No.1796 植物に触れる楽しさを実感。それぞれのフラワー・アレンジメント

 デイサービスセンターゆりかご荘です。先日は11月19日、ボランティアの植物療法士・五十嵐さんをお招きし、「フラワーアレンジメント」を行いました。昨年は特養部門で行っていただきましたが、今回は当センターでの活動です。

 

 活動前の談笑から一転、いざ始まると皆さん真剣な表情で黙々と満開の菊の花を生けていきます。細かいお花を切ったり挿したり・・・試行錯誤し、20分ほどで小さなお花畑の完成です。

 

 「みんな個性が出ていて良いね。」「菊のいい香りがするね。」「良い土産になったわ。」等、皆さんとても喜ばれていました。

 

 ボランティアの五十嵐さん、本日も素敵な時間をありがとうございました。また宜しくお願いいたします!

(生活相談員 縄)


0 コメント

No.1795 製作期間8か月の大作が完成。ロビーには、ほっこりとした空間が広がっています

 今年3月のこと。しおさいの里・チクチク倶楽部に無理をお願いして製作していただきましたパーテーション(ついたて)ですが、このたび完成しました。

 

 去る11月3日の当複合施設20周年記念祭でのお披露目を経て、現在は正面玄関ロビーの応接スペースの間仕切りとして活躍しています。

 

 古着の浴衣を活用したパーテーションは、どこか昭和時代の懐かしさと、パッチワークのような可愛らしさが同居した、とっても素敵な仕上がりとなっています。

 

 当施設に訪れた際は是非とも、この素敵な空間を味わっていただければと思います。ワン・チームで心を一つにして作品を創り上げて下さいましたチクチク倶楽部の皆さんに、心からの感謝を申し上げます。

 

(統括施設長 竹田)

ご利用者さん、ボランティアさん、スタッフのチームワークの結晶です
ご利用者さん、ボランティアさん、スタッフのチームワークの結晶です
玄関ロビーで大活躍しています!
玄関ロビーで大活躍しています!

0 コメント

No.1794 若人の「優しい気持ち」がいっぱい伝わってきました。ほんとにありがとうございました!

 先日は11月9日(土)、地元・市立大潟町中学校奉仕クラブ(1~3年生の生徒18名と先生)の皆さまが当複合施設に来所されました。

 

 当日は、しおさいの里、さいはま園、デイサービスセンターを3つのグループに分かれて回っていただき、普段なかなか手が行き届かない「窓ふき」や「車いすの清掃」を行っていただきました。

 

 約1時間ほどの活動で、窓も車いすもテーブルも、とても綺麗になりました。

 

 奉仕クラブの皆さん、先生、このたびはたいへんありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

(生活相談員 縄)

窓がピカピカになりました
窓がピカピカになりました
車いすも喜んでいます。ありがとうございました!
車いすも喜んでいます。ありがとうございました!


0 コメント

No.1793 全身に染みわたる日本晴れ。最高の機能訓練となりました!(ゆりかご荘)

 いつもご利用いただきありがとうございます。デイサービスセンターゆりかご荘です。

 

 先日、当センター・半日型サービスのご利用者さまからご要望がありまして、お隣りは長野市・善光寺に出かけてきました。「何十年ぶりに訪れました。」「もう一度来たいと思っていたので、良かったです。」など、みなさんとても喜ばれていました。

 

 当然のごとく、今回の外出は機能訓練の一環でもありますので、境内の参道を歩いていただきました。施設内での歩行練習に比べると格段に長い距離でしたが、皆さん笑顔で最後まで完歩しました。また、当日は天候にも恵まれ、紅葉も楽しみながら帰路に着きました。

 

 これから少しずつ寒さが厳しくなっていきますが、体調に気をつけながら皆さんで体を動かしていきましょう!

(生活相談員 大島)

善光寺の山門を前に、背すじがスッと伸びました!
善光寺の山門を前に、背すじがスッと伸びました!

