No.1628 これからの「地域福祉とアートのため」に、私たちも参加しました(さいはま園・夕映えの郷)

 さいはま園&夕映えの郷です。去る10月6日~12日の間、上越市高田地区にありますリブレリアホールにて「アール・ブリュット展『マイプレイス私の遊び場』に、「ここはま会」の作品を出展いたしました。

 

 出展したものは、ネルのような布にイラストを描いて、同じくネルのようなパネルにそのイラストを使って、自分の世界を作る遊びの作品です。イラストは、夕映えの郷・こころ場の皆さんとさいはま園の皆さんが日々、少しずつ描いていきました。

 

 動物、果物、花、木々などの自然・・・などなど、型のイラストを塗り絵したり、独自の世界観を描いたりしました。そした、さいはま園では、11日にその展示を見学に行きました。作品を作られた方は、自分たちが作ったものがどのように展示されているか興味津々です。他の素晴らしい作品の中でも、決して見劣りするものではない私たちの作品に大満足でした。

 

 「芸術」なんて言葉は難しく感じてしまいますが、「楽しい、キレイ、心が安らぐ」そんな実感が「芸術」なのかもしれません。

(障害支援課長 中村)

アール・ブリュット展 in 上越。今年で4回目の開催
アール・ブリュット展 in 上越。今年で4回目の開催
さいはま園と夕映えの郷の共同作品で初出展。現地で自分たちの作品を鑑賞してきました
さいはま園と夕映えの郷の共同作品で初出展。現地で自分たちの作品を鑑賞してきました
芸術は『爆発だぁ』。思い思いに楽しみました
芸術は『爆発だぁ』。思い思いに楽しみました

0 コメント

No.1627 秋の恒例イベント『夕映えフェス 2018』のお知らせです!

 ご無沙汰しています。夕映えの郷です。10月もあっという間に半分が過ぎました。秋が深まり始めた今日、この頃。皆さん、お変わりありませんか?

 

 さて、本日は秋の恒例イベント『夕映えフェスティバル』のお知らせです。11月3日(土)、市内の障害福祉サービス事業所からの出店も含め、地域の皆さまと楽しく交流したいと思います。

 

 今年の見どころの一つ『ザ・ベストテン in 夕映え』。ネーミングから昭和時代後半の懐かしさが存分に感じられそうなこの企画?。内容は当日、会場でご確認ください。どうぞ、お楽しみに!


0 コメント

No.1626 一年に一度の野外炊飯。やっぱり、いいわぁ。この空気感!(さいはま園)

 さいはま園です。一昨日の10月10日(水)、施設の近くにあります「新潟県立大潟水と森公園」において、野外炊飯を行ってきました。

 

 当日は、なんとかお天気も味方してくれて、予定通り、さいはま園特製のカレーライスを作ることができました。

 

 日頃味わうことのできない、屋外での昼食会に喜びが隠せないご利用者の皆さん。その気持ち、スタッフも十分伝わってきました。

 

 その後、全員で大きな声で「ごちそうさまでした!」。地元・大潟の自然を体いっぱいに満喫し、帰路に着きました!


0 コメント

No.1625 「感じたこと」を「言葉にすること」。まさに「自分らしさ」だと思います。

 今日の介護予防教室『だんだん広場』でのこと。脳トレの課題の一つとして「秋の風物詩を想像しながら、自分の言葉で表現する」ことを行いました。

 

 頭の中では当たり前に感じている日常の出来事も、いざ言葉で表すとなると、ちょっと考え込んでしまいます。

 

 「焼きたてのサンマに箸を入れるときの感じって、『ジュワッ』かなあ。」「そうそう。焦げた皮目が『パリッ』としてるのよ。」「渋柿を食べたときの感じって、どう表現したらいいのよ。」「大切な人と鍋を囲むってあるけど、私は最近、『一人鍋』ね。」等々、会場内のあちらこちらから、様々な言葉や表現が聞こえてきました。

 

 「感じたこと」を「言葉にすること」って、まさに「自分らしさ」だと思います。そんな題材を使って、皆さんと秋を存分に味わうことができました!

(管理人)

皆さんは、どんな言葉で表現しますか?下記のコメント欄からお気軽に投稿ください!
皆さんは、どんな言葉で表現しますか?下記のコメント欄からお気軽に投稿ください!

