丸4年、木曜クラスは3年半、そして水曜クラスでは3年が経ちます。

 

 年齢を重ねるごとに輝きを増す参加者の皆さん。スタッフ一同、まさに「継続は力なり」を実感しています。

 

 皆さんのその元気な姿が、まちの活性化にもきっとつながるはず。これからも皆さんのご活躍の一助になれればと思います!

5年目に突入した介護予防教室「だんだん広場」。今週は「効果測定(脳・体力テスト)」週間です
5年目に突入した介護予防教室「だんだん広場」。今週は「効果測定(脳・体力テスト)」週間です
こちらは握力測定の様子
こちらは握力測定の様子
柔軟性にやや難がある人を発見
柔軟性にやや難がある人を発見


0 コメント

No.1526 コスモス会の皆さんの素敵な笑顔。これからも地域で輝き続けていただき隊!

 昨日、日頃から当複合施設に入所されるご利用者さまの「美容支援」にご協力をいただいております「コスモス会」の皆さまより、車いすと使い捨てエプロン(感染症対策用品)のご寄付をいただきました。

 

 毎年のご寄付に心から感謝を申し上げますとともに、心強い皆さまと志を一つにしてさらに地域を元気にしていきたいと再認識させていただきました。今後ともよろしくお願いいたします!

とっても笑顔が素敵な「コスモス会」の皆さまとの記念撮影
とっても笑顔が素敵な「コスモス会」の皆さまとの記念撮影

0 コメント

No.1520 こちらも当地域の春の風物詩。上越市のオアシス「樹下美術館」がオープン

 昨年秋より準備を進めてきました「しおさいの里地域包括支援センター」の開設まで残り半月となりました。最終準備に追われる当包括支援センターの6人のスタッフの皆さん、開設までのラストスパート、よろしくお願いしますね。

 

 ところで、今日の夕刻のこと。当センター頸城くらし支援室・開設準備室からの帰り道の途中、しおさいの里の近くにある「樹下美術館」に立ち寄りました。

 

 約3か月間の冬期休館を経て、今日から12年目の開館です。「ごめんくださ~い。」と玄関を入ると、杉田館長さんが温かく出迎えてくださいました。突然の訪問にも快く応じていただきありがとうございました。

 

 樹下美術館の開館も、当地域にとっては春の訪れを感じさせてくれる大切な存在です。今年もどうか、「上越市のオアシス」として、たくさんの人たちの支えであってほしいと願いつつ、帰路に着きました。

本日、12年目の開館を迎えた樹下美術館。館長のブログ「樹下のひととき」もよろしくお願いします
本日、12年目の開館を迎えた樹下美術館。館長のブログ「樹下のひととき」もよろしくお願いします
美術館の庭から、米どころの季節の移ろいを感じることもできます
美術館の庭から、米どころの季節の移ろいを感じることもできます

0 コメント

No.1509 気がつけば明日から3月。「うみまち」の「ものがたり」に新たな期待への想いが高鳴る!

 早いもので2月とも今日でサヨナラです。いよいよ明日から3月。その言葉の響きだけで心の中がうずうずと動き出しそうです。

 

 そんな帰り道のこと。気分転換を図るため、よく「イトーヨーカドー」の屋上からの直江津の景色にお世話になる小生ですが、今日はちょっとだけルートを変えてみました。

 

 下の写真はヨーカドーの北側に位置する「上越市立水族博物館~うみがたり~」の建設現場です。今年6月のオープンに向け、夜遅くまで工事が行われています。

 

 輝く外観をみて、期待感がますます大きくなってきました。現在、横浜八景島シーパラダイスに引っ越し中のマゼランペンギンをはじめ、新たに常設展示されるシロイルカとバンドウイルカ、加えて日本海に生息する魚たちとの出会いを今から心待ちにしています!

建設中の「上越市立水族博物館~うみがたり~」。現代的なその外観に、心の中にワクワク感がこだました!
建設中の「上越市立水族博物館~うみがたり~」。現代的なその外観に、心の中にワクワク感がこだました!

0 コメント

No.1500 ピョンチャンで頑張るオリンピアンに負けじとスコップを握りしめる。連日の雪かきに体力がついてきた!