0 コメント

No.1792 介助のトレンドをスタッフ間で共有。お互いにとってより良い介助方法について体感しました

 ケア向上委員会です。11月14日に『移乗支援用具の必要性』についての研修会を開催しました。

 

 ところで、移乗支援用具とは、日常生活で車いすやベッドへの移乗を支援するための用具のことを言います。当日は「用具がなぜ必要なのか」「どのようにすればスムーズに安全に用具を使用できるか」について、実技を交えながら研修を行いました。

 

 参加スタッフより「スムーズに移乗支援が行えます。」「身体への負担が少なく感じます。」等の声が聞かれました。

 

 私自身、ご利用者役として参加しましたが、ご利用者目線からも負担が少なく、また恐怖心も軽減されいると実感しました。

 

 今後、ご利用者さまの介護の重度化や身体機能の低下によって、より介護負担が増加することが考えられます。ケア向上委員会では「職員の不安をどのように軽減できるか」「導入を進め、職員間で使用方法を周知し、安全に介助を提供できるか」「職員の腰痛予防を行い、安全に業務を行えるか」を考え、ご利用者さま個々に合った「安心・安全な介助方法」ができるよう、つなげていきたいと思います。

 

 介助する側・受ける側の両方にとって、無理のない方法で介助を行い、ゆとりある介助、そしてQOL(生活の質)の充実を図っていきたいと思います。

(介護職員 小林)

実技開始前の説明に耳を傾けるスタッフの皆さん
実技開始前の説明に耳を傾けるスタッフの皆さん
移乗支援用具を実際に体験してみました
移乗支援用具を実際に体験してみました

0 コメント

No.1791 秋の自然の恵みを楽しく味わいました(しおさいの里・ショートステイ)

 しおさいの里5丁目・ショートステイです。半月前のことでありますが、恒例の「ハロウィンパーティー・秋のおやつ作り」を開催しました。

 

 今年は、さつまいもを使い、茶巾しぼりを作りました。当日は大勢の女性ご利用者さまよりご参加いただき、皮をむいたり、つぶしたり、そして味付けから茶巾しぼりまで担当していただきました。最後は黒ゴマをトッピングし、とっても可愛らしい和菓子の完成です。

 

 その後の茶話会では「ちょうどよい味付けだねぇ。」「黒ゴマの風味がいいね。」等のお言葉が飛び交うなど、会話も弾み、楽しい時間が過ぎていきました。

 

 また、茶話会後には「仮装・玉入れ大会」を行いました。職員の仮装にびっくり、そして実習生さんにも大活躍していただき、皆さんに喜んでいただけた大成功のパーティーとなりました。

 

(各画像をクリックして拡大)

(介護職員 田中)


0 コメント

No.1790 イトーヨーカドーの閉店から半年。新しくできたネオン看板に誘われて・・・

 朝晩、めっきり寒くなってきました。皆さん、お変わりありませんでしょうか。

 

 さて、小生でありますが、先週末より体調を崩してしまい、ブログの更新も滞っておりました。訪れて下さいました皆さま、ゴメンナサイ。本日、ようやくパソコンに向き合える状態となりました。

 

 そんな今日の仕事帰りのこと。久しぶりに自宅近くにあります複合ショッピングセンター『エルマール』に立ち寄りました。5月の「イトーヨーカドー」閉店から半年が過ぎ、どこか寂しさが募る直江津のまちでしたが、最近になり、食品スーパーやドラックストア等が新規オープンするなど、少しずつ街に活気が戻ってきた気がします。

 

 ヨーカドー時代、年金支給日になると高齢者の皆さんでごった返した店内を思い出しました。また、来年夏には生活雑貨「無印良品」の出店も予定されており、世代を問わず多くの方々が行き交う場所に生まれ変わることを心から期待しています!

(管理人)

エルマールの外壁に、いままでになかったネオン看板が設置。日ごとに増えています
エルマールの外壁に、いままでになかったネオン看板が設置。日ごとに増えています

0 コメント

No.1789 ありがとう祝☆20周年祭~つなげて・ひろげて・未来に向けて~

 先日は11月3日に開催されました、しおさいの里等複合施設「ありがとう祝☆20周年祭り~つなげて・ひろげて・未来に向けて~」に多くの皆さまよりご参加をいただき、たいへんありがとうございました。

 

 当日は3連休の期間中でご多忙にもかかわらず、ボランティアの方々等、皆さまのご協力により、ご利用者の皆さま、ご家族の皆さま、そして地域の皆さまにたいへん喜んでいただけた祭りとなりました。

 