0 コメント

No.1624 認知症カフェ『うみまち茶屋』からのお知らせ。下半期もいろいろなミニ講座を計画しました(地域包括支援センター)

 しおさいの里地域包括支援センターです。平成30年度も早いもので半年が過ぎました。

 

 ところで、本日は大潟地区の認知症カフェ『うみまち茶屋』の下半期の活動予定をご紹介します。地域自主団体である「まちづくり大潟」さんより当センターが委託を受けて行っておりますこのカフェですが、下半期も地域につながりのある方々をお呼びし、様々な「ミニ講座」を計画しています。

 

 「笑いヨガ」に「押し花はがき」、そして「音楽」に「体操」、さらには「悪徳商法対策」等々、いろんなテーマで地域に暮らす高齢者の皆さまのサポートをしていきたいと考えています。皆さま、どうぞお気軽にお越しください!


0 コメント

No.1623 一回り成長した皆さんと地元を盛り上げたいです。みんな、待ってるよ~!

 しおさいの里等複合施設では、未来を担う子どもたちが企業における職場体験やインターンシップ(就労体験)を積極的に受け入れています。

 

 今年の夏も、地元・大潟町中学校の生徒さんや市外に進学された大学生の皆さんの受け入れを行いました。

 

 このたび、上越市よりインターンシップに関する取材を受け、『広報じょうえつ・10月1日号』にて当施設の取り組みが紹介されました。また、新潟県のインターンシップ特設サイト『新潟インターンシップ2018』でも、当施設でインターンシップを体験された学生さんの感想が掲載されています。

 

 一度上越を離れた若人の皆さん。地元では官公庁や民間各業種を問わず、地域が一丸となって成長された皆さんの帰郷を首を長~くして待ってます。興味のある方は是非、ご一報を!!!

”働くリアル”(上越市インターンシップ企業紹介)より
”働くリアル”(上越市インターンシップ企業紹介)より

0 コメント

No.1622 民生委員児童委員さんは、地域包括ケア実践の大切なパートナーです。これからもよろしくお願いします!

 先月は9月11日の出来事に遡りますが、当複合施設に『柿崎地区民生委員児童委員』の皆さまが視察研修のため来所されました。

 

 当法人からはしおさいの里・夕映えの郷それぞれの担当者からの施設概要ならびに、地域包括ケアに関する当法人としての取り組みについて説明をさせていただきました。

 

 途中、介護予防教室「だんだん広場」の脳トレも体験していただきながら、楽しく研修会を進めさせていただきました。

 

 民生委員児童委員さんは、地域包括ケアの実践になくてはならないパートナーです。そんな皆さまを心強く感じた次第です。今後とも地域のサポートをよろしくお願いします。

(副統括施設長 竹田)

視察研修の様子
視察研修の様子
皆さん、熱心に耳を傾けてくださいました
皆さん、熱心に耳を傾けてくださいました
脳トレも体験していただきました
脳トレも体験していただきました


0 コメント

No.1621 ご報告が遅れて申し訳ありません。ユニットごとに個性豊かな敬老会でした(しおさいの里)

 先月9月17日(月)に、平成30年度敬老会を開催しました。今年度の敬老会は例年とは趣を変え、各丁目(ユニット)ごとに行いました。ご家族もいっしょに表彰式に参加され、水本施設長より表彰していただきました。

 

 上寿(101歳)1名、百寿(100歳)1名、米寿(88歳)6名の皆さまが表彰されました。表彰を受けた皆さま、お祝いムードでとても良い表情をされていました。

 

 また、催し物では各丁目で趣向を凝らし、ご利用者さまに楽しいひと時を過ごしていただけるよう計画しました。どのユニットにおいても嬉しそうな表情、楽しい声が聞こえ、とても良い敬老会となりました。職員もいっしょに楽しませていただき、全員参加型の素敵な敬老会を創ることができました。たいへんありがとうございました。

(敬老会実行委員長)

2丁目

 2丁目では、百寿1名・米寿2名の方の表彰が行われました。しおさいの里全体での表彰式ではありませんでしたが、普段からの顔なじみの方が揃っているなかで、温かくお祝いができた今回の形式も良かったように思います。