 地域の皆さん、連日の雪かき大変お疲れさまです。

 

 海岸部に位置する当地域は、ドカ雪が降ってもその後の雪消えが早く進むのですが、今年は度重なる寒気の襲来により積雪が増えるばかりです。その結果、当施設の駐車場も除雪した雪が高く積み上げられるなど、雪の置き場に苦慮する状況となっています。

 

 今回が最後の寒波になることを願いつつ、今日もまた一心不乱に朝夕の雪かきに勤しみました。皆さんも栄養と休養をしっかりとるなど、くれぐれも体調管理にはご留意ください。

正面玄関脇には高い雪の山。こんなに積み上げられたの、開設以来はじめてかもしれません
正面玄関脇には高い雪の山。こんなに積み上げられたの、開設以来はじめてかもしれません

0 コメント

No.1495 厳しい冬も人生のスパイス。こんな時こそ、みんなと話がしたかった!

 今朝の出勤時。吹雪によって視界が真っ白となる「ホワイトアウト」現象に遭遇。いつも以上に慎重にハンドルを握りながら無事、施設にたどり着くことができました。

 

 ところで、本日は介護予防教室「だんだん広場・木曜クラス」の開催日です。定員36名のこのクラスですが、悪天候の影響もあってか、今までの中で最も少ない14名での開催となりました。

 

 「吹雪の合間を縫って、なんとか無事にたどり着きました。」「今日の広場を欠席しようと思ったけれど、家の中にいると気持ちが沈んでしまうから頑張ってやって来ました!」等々、元気な声が響き合う会場内です。

 

 こんな悪天候の中でも、楽しみにしてくださっている皆さんの姿に会えることに感謝と勇気が湧いてきました。いつも本当にありがとうございます。気持ちを一つにして、この厳しい冬を乗り越えていきましょう!

大寒波の脅威。目の前にある団地が一瞬にして、白い空気に飲み込まれました
大寒波の脅威。目の前にある団地が一瞬にして、白い空気に飲み込まれました
そんな厳しい天候のなか、週に一度の仲間との再会に会話も弾む、だんだん広場の皆さん
そんな厳しい天候のなか、週に一度の仲間との再会に会話も弾む、だんだん広場の皆さん

0 コメント

No.1493 都心の大雪。皆さん、くれぐれもご自愛ください

 本日、関東地方を中心に積雪が記録され、交通障害等、日常生活に支障が生じている報道を拝見しました。

 

 そこで今日のブログでは、雪に慣れていない地域に暮らす皆さまに、雪道の安全な歩き方についてお伝えしたいと思います。

 

 人は歩行するとき、かかとから着地していますが、この歩き方が雪道では危険な行為となります。そこで、雪面や凍った路面では「足の裏全体で着地すること」を心掛けてください。そのためには、重心(腰の高さ)を低くし、一歩一歩膝を曲げながら着地することを意識してください。

 

 加えて、革靴やスニーカーは禁物です。自身の安全を第一に考え、長靴やスノトレ(専用ブーツ)の着用をお勧めします。

#雪道の歩き方, #東京

0 コメント

No.1491 インフルエンザと冬将軍との戦いに無理をしがちな季節。こんな時こそ、心にゆとりを持ってい隊!

 現在、新潟県内ではインフルエンザ注意報が発令されています。

 

 上越市内の小中学校でも、学年・学級閉鎖の声が聞かれるなど、今後の流行が気になるところです。

 

 天気予報によると、来週からまた冬将軍がやってくるとのこと。新潟に暮らす私たちにとっては、雪かき等により心も体も全力投球しなければならないこの時期。そんな時こそ、無理は禁物です。

 

 皆さん、栄養と休養をしっかりとりつつ、そして笑顔を忘れずに厳しい冬の季節を乗り切りましょう!

授業に疲れたとき、教科書の隅によく落書きをしていました。雪かきに疲れたら、皆さんも雪だるま、作りませんか?
授業に疲れたとき、教科書の隅によく落書きをしていました。雪かきに疲れたら、皆さんも雪だるま、作りませんか?