 職員一同「地域に支えられている施設であること」を改めて実感することができ、心より感謝をいたしております。

 

 20周年を節目に、地域と共に歩んでいくことを再認識させていただく機会となりました。これからも当複合施設をよろしくお願い申し上げます。

(実行委員長 永田)


0 コメント

No.1788 有事は待ったなし。地域の皆さまのご協力をいただいて真剣に訓練に取り組みました

 先月は10月21日(月)、頸北消防署の立会いの下、防災訓練を行いました。

 

 当日は、地元・大潟区犀潟町内会ならびに頸城区城野腰町内会に委託している「地域防災協力員」の方々からもご協力いただき、大規模な避難訓練となりました。

 

 2階・浴室からの出火を想定し、消火活動をはじめ、各ユニットでの避難活動や連絡体制の確認等、有事に備えた大規模な実践訓練を行いました。

 

 災害は突然、訪れます。どんなときでも冷静に対応できるよう、日ごろからスタッフ一丸となって対応できるよう、準備をしておきたいと思います。

(障害支援課長 中村)

火元を確認するスタッフ
火元を確認するスタッフ
火災の知らせを受けて、冷静に避難します
火災の知らせを受けて、冷静に避難します
避難滑り台の訓練も行いました
避難滑り台の訓練も行いました
地域防災協力員のお力もいただきながら無事、避難完了
地域防災協力員のお力もいただきながら無事、避難完了

0 コメント

No.1787 開設30周年を節目に、地域に暮らす皆さんと福祉の原点について共有したいと思います(夕映えの郷)

 夕映えの郷です。このたび、当法人創立30周年を記念した研修会「映画『夜明け前』の上映と真の『夜明け』とは何かを考える」を開催いたします。

 

 わが国における近代的な精神病学の創立者である呉 秀三(くれ しゅうぞう)先生の業績を学ぶとともに、映画『夜明け前』の上映を通じて、心の病を持つ人たちが正しく理解され、その人権を守るために私たちにできること、そして、精神障害に関わる問題や、私たちが暮らす地域のあり方について考える機会にしたいと思い、企画しました。

 

 当事者、福祉関係者、学生、地域住民等々、多くの皆さまからのご参加をお待ちしております。どうぞ、お気軽にお申込みください!

(夕映えの郷 統括施設長・金井)

ダウンロード
パンフレット.pdf
PDFファイル 234.7 KB
ダウンロード
企画要綱.pdf
PDFファイル 92.2 KB
ダウンロード
参加申込書.pdf
PDFファイル 34.2 KB


0 コメント

No.1786 小春日和のなか、今年最後の土いじりを楽しみました!

 今朝、外に目をやると、妙高・火打・焼山が雪化粧していました。日々、朝晩の冷え込みが強まってきましたが、皆さんお変わりありませんでしょうか。

 

 ところで、先日のこと。穏やかな良い日和のもと、中庭の花壇の整備を行いました。しおさいの里、さいはま園、ゆりかご荘のご利用者さん総出で、賑やかな作業となりました。

 

 普段、歩行器や杖を使用するご利用者さんも、花壇を目の前に意欲満々で、それぞれの花壇にスイセンとチューリップの球根や、パンジー、ビオラの苗を植えていきました。

 

 花壇の完成とともにどこからともかく拍手がわき、たいへん充実した時間が過ぎていきました。来春の花の季節が楽しみですね!

(作業療法士 永田)

来春が楽しみ。土の匂いと感触を心身に焼き付けました
来春が楽しみ。土の匂いと感触を心身に焼き付けました

0 コメント

No.1785 地域の皆さまに支えられた日々。本日、法人創立30周年記念式典を開催させていただきました

 本日、当複合施設ボランティアルームにおいて「社会福祉法人上越頸城福祉会創立30周年記念式典~夕映えの郷開設30周年・しおさいの里開設20周年~」が挙行されました。

 

 これもひとえに歴代の役職員の皆様をはじめ、ご利用者・ご家族の皆様、関係機関・事業所や地域の皆様等々、携わってくださいました多くの皆様方の厚いご支援と温かい励ましの賜物でございます。ここに心よりの感謝を申し上げます。

 