 

 午後からは、少しでも楽しい雰囲気をと、たこ焼き風お好み焼きやかき氷、千本引きのコーナーを設置し、「プチ祭り」を開催しました。ご利用者の皆さまからも好評で、千本引きで当たった景品も喜ばれていました。

3丁目

 3丁目では室内装飾を駆使し、縁日にて賑やかな雰囲気を作り、平成最後の敬老会を盛り上げました。紅白玉入れを楽しんだり、駄菓子を美味しそうに召し上がる姿は、まるで童心に帰られたようで皆さま楽しまれておりました。

 

 また、3丁目では上寿1名、米寿2名の皆さまが表彰されました。そしてお楽しみのお昼は「お祝い御膳」です。職員手作りのお品書きがまたひと花添え、とても美味しくいただけたようです。

5丁目

 5丁目では、オープニングで職員による「ソーラン節 よっちょれ」を披露し、息の合ったパフォーマンスと迫力で、観ているご利用者の皆さんに楽しんでいただきました。また、表彰式では、職員の手作りの表彰状を一人ひとりに手渡しました。

 

 その後の茶話会では、花の形の和菓子が大好評。皆さんに「美味しい」とおっしゃっていただけました。最後は千本引きを行い、こちらも手作りの色紙をプレゼントしました。「ありがとう」「嬉しい」等、終始笑顔が絶えない敬老会となりました。

6丁目

 6丁目では、米寿1名の方が表彰されました。そして、午後からのお楽しみは「千本引き」です。どのひもを引こうかな?!「よいしょ・よいしょ」と職員の掛け声に合わせてひもを引き、ジュースやアイス、駄菓子が当たりました。ひもを引く時の「ドキドキ感」が楽しめたようです。

 

 皆さま笑顔で景品を持ち帰られました。さっそくお味見ということで、袋に手を入れ美味しそうに召し上がる姿が印象的でした。

7丁目

 7丁目では、今をときめくスーパースター『I・エリザベス』が付き人『ジャネット・F』と共に緊急来日し、長寿のお祝いに駆けつけてくださいました。普段はあまり見せないとっておきの芸「二人羽織」の披露。美人で有名なエリザベスは一体、どのようなお姿に!

 

 「笑う門には福来る。」顎が外れそうなくらい、皆さまいっぱいいっぱい笑っていただきました。そんな7丁目においては米寿の方1名が表彰されました。


0 コメント

No.1620 本日の新潟日報朝刊に、認知症啓発に関する広告記事を掲載しました

 社会福祉法人上越頸城福祉会しおさいの里では、昨年度から始まった新潟日報社「地域包括ケアネット ささえ~る+」新潟・認知症啓発キャンペーン~一人ひとりが、サポーター。つなぐ広げるオレンジの輪~に協賛しています。

 

 ちなみに、この広告企画は「第12回全日本広告連盟・鈴木三郎助地域キャンペーン大賞」に選ばれています。

 

 本日の新潟日報朝刊に特集紙面ならびに当複合施設の紹介記事が掲載されておりますので、ご覧いただけると幸いです。

 

 加えて、9月15日発行の新潟日報「おとなプラス」の特集記事にて、新潟県社会福祉士会の活動が掲載されており、当地域包括支援センターの荒井社会福祉士と介護予防教室「だんだん広場」の活動にかんする取材記事が紹介されていますのでこちらもご覧ください。


0 コメント

No.1619 海の幸に山の幸。鉄板も加わって心も体も充実したお食事会となりました(さいはま園)

 さいはま園です。先日のお昼の時間に「鉄板焼き会」を行いました。

 

 厚切りステーキ肉に、えび、ほたて、野菜等々、たくさんの食材を豪快に焼きました。また、ご利用者の皆さんにもできる範囲で調理に加わっていただき、充実感満載、そしてお腹いっぱいのひと時でした。

 

 まさに食欲の秋です。次回の野外炊飯も楽しみです!