0 コメント

No.1472 11年ぶりの再会。居ても立っても居られなく、開業当日のロッテアライリゾートへ!(社会科見学)

 旧・新井リゾートの閉鎖から11年。あの時から、再開のときを心待ちにしていました。

 

 うみまちから車で約40分。駐車場に車を停めると、若かりし頃の思い出が一気によみがえってきます。高鳴る気持ちを押さえつつ、いざゴンドラ乗り場へ。

 

 ゴンドラの中では、初対面の人たちと自然と会話も弾みます。「みんなも待っていたんだなぁ。」ここでもまた、人とのつながりを感じました。

 

 そして、大毛無山の山頂付近から高田平野を見下ろすと、自然と勇気が湧いてきました。「いつもありがとう~!」老体に鞭を打ちながら急斜面に飛び込んでいきました。

(44歳のうみまちスノーボーダー)

(各画像をクリックして拡大)

ロッテアライリゾートの開業日。居ても立っても居られなく、現地に向かいました
ロッテアライリゾートの開業日。居ても立っても居られなく、現地に向かいました
可愛いさとシックさが同居
可愛いさとシックさが同居
クリスマスの時期が華を添えます
クリスマスの時期が華を添えます
ホシゾラ温泉の入口。次回に、また
ホシゾラ温泉の入口。次回に、また

ホテル群の全景
ホテル群の全景
ゴンドラ乗り場の入口にて
ゴンドラ乗り場の入口にて
ワクワク感が高まります
ワクワク感が高まります
地元のお店も入居
地元のお店も入居

ゴンドラで大毛無山を目指します
ゴンドラで大毛無山を目指します
リフトに乗り換え。終点は間もなくです
リフトに乗り換え。終点は間もなくです

11年ぶりに再会したこの景色。地域の活性化に願いを込めて、いざ「ライド・オン」!
11年ぶりに再会したこの景色。地域の活性化に願いを込めて、いざ「ライド・オン」!

0 コメント

No.1468 摩訶不思議なカッパとドジョウのコラボレーションに心が躍りました(しおさいの里)

 日頃、民謡・踊り、歌謡ショーや音楽療法といったボランティアの皆さまの催し物を楽しませていただいています。このたびは、当施設のある大潟区犀潟(さいがた)地区のお隣にあります渋柿浜(しぶかきはま)地区の住民の方々よりお越しいただきました。

 

 その名も『渋カッパ』。大潟かっぱ祭りや雁木通りまつりで仮装パフォーマンスを行って楽しむというグループです。今回「是非、しおさいの里の皆さまにもご覧になってもらいたい」とのお話をいただき、実現しました。

 

 演目は「鵜の浜(うのはま)小唄」と「安来節(やすきぶし)」です。前半は何とも愛らしいカッパの扮装で、かっぱ祭りでの民謡流しさながらに踊ってくださいました。新聞紙で出来ているとは思えないほどの完成度の素晴らしい「カッパちゃん」に、入場から「あらっ可愛い」と利用者様の表情も緩みました。そして、しばしの衣装チェンジのあと、どじょうすくいでおなじみの安来節では、ユーモラスなメイクと動きに手拍子も弾みます。さらには、アンコールでは利用者様のそばで踊ってくださり、あちらこちらで笑顔の花が咲きました。終了後はメンバーの皆さまと利用者様とのふれ合いタイムを迎え、小道具のどじょうを見せてもらうと「良くできてるねぇ」と感心する声もきかれました。

 

 今回、見事なパフォーマンスで利用者様や職員を楽しませてくださり、感謝しています。毎年、お祭りでは様々な仮装を披露されているとのこと。しおさいの里とも末永くお付き合いいただければと思っています。渋カッパの皆さま、大変ありがとうございました。

(機能訓練員 永田)

渋カッパさんのコミカルな演技に、会場内が笑いに包まれました
渋カッパさんのコミカルな演技に、会場内が笑いに包まれました
手作りの渋カッパちゃんとの仲良しショット!
手作りの渋カッパちゃんとの仲良しショット!
ご利用者さんもかぶらせていただきました
ご利用者さんもかぶらせていただきました


