No.900 ビッグジャンプに沸く赤倉シャンツェ。(第15回 妙高サマージャンプ大会)

 うみまち通信も本日で節目の900号を迎えました。今朝、頑張って早起きして向かった先は「妙高高原・赤倉シャンツェ」。第15回妙高サマージャンプ大会が行われました。


 世界で活躍する日本のトップ選手が出場するこの大会。会場にはたくさんのスキーファンが詰めかけていました。男女合わせて100数十名の鳥人たちが、初秋の妙高の空を舞いました。


 男子の部では、竹内拓選手(北野建設)が1回目94m、2回目には最長不倒の100.5mで優勝しました。続いて、レジェンド・葛西紀明選手(土屋ホーム)佐藤幸椰選手(雪印メグミルク)が並んで2位となりました。


 トップ選手の「ビッグ・ジャンプ」に歓声が沸く赤倉シャンツェ。そして、試合後の選手たちの「ファンサービス」。テレビでしか観たことのないスキージャンプでしたが、地元・上越地域でこのようなトップレベルの大会を生で観ることができ、感動と感謝と覚えながら帰路に着きました。選手の皆さん、そして大会関係者の皆さん、雨のなか、たいへんお疲れさまでした。

アットホームな雰囲気に包まれた、今日の「妙高高原赤倉シャンツェ」
アットホームな雰囲気に包まれた、今日の「妙高高原赤倉シャンツェ」
多くの鳥人たちが空を舞いました
多くの鳥人たちが空を舞いました
ゼッケン「224」番は葛西紀明選手
ゼッケン「224」番は葛西紀明選手

表彰式。優勝した竹内拓選手(右)と、第2位の葛西紀明選手(中央)、佐藤幸椰選手(左)
表彰式。優勝した竹内拓選手(右)と、第2位の葛西紀明選手(中央)、佐藤幸椰選手(左)
気さくにサインに応じてくださる竹内選手。「ビッグジャンプ」に感動
気さくにサインに応じてくださる竹内選手。「ビッグジャンプ」に感動
直筆のサイン入りカードをいただきました
直筆のサイン入りカードをいただきました


0 コメント

No.878 「うみまち」から「ソラマチ」へ。互いに3周年。世界の平和を天空から願う

度肝を抜かれる東京の街並み。今年は戦後70周年。ここまでに変化するとは誰が想像できたでしょうか
度肝を抜かれる東京の街並み。今年は戦後70周年。ここまでに変化するとは誰が想像できたでしょうか

 うみまち通信の更新ですが、2日間お休みをいただきました。この間、訪れてくださいました皆さん、更新ができず申し訳ありません。実はこの週末、東京に出かけていました。今日は「うみまち通信・夏休み特別企画」として、その時のエピソードを少しだけ、ご紹介したいと思います。


 2012年の5月に開業した「東京スカイツリー」。今回、初めて上ることができました。開業の年。予約客しか上ることができず、ツリーの下から上を見上げて見物終了。万全を期して臨んだ2年目は、突然の台風の襲来により営業中止。そして今回、3年連続の「東京ソラマチ」へ。「二度あることは三度ある。」いやいや、今年こそ「三度目の正直。」ポジティブ・シンキングで地下鉄で押上駅に向かいました。


 昨日も大勢の観光客でごった返していましたが、約1時間並んでようやく、天空にたどり着くことができました。エレベーターを降りた瞬間、これまでに経験のない景色が目の前に現れてきました。上越に住む小生にとっては、あまりにも非日常的すぎる空間です。存分に空から東京のまちを眺めた後、下界に戻りました。


 「うみまち」から「ソラマチ」へ。当方「うみまち通信」も、「東京スカイツリー」も3周年。素敵なつながりを感じつつ、たくましくそびえ立つスカイツリーから元気をもらいながら、上越新幹線経由で帰路に着きました。

スカイツリーにある4台のエレベーターの一つ。側面には「江戸切子」で日本の夏を表現。感動!
スカイツリーにある4台のエレベーターの一つ。側面には「江戸切子」で日本の夏を表現。感動!

2 コメント

No.786 「日本海の夕日」、「朱鷺色」、「おけさ柿」。間もなく高速カーフェリー「あかね」が就航!