 振り返りますと、当法人は主に精神・身体に障がいがある方々ならびに高齢者の方々を支える施設として開設されました。この間、障害者福祉においては措置制度から支援費制度、障害者自立支援法、障害者総合支援法へ移行されました。また、高齢者福祉においても措置制度から介護保険制度への移行と3年に一度の制度改正と、時代の福祉ニーズがめまぐるしく変化してきました。

 

 加えて、少子高齢社会が加速する現在において、社会福祉法人は制度に定められた福祉サービスの提供のみならず、より地域に貢献するための公益的な取り組みが求められています。

 

 この30周年を機に、改めて当法人の存在価値を役職員間で確認し合うとともに、夕映えの郷・しおさいの里がお互いに協力して、年齢や障がいに関わらず、地元・上越地域に暮らす皆様の幸せのため、前に進んでいきます。これからも皆様方からのお力添えをお願い申し上げます。本日はご多忙の中、式典にご出席いただき、たいへんありがとうございました。

(役職員一同)

小春日和のなか、当法人30周年記念式典が開催されました
小春日和のなか、当法人30周年記念式典が開催されました
上越市大潟区総合事務所長・鍵田清秀様より心温まるご祝辞を頂戴しました
上越市大潟区総合事務所長・鍵田清秀様より心温まるご祝辞を頂戴しました
当法人・内山理事長より、ボランティア団体等に感謝状を贈呈させていただきました
当法人・内山理事長より、ボランティア団体等に感謝状を贈呈させていただきました
最後に、夕映えの郷としおさいの里のこれまでの歩みを画像を通して出席者で共有しました
最後に、夕映えの郷としおさいの里のこれまでの歩みを画像を通して出席者で共有しました

0 コメント

No.1784 メンタルヘルスの研修会。お話を聞いて、こころの底から「スッ」と気持ちが和らぎました

 しおさいの里・衛生委員会です。去る10月24日にメンタルヘルス研修会を開催しました。講師は(株)マナーズの代表取締役であり、メンタルヘルスコーチの山田節子さんです。しおさいの里では、定期的にメンタルヘルス研修を行うことで、働く職員の心と体の健康づくりに努めています。

 

 研修では「信頼関係形成のためのコミュニケーション」について、複数の方法を教えていただきました。また、研修会終了後のアンケートでは「頭すっきり、気持ちが軽くなった気がする」「職場環境が明るくなるように、明日から学んだことを発信していきたい」「風通しの良い職場づくりのためにも、メンタルヘルスは大切」「どのようにすれば人間関係が良いものになるかが分かったので、自分を変えていく努力をしていきたい」等、自身や職場の活性化への思いも多く聞かれました。

 

 研修会の冒頭、講師先生の言葉に「ありのままの素直な心で、向上心は昨日より今日の自分が成長したいと、人間だけが持つありのままの姿」が心に残りました。研修を通して気づかせてもらったこと、実践できることを一つでも今日から行っていきたいと思います。

(管理課長 吉崎)

夕映えの郷のスタッフを含め、多くの多職種スタッフが先生の話に聞き入っていました
夕映えの郷のスタッフを含め、多くの多職種スタッフが先生の話に聞き入っていました

No.1783 秋の清々しい空気を全身で体感。いつも以上に背すじが伸びました!

 ご無沙汰しています。デイサービスセンターゆりかご荘です。

 

 10月最終日となる本日、とっても天気が良かったので、半日型デイサービスのご利用者さんと中庭に出て活動を行いました。室内での体操も良いですが、外に出ると開放感があり、気持ちも晴れ晴れとします。そんななか、ボールを使った体操や頭を使ったトレーニングをスタッフといっしょに行いました。

 

 「青空で良い天気だね。」「外はやっぱり気持ちが良いね。」ご利用者さまの笑顔もいつもより輝いて見えます。

 

 少し風は冷たかったですが、日差しは申し分なく、体も動かして「ぽかぽか」としたひと時になりました。

(生活相談員 大島)

急きょ中庭で体を動かしました。
急きょ中庭で体を動かしました。

0 コメント

No.1782 流行性感染症の季節を迎え、スタッフ間で対処方法を確認し合いました

 感染症対策委員会では、これから流行の時期を迎えるインフルエンザやノロウイルス等の感染症に備えて、職員研修会を開催しました。

 