0 コメント

No.1462 毎年恒例の大潟商工会女性部さんからのご寄付。地域発展の一員として、更なる使命感が湧いてきました

 本日、大潟商工会女性部の皆さまが当複合施設に来所され、8月の納涼祭で出店していただきました「たこ焼き屋台」の収益金の一部と古タオルのご寄付をいただきました。

 

 ちなみに、今年の古タオルについては、鵜の浜(うのはま)温泉の女将さんたちから、私たちのためにたくさんの提供をいただいたとのことであります。

 

 日ごろから当施設運営にお力添えを賜り、たいへんありがとうございます。私たちも地域発展の一員として福祉の分野で努力していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします!

今年もたくさんのご寄付をいただきました。いつもありがとうございます
今年もたくさんのご寄付をいただきました。いつもありがとうございます
仲良く記念撮影。上越タイムスさんの取材を受けました
仲良く記念撮影。上越タイムスさんの取材を受けました

0 コメント

No.1461 今年もまた、生徒さんのやさしさが伝わってきた奉仕活動。ありがとうございました

 去る11月23日(木)、今年も上越市立大潟町中学校の「奉仕委員会」並びにボランティアの生徒さんが奉仕活動においで下さいました。

 

 今年は予報通りの天候で少し寒さが感じられましたので、館内の清掃活動をお願いいたしました。数名ずつのグループで各丁目を回っていただき、窓ふきや車いす掃除に手すりふき、また普段はなかなか手が出ない壁の汚れも落としていただきました。そして、この時期は加湿器がフル稼働しておりますので、食堂や居室に設置してある加湿器の水入れもお願いし、とても助かりました。

 

 利用者様からは、雑巾絞りをしている姿を見て「手冷たくないかや、きれいにしてもらって嬉しいわ」等のお言葉が聞かれました。また、少し時間に余裕があったユニットでは、利用者様との交流活動も行っていただきました。「洗濯ばさみ積み」と言うゲームでは今まで職員が対戦した際よりも高く積み上げ、「さすが 若い!」と素早い動きと反応に刺激をいただきました。

 

 短い時間でしたが、やさしい気持ちで清掃活動をしていただきありがとうございました。また来年もお待ちしております。

(高齢介護課長 福田真理子)




0 コメント

No.1449 新たな出会いを求めて、新潟市内の大学を訪問。初々しいご両人から幸せのおすそ分けを受け、勇気が湧いてきた!

 小春日和の穏やかさに包まれた一日。今日は採用活動の一環として夕映えの郷のスタッフとともに、新潟市内にある福祉系大学を訪問し、採用担当の先生方と情報交換をさせていただきました。

 

 人材不足の昨今において、学生の就職活動時期も年々早まってきているとのこと。また、地元に帰って就職したいと考えている学生が多くいることもお聞きし、今後の採用活動へのヒントをいただくことができました。ご対応くださいました先生方。今日はありがとうございました。

 

 ところで、下の写真は大学訪問の途中で立ち寄った、新潟県護国神社の境内です。ご結婚を控えたお二人でしょうか。ちょうど、表参道ですれ違ったときのこと。その初々しさと仲睦まじい姿に、心がほっこりしました。

 

 紅葉が映える境内から、福祉を志すフレッシュマンとの新たな出会いを期待しつつ、帰路に着きました。

今日の新潟県護国神社の境内にて。結婚式の前撮りを行う、和装姿のご両人。小春日和と紅葉に包まれて心もほっこり!
今日の新潟県護国神社の境内にて。結婚式の前撮りを行う、和装姿のご両人。小春日和と紅葉に包まれて心もほっこり!

0 コメント

No.1444 観客の入り具合にヤキモキしつつも、アドリブで聴衆の心をを鷲づかみ。未来につなげ、認知症サポーターの輪!