 今日の直江津港。4月21日から運行を開始する、佐渡汽船・新造高速カーフェリー「あかね」の一般公開が行われ、多くの方々が詰めかけました。


 あかねの運行により、直江津港と佐渡・小木港が従来より1時間も早い、100分で結ばれることになります。


 日本海の夕日、朱鷺色、おけさ柿。「あかね」は佐渡にふさわしいネーミングです。港に浮かぶ、双胴型の船体が凛々しく感じられました。


 北陸新幹線・上越妙高駅から直江津港、そして「あかね」に乗って佐渡への旅はいかがでしょうか。全国・世界の皆さん、朱鷺の住む島・佐渡へ是非、お越しください!

4月21日に運行を開始する佐渡汽船「あかね」。これから、たくさんの人たちの想いをつないで下さい!
4月21日に運行を開始する佐渡汽船「あかね」。これから、たくさんの人たちの想いをつないで下さい!
佐渡のシンボルである「トキ」が日本海に舞います!
佐渡のシンボルである「トキ」が日本海に舞います!
こちらは「一等席」。北陸新幹線でいえば「グランクラス」
こちらは「一等席」。北陸新幹線でいえば「グランクラス」


0 コメント

No.759 新旧の「はくたか」がバトンタッチ。祝☆北陸新幹線開業!。上越の発展に貢献し隊!

 「特急はくたか」とのお別れの翌日。今日の夕方、気持ちを切り替えて上越妙高駅へ。そこには、新たな人の流れが生まれていました。


 報道でご存じのとおり、本日「北陸新幹線」が開業しました。新潟県にとっては2つ目の新幹線。計画から40年。上越地域にとっては、待ちに待った開業です。


 当ブログ開設以来、開業に至るまでの道のりを追ってきました(No.643(2014.10.19)No.580(2014.8.5)No.364(2013.11.17)No.71(2012.10.30)。動き出した新駅の姿に、昨日同様、目頭が熱くなりました。


 「ゴール」ではなく、今日からが「スタート」。新幹線を通じた「人と人とのつながり、地域のひろがり」を願うとともに、地元・上越の発展に貢献したいと強く、感じました。

祝☆北陸新幹線・上越妙高駅開業!本日、いよいよ動き出しました
祝☆北陸新幹線・上越妙高駅開業!本日、いよいよ動き出しました
「特急はくたか」から「新幹線はくたか」へバトンタッチ
「特急はくたか」から「新幹線はくたか」へバトンタッチ
精悍なマスク。日本の技術と伝統美の融合
精悍なマスク。日本の技術と伝統美の融合

こちらは上越妙高駅のコンコース。新たな人の流れが生まれています。
こちらは上越妙高駅のコンコース。新たな人の流れが生まれています。
ようこそ。越五(上越・妙高・十日町・柏崎・佐渡)の国へ。
ようこそ。越五(上越・妙高・十日町・柏崎・佐渡)の国へ。
高田公園の夜桜もきっちりPR!
高田公園の夜桜もきっちりPR!

「もてなしドーム」では、プラントハンター西畠清順さんが手がけた桜がお出迎え
「もてなしドーム」では、プラントハンター西畠清順さんが手がけた桜がお出迎え
寒空の中。御屋形様も東口でお出迎え
寒空の中。御屋形様も東口でお出迎え
6,000人以上の顔写真で作ったギャザリングアートも必見!
6,000人以上の顔写真で作ったギャザリングアートも必見!


0 コメント

No.753 最後の日曜日。鉄道ファンでごった返すJR直江津駅。「別れ」と「出会い」が交錯

 今日の直江津駅。当駅は3月14日の北陸新幹線開業に伴い、第3セクター「えちごトキめき鉄道」に移管されます。今日は「JR東日本・直江津駅」としての最後の日曜日を迎えました。


 改札口に向かうと、たくさんの人たちでごった返していました。小生も列に並んで入場券を購入し、改札を通りました。階段を下り、駅構内に降り立つと驚きの光景が。そこには、カメラを抱えた数百人の「鉄道ファン」の姿がありました。