(生活支援員 碓井)


0 コメント

No.1618 ブログ更新が滞ってしまい、申し訳ありません。まだまだ頑張ります。先ずはラン伴のご報告から

 皆さん、ご無沙汰しております。本日は9月14日以来、約10日ぶりの更新となりました。

 

 これまで、当ブログにご訪問いただきました皆さま、たいへん申し訳ありませんでした。この間、いろいろとお伝えしたいことがあったのですが、なかなかパソコンのキーに向き合うことができず本日に至ってしまいました。

 

 ところで、ブログ再開の記事は去る9月15日(土)に行われた『ラン伴』から。当複合施設もその一員として活動をさせていただきました。

 

 雨の中、地元上越市大潟区・頸城区を地域の皆さんと一生懸命駆け抜けました。途中、思いもよらぬ歓迎を受け、地域の皆さまの心強さを感じた次第であります。これからも地域のためにスタッフ一同、力を尽くしていきたいと思います!

雨の中。地域をタスキでつないできました
雨の中。地域をタスキでつないできました
その時、雨が止みました。日本海も優しく迎えてくれました
その時、雨が止みました。日本海も優しく迎えてくれました
しおさいの里の近く。ちょうど電車が通過していきました
しおさいの里の近く。ちょうど電車が通過していきました
こんなに大々的に応援して下さって感激です。ありがとうございました!(上越市頸城区城ノ腰地区)
こんなに大々的に応援して下さって感激です。ありがとうございました!(上越市頸城区城ノ腰地区)

0 コメント

No.1617 地域に足を運んでくださってありがとうございます。困ったときはよろしくお願いします!

 ご無沙汰しています。しおさいの里地域包括支援センターです。

 

 上越市地域支え合い事業の一つとして、大潟区にあります自主団体「まちづくり大潟」さんからの委託を受け月1回実施しております「介護者のつどい」。本日のつどいは、直江津にあります新潟労災病院の地域医療連携室に在籍する看護師の山田さん、角張さんをお招きして「病院の役割と地域との連携」をテーマにしたご講演をいただきました。

 

 参加者の皆さんに対し、明るく、朗らかに語りかけてくださる看護師さん。互いの距離が自然と近づいていきました。

 

 地域にとって、医療機関はなくてはならない存在です。これからも医療に関する悩み事を相談させてください。よろしくお願いいたします!

(大潟くらし支援室 歌)

たくさんの笑みがこぼれた「介護者のつどい」。労災病院さん、これからもよろしくお願いします!
たくさんの笑みがこぼれた「介護者のつどい」。労災病院さん、これからもよろしくお願いします!

0 コメント

No.1616 相談援助で大切なこと。自分なりに自問自答(夕映えの郷)

 夕映えの郷では、去る9月5日に『対人援助力を基礎から高める~自分を使える援助者になるために』と題した職員研修会を開催しました。

 

 講師は淑徳大学総合福祉学部・佐藤俊一教授です。当日はお忙しい中、私たちのために千葉から駆けつけてくださいました。

 

 佐藤教授曰く、相談援助場面においては「基本となる人間関係(基礎)があって、援助関係(専門)が成り立つこと」、「基礎工事を続けることが専門性の証である」とのお話をいただきました。

 

 そのお話から、人間関係の基礎として「心と心のキャッチボール」を連想しました。相手が投げかけたボール(言葉や表情、しぐさ)をフットワーク良く受けとめているか、そして受けとめた事象を感受し、自分の言葉で相手の取りやすい場所に投げ返しているか。自問自答を繰り返す研修会となりました。

(管理人)

対人援助力を基礎から高める
対人援助力を基礎から高める
熱弁の佐藤教授。あっという間の3時間。たいへん勉強になりました
熱弁の佐藤教授。あっという間の3時間。たいへん勉強になりました

0 コメント

No.1615 平成30年北海道胆振東部地震へのお見舞いについて

 このたびの北海道胆振東部地震で被災されました皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、被災地域の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 

しおさいの里等複合施設 スタッフ一同


0 コメント

No.1614 一斉にうちわを『パタパタ』。爽快ゲームで夏を締めくくり(しおさいの里)

 しおさいの里5丁目・ショートステイです。猛暑の時期に比べて過ごしやすくなってきた昨今、先日は音楽体操後に「ゆらゆらゲーム」を行いました。

 

 ぶら下げた紐に新聞紙をかけて、うちわで扇ぎ、早く新聞紙を落としたチームが勝ち!というゲームです。

 