 今回は、夜間にご利用者がベッド上で嘔吐した場合の対応と、送迎中の車内で嘔吐した場合の2つの事例についてデモンストレーションを行いました。

 

 実践から「ここは、こうした方がいいんじゃない。」「もしも、こんな場合があったらどうする?」等、活発な意見が挙がるなか、研修会が進んでいきます。

 

 1時間では足りない程、たいへん実のある研修となりました。

(感染症対策委員 生活支援員・中村)

ベッド上ならびに送迎時での嘔吐場面を想定したデモンストレーションの様子
ベッド上ならびに送迎時での嘔吐場面を想定したデモンストレーションの様子
感染を拡大させないための対応について確認しました
感染を拡大させないための対応について確認しました

0 コメント

No.1781 次世代に「福祉の本質を『現場』から伝えていくこと」への責任の重さを感じる機会となりました

 いつもありがとうございます。10月18日以来の久しぶりの更新となってしまい、これまで当ブログを訪問していただきました皆さまには心よりお詫び申し上げます。

 

 さて、先日のこと。新潟青陵大学の社会福祉援助現場実習の成果報告会が行われました。23日間にわたり、当複合施設で実習に臨まれたKさんの40ページにまとめられた発表を関係者で拝聴しました。

 

 報告会での最後、Kさんから「施設でのクラブ活動や介護予防教室などの取り組みを通じて、地域の人と交流し、繋がる様子は、まさにしおさいの里の理念である~人と人とのつながり、地域のひろがりに貢献します~を体現していると感じました」との声をいただきました。

 

 実習生さんが当法人の理念を意識してくださっていたことに感謝するとともに、ソーシャルワーカーを目指す若人を心強く感じた次第であります。Kさんの今後の成長とご活躍をスタッフ一同、楽しみにしています。たいへんお疲れさまでした!

(統括施設長 竹田)

実習成果報告会の様子
実習成果報告会の様子

0 コメント

No.1780 外出にて。お天気も食べ物も味方して、思い出に残るドライブとなりました!

 さいはま園の杉田です。昨日、とってもお天気が良かったので、スタッフにお願いしてドライブに同行していただきました。

 

 さいはま園から国道8号を柏崎方面に走り、北陸道・柏崎ICから帰路へ。途中、米山サービスエリアに立ち寄ってのお昼ご飯。今回のドライブで一番楽しみにしていました。

 

 海鮮丼の予定でしたが、訳あって「ミスジ肉のステーキ重」をチョイスしました。しかし、これがまた絶品であり、ついつい2人前を頼んでしまいました。

 

 食後は、雄大な日本海を眺め、帰路に着きました。スタッフの皆さん、素敵な時間をありがとうございました!

(さいはま園 杉田 守さん)

(各画像をクリックして拡大)



0 コメント

No.1779 とってもチャーミングな小菊から、ホッとする時間をいただきました

 昨日、当デイサービスセンター・スタッフのKさんより「自宅で育てていた小菊が花を咲かせてきたので、皆さんから可愛がってもらってください」とのこと。早速、玄関ロビーに飾らせていただきました。

 

 その可憐な姿に、ご利用者・スタッフ共々、存分に楽しませていただいております。現在は1~2分咲きといったところでしょうか。

 

 ご来所の際、この菊を観て楽しんでいただけると幸いです。

とってもチャーミングな小菊。Kさん、ありがとうございました
とってもチャーミングな小菊。Kさん、ありがとうございました

0 コメント

No.1778 「お口の健康」の大切さを職種を越えて再認識しました

 去る10月10日、食事委員会の主催で『口腔ケア研修会』を行いました。当日は、小山歯科医院・小山先生と歯科衛生士の奥泉さんが講師に来てくださいました。

 

 当日は「お口の中の健康」をテーマに「摂食嚥下」や「義歯の正しいケアの方法」、「口腔病変」等についてご教示いただきました。口腔病変では、腫瘍、舌ガン、帯状疱疹、手足口病など身近な病気も含め、病状を知ることができました。

 

 また、実習では口腔内乾燥の疑似体験として、参加者全員が「自分の口腔内にオブラートを左右上下に貼る」、「きな粉を舌の上に乗せる」を組み合わせ、乾燥状態とその場合の汚れの取り方を体験しました。

 