 ちょうどホームでは、13日に引退する「特急はくたか」と14日から通常営業を開始する「特急しらゆき」が時間差で滑り込んできました。「はくたか、ありがとう!」「しらゆき、待ってたよ!」の歓声が。さながら、競走馬に声援を送る競馬場のようです。熱狂的な鉄道ファンに負けじと、小生もカメラのシャッターを押し続けました。


 「別れ」と「出会い」が交錯する今日の直江津駅。そして、鉄道ファンの熱気を感じる一日となりました。

直江津駅の改札口付近。お盆・お正月の帰省時のような人の多さ
直江津駅の改札口付近。お盆・お正月の帰省時のような人の多さ
電光掲示板をカメラに収める、多くの鉄道ファン
電光掲示板をカメラに収める、多くの鉄道ファン

想像以上の鉄道ファンの数。私もその一人。ちょうどそのとき、「特急しらゆき」が入線してきました
想像以上の鉄道ファンの数。私もその一人。ちょうどそのとき、「特急しらゆき」が入線してきました
憧れの存在。北越急行が所有する「はくたか・681系スノーラビット」
憧れの存在。北越急行が所有する「はくたか・681系スノーラビット」
同じく、13日に引退する「北越・485系」
同じく、13日に引退する「北越・485系」


2 コメント

No.643 新・脇野田駅の開業。新幹線より一足早く、出発進行!(社会科見学⑬)

 本日、新・脇野田駅が北陸新幹線・上越妙高駅に移設され、新たなスタートを切りました。早速、直江津駅から電車に乗り込み、現地に駆けつけました。


 この日を待ちわびた多くの市民の方々をはじめ、多くの「乗り鉄」「撮り鉄」の姿。来年3月の新幹線開業を控え、人の流れが変わる予感がしました。


 昨日に続いての晴天。西口・光のテラスから、妙高山の勇姿を拝むことができました。

本日、「新・脇野田駅」の開業。新幹線の駅舎に寄り添って。新たな出会いの始まりです
本日、「新・脇野田駅」の開業。新幹線の駅舎に寄り添って。新たな出会いの始まりです
「わきのだ」の駅名も来年3月からは「じょうえつみょうこう」へ
「わきのだ」の駅名も来年3月からは「じょうえつみょうこう」へ
快速「くびき野」号も入線してきました
快速「くびき野」号も入線してきました

西口から駅舎を望む。白とグレーと木目のコントラスト。都会的でありながらも、なぜか高田城の三重櫓を連想させます
西口から駅舎を望む。白とグレーと木目のコントラスト。都会的でありながらも、なぜか高田城の三重櫓を連想させます
西口・光のテラス。雄大な景色がお出迎えしてくれます
西口・光のテラス。雄大な景色がお出迎えしてくれます
脇野田駅の改札口。木がふんだんに使われています
脇野田駅の改札口。木がふんだんに使われています

こちらは東口。「もてなしドーム」がお出迎え。
こちらは東口。「もてなしドーム」がお出迎え。
ドームの内部。木で組まれていました
ドームの内部。木で組まれていました
駅の東西を結ぶ、通称「脇野田通り」。
駅の東西を結ぶ、通称「脇野田通り」。


0 コメント

No.616 開業から『90余年』。ありがとう『脇野田駅』(社会科見学⑫)

 大正10年に開業した「脇野田駅」。来年3月の北陸新幹線開業に伴い、新たに新幹線駅(上越妙高駅)に移設されます。現駅舎での営業は、来月の18日で幕を閉じることになりました。


 残すところ1ヶ月。最後の姿を目に焼き付けたく、駅舎に立ち寄りました。営業終了を惜しむかのごとく、オールドファンがひっきりなしに訪れて、シャッターに収めていました。


 ノスタルジックな駅舎内とホーム。昭和生まれの小生にとっても、子ども時代を思い出す、懐かしい光景です。「別れ」と新たな「出会い」。何か複雑な気持ちを覚えました。

大正10年の開業から90余年。あとひと月で「新脇野田駅」にバトンタッチ
大正10年の開業から90余年。あとひと月で「新脇野田駅」にバトンタッチ
現脇野田駅(手前)と上越妙高駅(奥)
現脇野田駅(手前)と上越妙高駅(奥)
改札口から踏切を渡ってホームに行くことができます
改札口から踏切を渡ってホームに行くことができます


0 コメント

No.580 上越妙高駅。市民の皆さんの熱気に包まれていました(社会科見学⑪)

『W7系』の上越妙高駅初入線の瞬間。「歓声」と「シャッター音」が響きわたりました
『W7系』の上越妙高駅初入線の瞬間。「歓声」と「シャッター音」が響きわたりました
「はやく、乗ってみたいなぁ。」
「はやく、乗ってみたいなぁ。」
「熱烈歓迎」。来年の開業が待ちきれません!
「熱烈歓迎」。来年の開業が待ちきれません!