 「よ~い、始め!」の合図に合わせ、一斉にうちわを扇ぎます。「普段はこんなに扇ぎませんよねっ」という位に、真剣な表情で一生懸命『パタパタ、パタパタ。』すると、少しずつ新聞紙が落ちていきます。「なかなか落ちないね」「ちょっと面白いなあ」とは、ご利用者さま。3回戦を行い接戦の末、今回は赤チームの勝利。

 

 1回戦行うだけで、手には心地よい運動となります。楽しくリハビリしていただけたでしょうか。皆さま、たいへんお疲れさまでした。今後も楽しい活動を行っていきたいと思います。

(介護職員 高橋)


0 コメント

No.1613 『ラン伴2018新潟』がスタートしました!

 いよいよ、9月1日より『ラン伴2018新潟』が県北地域でスタートしました。しおさいの里・チクチク倶楽部で作成したピンクのタスキも、ランナーの皆さんのこころをつないでいることを嬉しく感じています。

 

 ところで、昨日は上越地域の最終打ち合わせ会が行われました。関係者一同、気持ちを一つにイベントの成功を誓い合ったとのことであります。

 

 上越ルートの一つとして、今年も当地域をラン伴が駆け抜けます。大潟区ならびに頸城区の皆さま、9月15日(土)の当日はご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします!

画像をクリックして拡大
画像をクリックして拡大

0 コメント

No.1612 8月も最終日。鮮やかな花々の安定感に気持ちもリラックス

 本日は8月の最終日。異例の暑さと台風、そして大雨。天候の成り行きに気が抜けない今日、この頃です。

 

 そんななか、当施設に咲く夏の花たちが元気に咲き誇っています。その鮮やかさに気持ちもホッとリラックス。しばし、ご利用者さまと花を眺めながら歓談しました。

2階・しおさいの里5丁目のベランダに咲くアサガオ。ご利用者さまとの会話も弾みました
2階・しおさいの里5丁目のベランダに咲くアサガオ。ご利用者さまとの会話も弾みました
こちらはさいはま園の中庭に咲くヒマワリ。その時、アゲハ蝶が突然のご訪問
こちらはさいはま園の中庭に咲くヒマワリ。その時、アゲハ蝶が突然のご訪問

0 コメント

No.1611 突然のお神輿の訪問。犀潟町内会の皆さん、元気と勇気をありがとうございます!

 今日の夕方のこと。施設の外から威勢の良い声と爆竹の音が聞こえてきました。

 

 急いで玄関に向かうと、犀潟町内会のお神輿が当施設に近づいてきます。そうでした。今日は地元・犀潟諏訪神社の秋祭りです。青年会の皆さんが今年もとびきりの元気と勇気を届けて下さいました。

 

 突然の訪問に慌てて玄関前に集まるご利用者の皆さん。そして、施設の2階から声援を送る皆さん。1年ぶりの再会を心待ちにしていたようです。

 

 地域の皆さん、いつも本当にありがとうございます。暑いハートを持った皆さんとともに、これからも街の元気に貢献していきたいと思います!

いつも全力投球。犀潟町内会の皆さん
いつも全力投球。犀潟町内会の皆さん
記念に、おみこしと記念撮影させていただきました
記念に、おみこしと記念撮影させていただきました

0 コメント

No.1610 「ラン伴2018新潟」の成功を願い、今年も心を込めてタスキを作りました!

 しおさいの里・チクチク倶楽部です。先週は8月22日、ご利用者様と地域ボランティアさんとともに『ラン伴2018 新潟』で使用されるタスキの作成を行いました。

 

 タスキは7本あり、I職員の提案で端に刺繍糸をチクチク。タスキ1本1本色を分け、7色の虹になるようなイメージで刺繍糸を縫いつけた後、二つに折りスナップボタンを付け、最後はボランティアさんが作ってくれた毛糸の可愛らしい花をつけて完成です。

 

 今回はタスキの納期が迫っていたため(25日には新潟に届けなければならなかった)、いつもに比べ、やや言葉数が少なかった倶楽部活動となりました。約2時間、集中して頑張りましたが当日には完成することができませんでした。すると、ボランティアのYさんから「残りは家に帰ってやってきますよ!」と心優しいお言葉があり、最後をお願いしました。