 先月の10月28日(土)は、上越市のオーレンプラザで「福祉・介護・健康フェアin上越」が盛大に執り行われました。

 

 その中の11:15~12:15までの時間で「元気と笑顔がトレードマーク!認知症サポーターの輪を広げ隊」頸北・名立地区キャラバン・メイト連合会として、サポーター養成講座的な座学と紙芝居、寸劇を行いました。

 

 私は紙芝居と寸劇に参加しました。紙芝居と言っても、スクリーンに写し出されたスライドに合わせて台本を読み上げるというものです。この絵は、うのはな苑の荒井さんが書かれた、優しいほのぼのとしたものです。ストーリーは、元々は過去に寸劇で行ったもので、本当は練習時間さえあれば、これも寸劇でやりたかったものでした。

 

 紙芝居の後は、座学をはさんで皆さんで練習を繰り返した寸劇です。お昼で観客の入りがイマイチでしたので、先ずはつかみをせねばと、私の演じるコメ婆様がアドリブ・ギャグ満載で聴衆を鷲づかみにしたつもりですが、果たして評価はいかに・・・(笑)

 

 紙芝居の後、ピンマイクをつけたまま舞台裏で寸劇の開始を待っていましたが、「客入ってないな。」と呟いたのがバッチリ入っていたみたいで、後で観に来た職場の若い衆に教えてもらい笑いました。まあ、スタッフも含めて皆様演出だと思っておられたようです。(笑)

 

 来年度からの上越市地域包括支援センターの再編で、頸北・名立地区キャラバン・メイト連合会としての活動はどうなるのかは未定ですが、素敵な仲間たちの思いがある以上、解散することなく未来へと繋がっていくのでと思います。

 

 とにもかくにも、心をひとつにしての1年間、皆さんやりきりました。やっぱり役者は良いですね!呼んでもらえればどこまでも行きますよ。(´∀`)

(頸北・名立地区キャラバン・メイト連合会 小林さん)


2 コメント

No.1440 憎めないお顔のカップケーキとスペシャル体操で気分も一新。楽しいひと時を地域におすそ分け

 認知症カフェ「うみまち茶屋」です。先週の10月27日(金)は一足先にハロウィン♪

 

お茶菓子もご覧のように、運営スタッフの荒井さん手作りのカップケーキ(ハロウィンモード)です。このお菓子でも会話の花が咲き

 

「あなたのは笑い顔」とか「わたしのはお化け」

 

などなど笑いが絶えず。

 

おいしく食べる方、もったいないから持ち帰る方それぞれ。わたしはもちろんたいらげて「うん!チョコ味おいしい!!」ってな感じで。

 

楽しいお茶の時間が過ぎ、

 

本日は『しのだ先生のスペシャル体操』

 

しのだ先生曰く「何割かの方は顔を合わせていますね~」

 

知った顔同志の気軽さから、笑顔と笑い声の中体操が始まり。

 

しのだ先生の体操のポイント「2つの動作を同時に行う」を意識し、先生の話術で笑いを伴い、楽しく体を動かしました。

 

途中、先生から「大潟の方のポテンシャルが高い」←(ちょっと盛ってます)

 

といったお褒めの言葉を頂きあっという間の1時間が過ぎました。

 

終わった後も皆様とても元気で、今回はボランティアの方も一緒に参加し、全員参加の楽しいうみまち茶屋でした。

南風


0 コメント

No.1438 清々しい地元の景色とドラフト会議に、自然と背中が押されました

 昨日までの肌寒い天気から一転、とっても清々しい空気に包まれた今日のうみまち地方です。

 

 今日は嬉しいことが二つありました。一つは、雪化粧した妙高・火打・焼山の頸城三山の雄姿を望むことができたこと。その姿を見るだけで背すじがスッキリと伸びて、活力が湧いてきます。

 

 そして、もう一つ嬉しかったことは、本日行われた「プロ野球ドラフト会議」において、糸魚川白嶺高校の綱島選手が西武ライオンズから6位指名を受けたことです。3年前、横浜DeNAベイスターズから指名を受けた飯塚投手以来となる、上越地域からのプロ野球選手の誕生となります。また、関根学園高校の荒井選手が、読売巨人軍の育成選手として指名を受けました。

 

 頸城三山に「今日もありがとう。」そして綱島選手、荒井選手ともに「新潟の代表」として心から応援しています!