この新しい駅から、新たな「人と人とのつながり、地域のひろがり」がはじまる
この新しい駅から、新たな「人と人とのつながり、地域のひろがり」がはじまる
駅舎内もほぼ、完成していました
駅舎内もほぼ、完成していました
西口「光のテラス」からの景色
西口「光のテラス」からの景色

 本日、『W7系新幹線「上越妙高駅」初入線歓迎セレモニー』に参加させていただきました。猛暑の中、駅舎内は開業を待ちわびる多くの市民の皆さんでごった返していました。

 

 開業まで残すところ7ヶ月。当地域に多くの方々が訪れて下さることを願いつつ、これからも「上越の良さ」をブログから発信していくことを、心に誓いました。

(新幹線開業イベント・PRサポーター 竹田)


0 コメント

No.523 『うみまち産』の電気が人の暮らしを支えています(社会科見学⑩)

うみまちに整然と並ぶメガソーラーの全景。左上の〇の部分に当施設があります(画像を二度、クリックして拡大)
うみまちに整然と並ぶメガソーラーの全景。左上の〇の部分に当施設があります(画像を二度、クリックして拡大)
パネルの大きさにビックリ!粛々と太陽の光を電気に変えていきます
パネルの大きさにビックリ!粛々と太陽の光を電気に変えていきます

 お日さまがサンサンと降り注ぐ本日、施設から車で3分のところにある『インペックス メガソーラー上越』にお邪魔しました。

 

 大規模太陽光発電施設。昨年春から稼働を始めました。「国際石油開発帝石(株)(当地域で「帝石」さんの愛称で親しまれています)」が設置した発電所です。

 

 ソーラーパネルの枚数はなんと15,060枚。雪国でも効率よく発電できるように、パネルを地面から高くしたり、傾斜をきつくする等の特徴があります。また、太陽の光が強く降り注ぐ8月頃の発電効率が一番良いと思っていましたが、実は気候が安定する今の時期のほうが良いのだそうです。

 

 丁寧にご説明いただきました業務部長さん、本日はお忙しい中たいへんありがとうございました。



0 コメント

No.499 『越乃Shu✽Kura』号。間もなく出発進行!(社会科見学⑨)

 ただ今、JR東日本では『新潟ディスティネーションキャンペーン』を展開中。5月2日より『越乃Shu✽Kura(こしのしゅくら』号が当地域(高田駅⇔十日町駅(越後湯沢駅)間)を駆け抜けます。

 

 本日、直江津駅でお披露目会が開催されました。地酒王国・新潟が誇る「酒」をコンセプトとした新しい列車のデビュー。厳選した新潟県内の地酒の利き酒や地元の食材にこだわったおつまみ、ジャズミュージシャンによる生演奏など、「地元愛」と「おしゃれ感」満載です。ハイセンスな車内にこころがトキメキました。

 

 当列車は、私たちの地元・大潟区、鵜の浜温泉のお膝元である『潟町駅』にも停車します。越乃Shu✽Kura号に乗っての大人旅。遠方の皆さん。これからの季節、大潟区は日本海の夕日がとってもきれいないいところですよ!

 

(各画像をクリックして拡大)


0 コメント

No.382 社会科見学⑧(新しい『若竹寮』で元気に育ってください!)