 

 みんなで作ったタスキが人と人とをつなげていきます。当地域では9月15日(土)に開催です。是非とも皆さん、応援よろしくお願いします。

(生活相談員 縄)


0 コメント

No.1609 大雨による避難勧告。福祉避難所を開設しました

 本日、上越市地域では大雨による土砂災害の危険が高まったため、市内の2万4千世帯、約6万2千人に避難勧告が発令されました。

 

 今回、避難勧告の対象地域となった頸城区の障がいがある方々の避難先として、当施設(さいはま園)にも上越市から福祉避難所の開設要請があり、終日にわたり市職員さんとともに受け入れ態勢を整えました。

 

 その後、土砂災害や河川の氾濫のおそれがなくなったことから、市内に発表していた避難勧告は夕方にすべて解除されました。

 

 異常気象と言われる昨今、災害はいつ起きるかわかりません。いざという時にも地域の安全を守れるよう、日頃からスタッフ一同、意識を高めていきたいと思います。


0 コメント

No.1608 平成30年豪雨被害に対する義援金ご金活動のご報告

 平成30年7月の豪雨災害により被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

 しおさいの里等複合施設では、当災害支援の一環として施設内に義援金箱を設置し、募金活動を行いました。

 

 その結果、皆さまからお寄せいただきました義援金総額が24,226円となりましたことをご報告申し上げます。この義援金は8月20日、日本赤十字社上越市地区事務局(上越市役所福祉課内)に届けさせていただきました。

 

 このたびは多くの皆さまの温かいご支援・ご協力に心よりお礼申し上げます。


0 コメント

No.1607 より良い生活支援を目指し、看取りケアの実際を本音で語り合いました

 去る8月1日、人権意識向上委員会にて、平成30年度「看取り研修会」を実施いたしました。

 

 研修会では、「看取りとは~その人らしさを最期まで支援する~」「アセスメントシートの活用」「看取り期の身体的変化と実務支援」「偲びのカンファレンス」という内容をお伝えいたしました。

 

 そもそも「看取り」とは「看病」などの行為そのものを表す言葉ですが、私たち施設が取り組むべきことは「最期まで尊厳ある生活を支援すること」を意味します。それは、私たちは利用者様の想いを伝える一番身近な最期の代弁者として、その方の生ききる姿を見届け、次につなげる専門職とならなければならないことを意味します。

 

 正直、看取りは私たち職員にとっても大切な利用者様が、今にもあちらの世界に旅立とうとしているところを支援するわけですから、実は身体的にも精神的にも辛く、何かしてあげたいが、もうすでに利用者様の状態が何も受け付けられないというもどかしさや悲しさ、これでよいのかなどの迷いもあります。それでも、その方が人生の最期に「幸せだった」と、感じて頂けるお手伝いができればという想いで、皆で勉強し、これからも支援していきたいと考えています。

(障害支援課長 中村)

グループワークの様子
グループワークの様子
たくさん挙がった意見。想いをみんなで共有しました
たくさん挙がった意見。想いをみんなで共有しました

0 コメント

No.1606 うみまちをいっしょに盛り上げて下さる方を募集しています。お気軽にお問合せください!

 現在、しおさいの里等複合施設では、平成31年4月採用予定の新卒等求人(介護職員)の募集を行っています。

 

 詳細については、当ホームページ内「採用情報」でご覧いただけます。また、ハローワークならびに新潟県内の各福祉系大学・専門学校にも求人票を提出させていただいておりますので、ご参照いただけると幸いです。

 

 併せて、中途採用(看護職員・介護職員・清掃員・運転手)の募集も随時行っています。ご興味のある方、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

画像をクリックすると「採用情報」ページに移動します
画像をクリックすると「採用情報」ページに移動します

0 コメント

No.1605 人生初めての甲子園。涙が止まりせんでした。

 今までに経験のない暑さが続く、今年の夏。皆さん、お変わりありませんでしょうか?