今日の夕刻の屋上からの景色。頸城三山に感謝。そして夕日は、糸魚川方面に沈んでいきました
今日の夕刻の屋上からの景色。頸城三山に感謝。そして夕日は、糸魚川方面に沈んでいきました

0 コメント

No.1437 雄大な日本海とカラフルな傘のコントラスト。小雨の中、降りて良かったふるさとの景色

 だんだん広場・水曜クラスです。本日のバスハイクで立ち寄った「たにはま公園」でのエピソード。

 

 当初、この公園での「青空体操」を予定していましたが、残念ながらの雨模様となりました。そこで、バスの車内から景色を眺めて旅路を急ごうと考えていたのですが、参加者の皆さんから「せっかくだから降りましょうよ!」との声があちらこちらから聞こえてきます。

 

 「皆さんの気持ちは、よ~くわかりました。では、気合を入れて行きましょう!。」傘を差しながら芝生の丘を登っていくと、目の前に横たわる雄大な日本海の風景が、私たちを優しく出迎えてくれました。

 

 「やっぱり降りてよかったねぇ。」「今度は彼氏(?)と来たいなぁ。」傘の数だけ、笑顔の花が咲きました。(次週、後編に続く)

たにはま公園内「海の見える丘」から望む日本海。この「トキめき感」に昔を思い出す
たにはま公園内「海の見える丘」から望む日本海。この「トキめき感」に昔を思い出す
雄大な景色に感動しつつ、肩をすくめながら急いでバスに戻る皆さん
雄大な景色に感動しつつ、肩をすくめながら急いでバスに戻る皆さん

0 コメント

No.1433 疲れたときにこの匂いを嗅ぐと、元気が湧いてきます!

 今日の午後のこと。外回りの用事を済ませ、施設に戻ってくると、久しぶりに地域全体が甘い香りに包まれています。街なかにあるケーキ屋さんの前を通りかかったときに味わえる、あの匂いです。なんだか小腹が空いてきました。

 

 当施設の東側の約1kmほど離れたところに「ブルボン上越工場」があります。ブルボンと言えば小生がこよなく愛する「ルマンド」を製造する菓子メーカーです。

 

 その日の天候や風向きによって、地域全体に焼き菓子の甘い香りが漂います。「今日の香りはルマンドかな?」「いや、ホワイトロリータだよ?」「シルベーヌ!」「バウムロール!」想像するのにきりがありません。

 

 今日のブログでは、当地域を幸せにしてくれる「甘い香り」にまつわる地元ネタをご紹介させていただきました!

甘い香りに誘われて施設の屋上へ。ブルボンの工場がある東側の景色。小腹が空いてきました!
甘い香りに誘われて施設の屋上へ。ブルボンの工場がある東側の景色。小腹が空いてきました!

0 コメント

No.1430 事業所の垣根を越えて情報共有。暮らしやすい上越になりますように。

 本日、「株式会社ツクイ」さんが主催する『2017年度 事例発表会』が上越市民プラザで開催されました。ちなみに、この事例発表会は今年度、全国35か所で開催されるとのことであります。

 

 今年度の発表会のテーマは『地域包括ケア~自立支援~』です。上越地域にある11の福祉サービス事業所からの事例発表が行われ、当法人からも「地域包括支援センターうのはな苑」と「特別養護老人ホームしおさいの里」の2事業所が事例発表をさせていただく機会をいただきました。

 

 うのはな苑からは『地域に広がる介護予防~いつまでも元気に暮らしたい~』、そしてしおさいの里からは『社会福祉法人としての地域貢献~「施設」の強みを地域に活かし隊~』と題して発表をさせていただきました。

 

 民間企業や医療機関、社会福祉法人や行政機関等、様々な組織が垣根を越えて情報を共有し、互いに知恵を出し合うことが、地域福祉の向上につながることを実感する機会となりました。このたびは貴重な経験をさせていただきありがとうございました。


0 コメント

No.1429 認知症カフェ「うみまち茶屋」からのお知らせです。後半戦もどうぞよろしくお願いします!