 研修を終えて、改めてご協力くださいました講師の先生方に感謝するとともに、今日の研修や体験で得たことを取り入れながら、これからもご利用者の口腔ケア維持向上に努めたいと思いました。

 

(管理課長 吉崎)



0 コメント

No.1777 いつもより早いインフルエンザの流行期。くれぐれもご自愛ください

 新潟県の発表(10月9日)によると、県内がインフルエンザの流行期に入ったとのことであります。

 

 今年は全国的に例年より報告数が多く、また新潟県内においては平成11年以降で最も早い流行期入りとなっています。

 

 今日の上越市教育委員会からの発表にもあるように、市内でも複数の小学校で集団発生が報告されるなど、今後の増加が懸念されることから、十分な注意が必要です。

 

 予防接種をはじめ、うがい・手洗いの励行等、感染予防対策には十分ご留意願います。


0 コメント

No.1776 このたびの台風19号で被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます

 昨日から今朝にかけ、台風19号が日本列島を縦断し、各地で甚大な被害が出ています。被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

 当地域においても一時、大雨特別警報が発令されるなど、激しい天候が続いていました。そのようななか、上越市から福祉避難所開設の要請があり、地域に暮らす要介護者の受入れを行いました。

 

 台風通過後の本日、避難者の無事の帰宅を確認し、避難所を閉鎖しました。また、当居宅介護支援事業所ならびに地域包括支援センターのスタッフも在宅に暮らす地域住民に連絡を取り、安否を確認いたしました。

 

 自然の驚異を改めて実感するとともに、有事の際の適切な対応について、勉強させていただきながら対応する機会となりました。

(統括施設長 竹田)


0 コメント

No.1775 ~ハートフル♡夕映え~おかげさまで11周年を迎えました

 夕映えの郷です。今週末に日本列島に接近する台風19号。被害が大きくならないことを、ただただ願うばかりであります。

 

 ところで、ハートフル♡夕映えでは、オープンから11周年を迎えることができました。これまで支えていただきました多くの皆さまに感謝し、このたび『お祝いキャンペーンくじ』を行います。

 

 10月15日(火)から先着50名の皆さまに記念くじを差し上げます。どうぞお気軽にお越しください。

 

(夕映えの郷)


0 コメント

No.1774 「心が動けば体も動く」ことを実感した「みんなで学ぼう会」となりました

 しおさいの里では、地域全体の認知症ケア向上の取り組みの一つとして、近隣施設・事業所や地域の方々と共に「みんなで学ぼう会」と称した勉強会を開催しています。

 

 去る9月30日には3回目の会を開催しました。当日は当施設スタッフが19名、外部の方々が16名の総勢35名の皆さんにお集まりいただきました。

 

 今回は、いつもの勉強会とはやや趣を変え、「レクリエーションの手法~施設の生活に楽しみを」というテーマで時間を共有しました。講師役の特別養護老人ホームやすらぎの里・荒川作業療法士さんと当施設・山口機能訓練員からレクリエーションの極意をお聞きしながら、みんなで楽しく体を動かしました。

 

 勉強会から、「自然な笑顔」を創り出すためのヒントを教えていただいた気がします。また、支援者自身が無理をせず、自然体で対象者と向き合うことの大切さも、今回の体験から実感しました。ご参加いただきました皆さん、たいへんありがとうございました!

(DCUプロジェクト委員一同)

講師の荒川さん
講師の荒川さん
ボールを使ったレクリエーションの一コマ
ボールを使ったレクリエーションの一コマ

続いて、山口訓練員にバトンタッチ
続いて、山口訓練員にバトンタッチ
自然と笑顔が生まれました
自然と笑顔が生まれました


0 コメント

No.1773 清々しい秋空に心身をリセット。今日に感謝。また明日もよろしくお願います

 清々しい秋の空気に包まれた今日のうみまちです。仕事あがりのこと。久しぶりに屋上のはしごを登りました。

 

 想像通りの景色。風もなく、ややひんやりとした空気感から、今日も疲れた心身をリセットさせていただきました。

 

 残念ながら日の入りのタイミングには間に合いませんでしたが、上越火力発電所方面の夕焼けから、明日への勇気を胸に刻みながら、軽快にはしごを下りました!