 少し前になりますが、11月22日に老朽化に伴って移転新築された『児童養護施設・若竹寮』を見学する機会をいただきました。

 

 外観はペンションのような素敵な作りです。一方、室内は木をふんだんに使った温かい作り。勉強机やベッドも木製でした。居住部は、これまでの大舎制から小舎制(少人数の生活単位)に生まれ変わりました。それぞれのユニット(定員7名)が一つの家庭=「自分の家」として生活できるよう工夫されていました。

新しくなった『若竹寮』。新しい宿舎で伸び伸びと育ってください。私たちも応援しています
新しくなった『若竹寮』。新しい宿舎で伸び伸びと育ってください。私たちも応援しています

 県内では、5箇所しかない施設とのことで、職員の方々が父母の代わりになって、安心と信頼に満ちた『家庭に代わる生活の場』を提供しています。

 

 今回の見学を通して、社会福祉法人として、そして一社会人としてできることは何かを考えさせられました。また、子どもたちが、心安らかに幸せになってくれることを願った一日となりました。

 

(さいはま園 中村)



0 コメント

No.364 社会科見学⑦(ナチュラルモダンな「上越妙高駅」)

 本日、『平成27年春 北陸新幹線「上越妙高駅」開業 第3回 市民現場見学会』が開催されました。

 

 澄み渡る青空と雄大な妙高の山々。都会では味わえない、自然と調和した駅。360度のパノラマに参加者一同が大感動。

 

 いよいよ来月からは新幹線の試験走行が始まります。開業まであと1年と4ヶ月。今からワクワクしてきました!

 

(各画像をクリックして拡大)

雪の平原をイメージした外観
雪の平原をイメージした外観
2階・コンコース。温もりを感じる木の空間
2階・コンコース。温もりを感じる木の空間
長いエスカレーターもすでに設置済
長いエスカレーターもすでに設置済

いよいよ3階・新幹線ホームへ
いよいよ3階・新幹線ホームへ
紅葉の山々と高田の桜のコラボレーション
紅葉の山々と高田の桜のコラボレーション
となりに見えるは移設中の在来線新駅
となりに見えるは移設中の在来線新駅

11番線から14番線まであるホーム。東側には高田平野、西側には妙高の雄大な山々が一望。新幹線の入線が今から楽しみ
11番線から14番線まであるホーム。東側には高田平野、西側には妙高の雄大な山々が一望。新幹線の入線が今から楽しみ

0 コメント

No.358 社会科見学⑥(ふるさと名立川に帰る鮭)

 穏やかな秋の一日。上越市の西の玄関口、名立区まで車を走らせました。

 

 今年も名立川に、長旅を終えたたくさんの鮭が帰って来ていました。

 

 自分の生まれた川に帰ってくる鮭の生態に、自分を重ね合わせました。やっぱり故郷は大切な存在です。鮭さん、たいへんお疲れ様でした。



0 コメント

No.172 社会科見学⑤(上越青少年文化センター・メモリアル)

 上越青少年文化センターです。1971年のオープンから42年。老朽化により今月末で閉館を迎えます。

 

 リージョンプラザ・上越科学館がまだなかった時代、当時の子どもたちにとってあこがれの場所でした。

 

 子供時代の思い出を探しに、出掛けてきました。昭和の雰囲気は今でも健在です。

 

 楽しい思い出をありがとうございました。

 

 

 

 



3 コメント

No.124 社会科見学④(日本スキー発祥の地 金谷山)


0 コメント

No.93 社会科見学③(吉川高等特別支援学校)

 先日、新潟県立吉川高等特別支援学校「企業向け学校参観」に参加させていただきました。実際に職業実習の様子を拝見し、生徒の皆さんの「目が輝いていたこと」「明るく、朗らかであること」「一生懸命に取り組む姿」がとても印象に残りました。

 

 学校の教育目標に「ゆめをもち続け みんな輝く」がありました。生徒さんの生き生きとした姿を見て、それぞれの社会自立のために、私たちも陰ながら応援したくなりました。


0 コメント

No.71 社会科見学②(北陸新幹線・上越(仮称)駅)

*上越(仮称)駅に関する詳細はこちらから(「新幹線まちづくり推進上越広域連携会議ホームページ」に移動します)


0 コメント

No.65 社会科見学①(上越火力発電所)

 本日、頸北防火管理者協会主催の合同研修視察に参加してきました。今年度の視察先は、今年7月に運用が開始された「中部電力上越火力発電所」です。広さ・大きさ、そして最新鋭の設備に終始圧倒されました。安全かつ地球にも優しい方法で電力が作られていることがわかりました。


0 コメント