 

 数日前よりめっきり涼しくなりましたが、来週はまた猛暑の夏が戻るとの予報。皆さん、体調管理にはくれぐれもご留意ください。

 

 ところで、当ブログが数日間にわたり更新が滞っておりました。訪れて下さいました皆さまには申し訳ありません。当管理人、ちょっとだけお休みをいただいておりました。

 

 そんな小生。自分探しの旅に出かけた先は『甲子園』。今年の夏の甲子園は第100回の記念大会です。連日にわたりテレビで映し出される感動ドラマに心を抑えきれず、北陸新幹線と特急サンダーバードを乗り継いで高校球児の聖地にたどり着きました。

 

 高校時代、球児として叶うことができなかった甲子園への道。あれから20数年が経ち、初めて聖地に足を踏み入れました。

 

 球児の全力プレーはもちろんのこと、応援団と観客の声援、芝生の清々しさ、阪神園芸さんの効率的なグランド整備等々、目の前に起きるすべての事象に涙がとまらない瞬間が続いていきます。

 

 100年の歴史のつながりに「ありがとう。」そして、これからも地元の福祉向上に頑張りたいと心を改め、帰路に着きました。

(管理人)

神聖な場所『甲子園』。人生で初めて足を踏み入れました
神聖な場所『甲子園』。人生で初めて足を踏み入れました

0 コメント

No.1604 久しぶりのお隣同士の交流。暑さも忘れるほどの清々しい「じょんのびカフェ」となりました

 さいはま園です。先週は8月9日のこと。今年度初の、夕映えの郷「こころ場」さんとの「じょんのびカフェ」です。本日のメニューは「レアチーズケーキ」です。夕映えの郷からホールケーキを持参していただき、おいしそうな期待度が徐々にあがりました。

 

 そして、きれいにカットしていただき、お皿の上にのせると、なんとまあカラフルなお皿に真っ白いチーズケーキの映えること!期待度はマックスです。そこに、お好みで生クリームやフルーツジャムをかけていただき、さらにおいしさ倍増でした。

 

 実は、さいはま園では、徐々に嚥下(飲み込み)が難しい方も増えており、食事形態もさまざまです。ですが、この日はなめらかなチーズケーキのおかげで、全員が同じ形態で同じものを食べることができました。

 

 あちこちで「おいしいね」「おかわり」という声があがり、こころ場、さいはま園同士の会話も聞こえ、私たちスタッフも思わず笑顔になったひとときでした。

(障害支援課長 中村)

本日の主役となったチーズケーキ
本日の主役となったチーズケーキ
切り分けたケーキは色とりどりのプレートの上に
切り分けたケーキは色とりどりのプレートの上に
暑さも忘れるほどのおいしさでした
暑さも忘れるほどのおいしさでした


0 コメント

No.1603 絵画をこよなく愛するMさんへのささやかなプレゼント。喜んでいただけて光栄でした(しおさいの里)

 しおさいの里です。8月1日に誕生日を迎えられましたご利用者のMさま。先日は当施設の近くにある『樹下美術館』にて、ささやかな誕生会を行いました。

 

 実際に絵を描くことがお上手なMさん。当日は鑑賞する側としてお邪魔させていただきました。そして、じっくりと作品を鑑賞された後、素敵なお皿とカップでお祝いさせていただきました。

 

 甘い物には目がないMさん。「俺はあまり表情に出さないのだけど、今日のケーキはとても美味しかった。」と笑顔で記念撮影に臨まれたその姿が印象的でした。

 

 暑い夏のなか、ご利用者さまと素敵なひと時を過ごすことができました。

(介護職員 倉林)

樹下美術館の入り口にて記念撮影
樹下美術館の入り口にて記念撮影
作品の余韻に浸りながらのケーキセットに感動
作品の余韻に浸りながらのケーキセットに感動


0 コメント

No.1602 採血からのファストフード。体じゅうがはじけました(さいはま園)

 さいはま園です。一昨日は8月8日、年2回の施設内の健康診断(血液検査)が行われました。例年は13時頃から検査開始となるのですが、検査上、空腹時は望ましいということから、ご利用者様には朝食後からは、水分のみの摂取をお願いしております。

 

 また、検査終了後は夕食の時間も近いことから、さいはま園では昼食は例年、軽食と決めており、過去にもおにぎりやサンドイッチなどを提供しています。今回はハンバーガーに決定しました。普段、あまりファストフードを召し上がる機会が少ない利用者様ですが、この日はハンバーガーにチキンナゲット、コーラというはじけた食事となりました。