(管理人)

今日の屋上からの景色。日の入りには間に合いませんでした
今日の屋上からの景色。日の入りには間に合いませんでした
子どもの頃に観たドラマ「太陽にほえろ」に出てきた夕焼けを思い出しました
子どもの頃に観たドラマ「太陽にほえろ」に出てきた夕焼けを思い出しました

0 コメント

No.1772 立場を越えて「楽しさ」を共有した秋の宴。今年もありがとうございました!

 デイサービスセンターゆりかご荘です。ちょっとご報告が遅れましたが、9月の出来事をご紹介させていただきます。 

 

 9月11日~14日にわたり、「ゆりかご荘・感謝祭(敬老会)」を開催しました。今年は、地域のボランティアさんやスタッフからの出し物、そして恒例となる大運動会など盛りだくさんで大盛り上がりのお祭りとなりました!

 先ず初日は、スタッフによる「紅白カラオケ大会」です。様々な衣装でおめかししたスタッフが、全8曲を熱唱。

 

 普段とは趣の異なるスタッフの姿に、ご利用者のみなさんも驚きを隠せない様子です。

 

 その後はご利用者さまからの飛び入り参加もあり、スタッフの頑張りが影を潜めてしまうほどの美声をひろうしてくださいました(笑)!

 2日目は、ゆりかご荘では日頃からお世話になっております『絃の会』の皆さまより、三味線をご披露いただきました。

 

 毎度ながら素晴らしい演奏の数々に、ご利用者の皆さまも聞き入っておられました。

 

 また、演奏だけではなく、面白おかしく場内を盛り上げて下さり、大盛り上がりの演奏会となりました。

 そして、3日目は、地元のマドンナ「華かおり御一行さま」による歌謡ショーです。

 

 素晴らしい歌声に一同が感激。オリジナルの曲を含め、熱唱のオンパレード。

 

 また、華やかな衣装にも目を奪われました!「見逃すまい」と、曜日を振り替えてご利用してくださったご利用者さんもおり、大好評のステージとなりました!

 お祭りの最後となる4日目は、「大運動会」です。ニュースポーツと呼ばれる「スポットボール」や「輪投げ」を取り入れ、大トリは恒例の「大玉送り」を行いました。

 

 どの競技も、皆さん一生懸命に取り組まれており、また周囲の皆さまからの声援もたいへん素晴らしいものでした!スタッフも当然のごとく競技に加わり、楽しい時間を分かち合いました。

 

 結果は紅組の勝利。お互いに全力を尽くした運動会となりました。

 そして最後に、敬老会と言えば「表彰式」です。

 

 今年は、米寿、卒寿の5名の方々を表彰させていただきました。

 

 施設長から該当された皆さまへの突然の表彰状の授与に、指名を受けた皆さま、一同に驚かれておりました(笑)。

 

 また、敬老の記念品としてスタッフから、荷物カバンに合う名札を全員にプレゼントさせていただきました。早速、カバンに付けてくださる皆さんの嬉しそうな笑顔が印象的でした。

 大盛り上がりで終わった4日間。また皆さんが楽しめるような企画・イベントを考えていきたいと思います。そして、ご協力いただきましたボランティアの皆さんにも感謝申し上げます!

 

(生活相談員 森山)


0 コメント

No.1771 おかげさまで20周年。感謝の気持ちを伝え隊!

~しおさいの里等複合施設では、今年度、開設から20周年を迎えました~

 

 社会福祉法人上越頸城福祉会しおさいの里等複合施設では、開設から20周年を記念して、これまで多くの皆さまにご利用いただいたことへの感謝の気持ちを込めて、日ごろから当複合施設をご利用される皆さまをはじめ地域の皆さまにも、しおさいの里の現在までの歩みやその効果、魅力等を再発見していただくことを目的として、施設開設20周年を記念したイベント『ありがとう☆20周年祭~つなげて・ひろげて・未来に向けて~』を開催します。

 

 当日は施設内を開放いたします。地域の皆さまと素敵な時間を共有できることをスタッフ一同、楽しみにしております。どうぞ、お気軽にお越しください!