 本日は、認知症カフェ「うみまち茶屋」からのお知らせです。

 

 早いもので今年度も折り返しを過ぎました。このたびは運営スタッフの皆さんと下半期の活動予定を計画しましたので、下のチラシをご覧いただけると幸いです。

 

 下半期も「スペシャル体操」や「陶芸教室」、「笑いヨガ」や「介護教室」等々、数々のミニ講座を企画しました。多方面から認知症に対する理解を地域に広げていきたいと考えています。地域の皆さん、どうぞ、お気軽にお越しください!


0 コメント

No.1428 元気と笑顔がトレードマーク!認知症サポーターの輪を広げ隊!

 今日の夕刻のこと。1階にある「地域交流スペース」から、何やら元気な声が聞こえてきました。

 

 気になって様子を見に行くと、ちょうど「頸北・名立地区キャラバン・メイト連合会」さんの稽古の真っ最中。お聞きすると、10月28日(土)に高田公園 オーレンプラザで開催される「福祉・介護・健康フェア(新潟日報社主催)」で「認知症に関する寸劇」を披露するとのこと。今日はその練習会でした。

 

 皆さんの妥協しない真剣な練習姿が、たいへん印象に残りました。下のイベント・チラシにもあるように、「元気と笑顔がトレードマーク!認知症サポーターの輪を広げ隊」のテーマが、一人でも多くの皆さんに伝わることを願っています!

今日の夕刻のボランティアルーム。「熱い空気感」が伝わってきました
今日の夕刻のボランティアルーム。「熱い空気感」が伝わってきました
「福祉・介護・健康フェア(新潟日報社主催)」の開催チラシ。10月28日はオーレンプラザ(高田公園野球場脇)へ!
「福祉・介護・健康フェア(新潟日報社主催)」の開催チラシ。10月28日はオーレンプラザ(高田公園野球場脇)へ!

2 コメント

No.1420 やっぱり、地元っていいなぁ。アクセス数80,000件を達成しました!

 早いもので、9月も明日で終わりを告げようとしています。朝晩の寒暖差が大きくなってきた今日、この頃。皆さん、お変わりありませんか。

 

 ところで話は変わりますが、当ページ開設から5年と2か月が過ぎた一昨日。当ホームページへのアクセス数が80,000件を達成しましたことをご報告します。毎日、多くの方々から当ページにアクセスしてくださっていること、そして、日々支えてくれる当複合施設スタッフに改めて感謝申し上げます。

 

 昨日は、地域包括支援センターのスタッフと仕事で、上越市の西の玄関口である名立区まで出かけてきました。ちなみに写真は仕事の途中に立ち寄った、鳥ヶ首岬(名立灯台)からの景色です。急峻な山並みと日本海の狭間で肩を寄せ合う街並み。名立で生まれ育った小生にとっては、子どもの頃から慣れ親しんだ景色です。当時の思い出と80,000アクセスの重みを重ね合わせながら、しばしその景色を眺めました。

 

 「地元に暮らす皆さんの幸せを願って、頑張ってブログを更新していくぞ~!。」岬のてっぺんから大きな声で叫びました。訪れてくださる皆さん、これからもよろしくお願いします!!!

昨日の鳥ヶ首岬(名立灯台)からの眺め。子どもの頃の「ワクワク感」が一気によみがえってきました
昨日の鳥ヶ首岬(名立灯台)からの眺め。子どもの頃の「ワクワク感」が一気によみがえってきました

0 コメント

No.1419 第3回目となる「うみまち・フリーマーケット」。今度こそ、清々しいお天道さまの下で行い隊!

 デイサービスセンターゆりかご荘です。いよいよ、第3回目となる「うみまち・フリーマーケット」が迫ってきました。

 

 今回は、地元・大潟区のパン屋「YUMECHIYO(ゆめちよ)」さんと、「だんだん広場・木曜クラス」さんの手作り雑貨店が初出店します。

 

 第1回目、第2回目ともに荒天により室内での開催となりましたが、今回こそ「3度目の正直」ということで、屋外(中庭)での開催ができるよう、お天道さまに力強くお祈りする今日、この頃です。

 

 のんびりとした、アットホームなひと時を参加者の皆さんと創り上げたいと思います。地域の皆さま、どうぞお気軽にお越しください!

(ゆりかご荘 山﨑)


0 コメント