 

 カロリー制限は今日だけちょっと横に置いて(コーラはゼロキロカロリーにしましたけど)、ハンバーガーに思いっきりかぶりつきながらのランチが、採血の注射の痛みも忘れるほどのおいしさでした。

 

(障害支援課長 中村)

採血のあとの「昼マック」。年に一度のファストフード体験は定番のおいしさでした
採血のあとの「昼マック」。年に一度のファストフード体験は定番のおいしさでした

0 コメント

No.1601 ラン伴のタスキの製作。今年もオファーをいただきました(しおさいの里)

 しおさいの里・チクチク倶楽部です。

 

 今年も認知症の人や家族、支援者、一般の人がリレーをしながら、一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベント『ラン伴(らんとも)』が北海道地区からスタートしました。ちなみに当地域では、9月15日(土)に開催されます。

 

 先日、上越地区の運営スタッフさんより、昨年に地域の方々から作っていただいたオレンジ色の応援旗を大きな横断幕につなぎ合わせること、ならびに新たにタスキ7本の製作依頼を受けました。早速、チクチク倶楽部一同で作業を開始しました。

 

 私たちが地域のためにできることとして、人と人とがタスキでつながるように一針一針、心を込めて作らせていただきたいと思っています。皆さん、どうぞ完成をお楽しみに!

(生活相談員 松村)


0 コメント

No.1600 日本鉄道発祥の地に行き交うビジネスマン。スピード感を実感しました

 本日は施設運営に関するセミナー参加のため、東京・新橋へ。連日の猛暑から一転、肌寒いほどに感じられました。

 

 ところで、新橋駅と言えば明治5年(1872年)に開業した日本の鉄道発祥の地です。鉄オタの小生の心をくすぐる場所。多くのビジネスマンが行き交うなか、当時活躍したSLをじっくりと眺めました。

 

 当時はSLで1日かけてたどり着いた東京も、いまでは新幹線で2時間。今日も日帰りで勉強させていただくことができました。

 

 文明の力をお借りしながら、最先端の情報を地元・上越にもタイムリーにお届けしたいと思います。

(管理人)

今日の新橋駅前。予想外の寒さにビックリ。長袖を持参して正解でした
今日の新橋駅前。予想外の寒さにビックリ。長袖を持参して正解でした

0 コメント

No.1599 ひと月ぶりの雨。安堵感と不安感。様々な想いが交錯

 下の写真は8月3日(金)の夕刻に撮影した当地域の田園風景です。7月上旬以降、雨がまったく降らず、稲の生育に影響が出てきているとのことであり、ちょっと気になって施設近くの田んぼに向かいました。

 

 そんな本日の午前中、約ひと月ぶりに雨が降りました。恵みの雨がカラカラになった大地を潤していきます。そして、雨が上がりと共に、植物の葉っぱがスッと背すじを伸ばし、いままで聞こえなかった虫たちの元気な鳴き声がいっせいに聞こえてきました。

 

 いつもと違う今年の夏。日々、気象状況を注視しつつ、これ以上の災害が起きないことを願うばかりです。


0 コメント

No.1598 皆さんに支えられて今がある。本日、うみまち通信が6歳の誕生日を迎えました

 本日8月1日は、しおさいの里公式ブログ『うみまち通信』の誕生日です。おかげさまで満6歳を迎えることができました。

 

 平成24年から更新を重ねること約1,600回。気がつけば、ブログを通じてたくさんの出会い・つながりが生まれました。

 

 これもひとえに、当ブログにご訪問くださいました皆さま、情報公開にご協力いただきましたご利用者及び地域の皆さま、そして志を一つにして共に情報発信してくれました当方スタッフのご支援があったからこそです。6周年の節目を機に、改めて感謝を申し上げます。

 

 うみまち通信の「通信」は英語で「communication(コミュニケーション)」を指します。これからも皆さんとのコミュニケーションを大切にした情報公開を心掛けていきたいと思いますので、変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます!

(管理人)

画像をクリックすると、「うみまち通信No.1」に移動します
画像をクリックすると、「うみまち通信No.1」に移動します

0 コメント