(20周年祭・実行委員長 永田)


0 コメント

No.1770 これからの時代に向け、ますます重要度が増す「成年後見制度」について理解を深めました

 しおさいの里地域包括支援センターです。先月は9月12日のことでありますが、大潟コミュニティプラザにおいて、地域の介護支援専門員向けに「大潟区・頸城区福祉従事者合同研修会」を開催しました。

 

 今回の研修会では「公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート」さんの無料講座を活用し、会員である平原司法書士事務所の平原藍司法書士さまから「成年後見制度」について講義をしていただきました。

 

 制度の概要や「法定後見」と「任意後見」のメリットとデメリット、そして普段担当している方の事例から後見人等の業務など分かりやすくお話をしていただきました。また、講義後の質疑応答では、参加者からたくさんの質問があり、制度の理解を深める有意義な時間となりました。

 

 今回、お忙しいなか講師に来ていただいた平原司法書士に改めて感謝申し上げるとともに、これからもご支援のほど、よろしくお願いいたします。

(地域包括支援センター 田中・佐藤)

大潟コミュニティプラザで行われた「大潟区・頸城区福祉従事者合同研修会」の様子
大潟コミュニティプラザで行われた「大潟区・頸城区福祉従事者合同研修会」の様子

0 コメント

No.1769 どんなときでも、みんな『一生懸命』に生きているんだなぁ

 気がつけば今年もあっという間に10月に突入。年を重ねるごとに、時間の早さを強く実感する小生であります。

 

 ところで、今日の夕刻のこと。久しぶりにカメラを片手に施設の周辺に目を向けてみました。中庭に咲く可憐な花々と、茶色に枯れ始めた木々の葉。その対比に、何となく複雑な気持ちを覚えました。

 

 「暑すぎず、寒すぎず過ごしやすい」というポジティブ(前向き)な気持ちと、「寒い冬が近づいている」というネガティブ(後ろ向き)な気持ちが交錯してしまいます。

 

 でも、最終的には「これも自然の摂理。『今』を受け入れて明日からまた、前に進んでいきたいなぁ」と考える結論に至りました。

(管理人)

次世代に想いをつなぐため、みんな一生懸命に生きているんだなぁ
次世代に想いをつなぐため、みんな一生懸命に生きているんだなぁ

0 コメント

No.1768 ぶどうの一粒ひとつぶに、笑顔がいっぱい弾けました!(ゆりかご荘)

 いつもご利用いただきありがとうございます。デイサービスセンターゆりかご荘です。

 

 9月の思い出。先日、当センターでは山本ぶどう園にぶどう狩りへ行ってきました。「粒が大きい!」、「とっても甘い!」等、ご利用者からもたくさんの笑顔が見られました。

 

 時期的には『藤稔』が一番甘くなっていますと、ぶどう園の方からコメントもいただきました。

 

 たくさんお土産に購入して「家でもしっかりと食べました!」、「また来年が楽しみです!」とのお言葉が後に聞かれました。

 

 季節も秋を迎え、少しずつ涼しくなってきた今日、この頃です。これからも皆さんに楽しんでいただける行事を考えていきますので、よろしくお願いします!

(生活相談員 大島)


0 コメント

No.1767 「自分」も「相手」も尊重。コミュニケーションの基本を再確認しました

 9月18日に、人権意識向上委員会・身体拘束ゼロ推進員会が主催する研修会『不適切な言葉づかい・対応ってなんだろう』を開催しました。

 

 相手に対しての「強い口調や命令口調、幼児語、そして方言」等、ロール・プレイング(疑似体験)を用いて再確認。相手に苦痛を感じさせたり、行動を制限しないような言葉かけについて話し合いました。

 

 相手を不快にさせず、「分かりやすい言葉」で伝えることを大切にしながら、「自他尊重」のコミュニケーションを心掛けていきたいと思います。

(介護支援専門員 山本)

ロールプレイングの一コマ
ロールプレイングの一コマ
視覚化して課題を確認
視覚化して課題を確認

意見交換の様子
意見交換の様子
研修のまとめ。みんなで想いを共有
研修のまとめ。みんなで想いを共有


0 コメント

No.1766 「まんぷく食堂」価格改定のお知らせ

 夕映えの郷「まんぷく食堂」です。

 

 諸般の事情により、この10月から提供価格を値上げさせていただくことになりました。詳細は下記のとおりとなります。

 

 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。(各画像をクリックして拡大)

(夕映えの郷)



0 コメント